*All archives*

粉茶と粉末茶
お向かいの糖尿病の奥さんは、”健康に良い”とTVで紹介されたものは、なんでも試してみる健康食品マニア。
今回買ってくるように頼まれてしまったのは、粉茶。茶葉を粉にして飲むと、血管年齢が若くなる=動脈硬化を予防・改善できるらしい。
糖尿病で太ももの血管狭窄(=動脈硬化)が進んでいるから、毎日3回粉茶を飲みたいと言う。(糖質の多い食品を食べなければ良いのでは?と思うけど、パンもご飯も止められないそうなので)

欲しいのは煎茶の粉茶で、玉露・ほうじ茶・抹茶はNG。
粉茶といえば、お寿司屋さん。
粉茶を見かけたことのあるローソンストア100に行ってみると、「お寿司屋さんの粉茶」とか何とかいう商品が棚に7個残っていたので、5個(1個あたり20g108円)購入。(ローソンで粉茶を売っているのを知っている人は少ないと思う)
次に、イオンに行くと、「伊右衛門 インスタント 緑茶スティック」(0.8g×30本入)は、棚から全部無くなっていた。(さすがTVの影響力は凄い)
40g400円~500円くらいの粉末緑茶(伊藤園など)の方は、まだ棚にたくさん残っていた。
一番安い「宇治抹茶入りこな茶」 (150g307円、日本茶販売)の方は、棚に7個に残っていたので、これも5個購入。
これだけ買えば、半年くらい持つに違いない。
グラム単価から安い順にいうと、こな茶(日本茶販売)<粉茶(ローソン)<粉末緑茶(伊藤園など)<緑茶スティック。(緑茶スティックは個別包装なので当然割高になる)

インターネットで調べてみると、粉茶を紹介していたのは『たけしの家庭の医学』。
「動脈硬化ストップ栄養素“エピガロカテキンガレート”」は、緑茶に含まれる栄養素。
普通の茶葉では抽出率30%くらいと低いので、茶葉を丸ごと摂れる粉末緑茶が良いという。

エピガロカテキンガレートが多いお茶・粉末煎茶(緑茶)は動脈硬化予防に効果的 たけしの家庭の医学[健康長寿の道]
家庭の医学、エピガロカテキンガレートは粉末煎茶を冷たい水で溶かして飲むと最大限摂取できる![健康備忘録]
「ガレート型カテキン」とは?[伊藤園]


正確には、TVで紹介していたのは、粉茶ではなくて、(煎茶の)粉末茶。
粉末茶は、ずっと昔に会社で使っていたのを思い出した。茶こしもお茶パックもいらないので、茶葉を捨てる手間が省けるし、すぐにお湯に溶けるので、かなり便利な代物。
粉茶と粉末茶は同じものかと思っていたら、調べてみると、製法も粉末の大きさも違う別物。
粉末茶よりも粉茶の方が粉が大きいので、お茶パックや茶こしを使って淹れる。
「日本茶販売 宇治抹茶入りこな茶 150g」は、パッケージに茶こし使用と書いていたので、商品名どおりの粉茶。(だから、他の粉末緑茶に比べて、安かったのかも)
ローソンで買った粉茶は、そのままお湯に溶かすので、正確には粉末茶なのかもしれない。

注意!「粉茶」と「粉末茶」は別物ですよー![茶舗 牧ノ原]
粉末茶と粉茶ってどう違うの?[京都のお茶通販 株式会社ちきりや]


いつもご飯の時に飲むのは、ノンカフェインのはぶ草茶(インド産)、ルイボスティー(南アフリカ産)、ブレンド茶(麦茶・ハト麦・五穀入)。
たまに、ベトナム旅行の時に飲んでとても気に入った蓮茶やアーティチョーク茶も飲んでいる。アーティチョーク茶は甜茶に似た甘みがある。滅多に見かけないけど、最近カルディで見つけたので、そのうち飲みたい。
煎茶は体にも歯にも良いらしいけど、どうも好きではないので、あまり飲みたいとは思わない。
ローソンの粉茶を味見してみると、煎茶ではなくて、ケール(青汁)みたいな色と味。ちょっと変わったお茶なので、これなら飲んでも良い気がしてきた。
『神宿る手』で演奏されているピアノ曲
宇神幸男『神宿る手』のなかで、”伝説のピアニスト”バローが録音したCDの収録曲は、バロック、古典、ロマン派の5曲。
- バッハ「二声のインベンション第9番へ短調」
- ショパン「練習曲作品25第3番ヘ長調」
- シューマン「幻想小曲集第1曲”夕べに”」
- ベートーヴェン「ピアノ・ソナタ第24番嬰ヘ長調”テレーゼ”」
- ショパン「バラード第4番」

一見すると、作曲家・曲名・曲想から言って、どういう関連性があるのかわからなかった。
小説では、日本を代表する作曲家野上真夫が、調性に基づいた選曲の関連性を解説している。

この選曲のポイントは、バローのアンコールピースである「夕べに」。それに、私が思うにベートーヴェンの「テレーゼ」。(理由は、小説を読めばわかります。)


島村夕子が夜のラウンジで弾いた曲は7曲。あまり知られていない曲が多い。
聴いたことがあるのは、ショパンとシューマン、たぶんブルックナーも。ワーグナは曲名だけ知っている。
バーのラウンジというシーンなので、ゆったりしたテンポでしっとりした情感の曲ばかり。
好きな曲は、クララ・シューマン「ラルゲット」、スメタナ「束の間の想い」、シューマン「夕べに」。

ショパン「ノクターン遺作嬰ハ短調」
Arrau plays Chopin Nocturne no 20


クララ・シューマン「ラルゲット」
Clara Schumann - Quatre visions fugitives,Op.15


ワーグナー「チューリッヒの恋人ワルツ」
04 Zuricher Vielliebchen Walzer for Marie Luckenmeyer, WWV 88 Maurizio Moretti


ブルックナー「思い出」
Anthon Bruckner - Erinnerung (played by Jorg Demus)


スメタナ「束の間の思い出」(一般的な邦題は「束の間の想い」)
André Gagnon - Pensées fugitives - TRENTE


それにアンコールとして
スクリャービン「アルバムの一葉」
Alexander Scriabin - Feuillet d'Album Op. 58


シューマン「夕べに」
Schumann: Fantasiestücke op. 12 – Nr. 1 »Des Abends« ∙ Emanuel Ax



<関連記事>
宇神幸男 『神宿る手』

tag : ショパン クララ・シューマン ワーグナー スメタナ スクリャービン ブルックナー シューマン

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
宇神幸男 『神宿る手』
恩田陸『蜜蜂と遠雷』のカスタマーレビューを読んでいたら、「同じピアノなら「神宿る手」の方が格段に「音楽」を感じさせます。」という人がいた。
興味を引かれてさっそく読んでみたら、確かにその通り。特に演奏の描写面では、『蜜蜂と遠雷』がビジュアル的に喩える表現が多くて、マンガやアニメを見ているような感覚。
それに対して、『神宿る手』は文字数は少なくてもは音楽批評的な表現で、実演さながらにその情景が浮かんでくるし、特に後半はノンフィクションみたいな現実味がある。

『神宿る手』は1990年に出版された作品。紹介文によると、「伝説のピアニスト、バローは生きていたのか?40余年ぶりの新録音がCD化され、話題を呼んだ。奇跡の楽壇復帰を仕掛けたのは、スイス在住の島村夕子であった。しかし、ベストセラーを続けるCDに疑惑の影が。美に憑かれた女のゆくところ、謎また謎。最終章に衝撃的ラストが待ちかまえる音楽ミステリー。」
”最終章に衝撃的ラスト”というのは、正確には違うと思うけど、確かに、”ええ~っ、ここまできてそれはないでしょう!?”と思ってしまった場面はある。

神宿る手 (講談社文庫)神宿る手 (講談社文庫)
(1990/04)
宇神 幸男



クラシック音楽の世界を舞台にして、いろいろ謎めいた仕掛けはあるとはいえ、ミステリーみたいな謎解きを楽しむ話ではなく、ほとんど普通の小説。
登場人物や組織とかは、実在する(した)人や会社・大学などがモデルになっているものも多く、(元ネタが何かすぐわかるくらいに)名前・名称をちょっと変えて架空の話で肉付けしている。
全ての謎と伏線は200頁までに解き明かされてしまう。それ以降は、ノンフィクション風のリアルさと臨場感で、まるでバローが実在するピアニストのように思えてくる。
面白いのは、この小説が書かれてからずっと後に起こったジョイス・ハット事件を連想させるところがあること。

著者はかなりクラシック音楽に詳しいという印象を受けたのも当然で、文庫版のカスタマーレビューによると、「愛媛県宇和島文化センターの職員で、アルフレッド・コルトー最晩年の弟子であるエリック・ハイドシェック氏の長き沈黙ののちの再デヴューコンサートを宇和島で企画し実現させた」という。(私は単行本を読んだので、その経歴は知らなかった)

ハイドシェックの宇和島コンサートのことは知っていた。いくつか聴いたハイドシェックの演奏は私の好みとは全く違っていたので、このライブ録音は聴いたことがない。小説の着想になっているのは、ハイドシェックの宇和島コンサートを実現した経験なのかもしれない。
もう一度宇和島ライブの試聴音源を聴いてみても、速めで揺れるテンポとぴしっと揃わない(と感じる)拍子に加えて乱気流みたいに変化する強弱で、音が浮き沈んだり滑っていくような不安定感を感じるので、やはり合わない。(特にベートーヴェン)

夕子が語るバローの演奏とは、「パハマンの音色、フィッシャーとケンプの滋味、ポリーニのテクニック、リパッティの純潔、コルトーの奔放、エリー・ナイの神がかり、グールドの機知、リリー・クラウスとハイドシェックのテンペラメント・・・」。(最後にハイドシェックが出てくるのは唐突だけど)

40年もの間、スイスの小さなお城に隠遁しているバローを想像すると、なぜかケンプの顔が思い浮かんでくる。
両親がフランス人とドイツ人だったバローは、ナチスに協力した疑いで戦後しばらく活動を制限され、カムバックしたベルリンコンサートは1曲弾いただけで止めざるを得ず、米国公演では(ラノヴィッツの妨害によって)現地で演奏することができなかった。
同じように戦時中にドイツ国内にとどまったケンプも、ナチスへ協力した疑いで戦後数年間は演奏活動ができなかった。
(シリーズ第4作『美神の黄昏』では、ケンプが実名で登場。バローがその類稀なる才能を見抜いた少年フリッツにピアノを教える。)

バローが登場するシーンは、伝聞・手記・回想などの形が多い。バロー自身が直接言葉にして語る場面は、来日後の記者会見と最後にリサイタルで「定刻に出よう」と夕子に英語で言うシーンくらいなのに、しっかりとした存在感がある。
喩えて言えば、バローが古城の城主なら、弟子の夕子は強い意志と行動力をもつお姫さま、伊原財団の事務局長・村井周平は会長の忠実な執事で夕子の傳役、蓮見さやかはいささか頼りない騎士(ナイト)みたいな役回りで、配役が面白い。
私は好きなキャラクタは村井周平。結構味のある役柄で、夕子と会長の間をとりもちつつ、温厚で堅実な外見と仕事ぶりながら、財団傘下の音大と楽団を実質的に管理する影の実力者。

ここからは、小説の結末や仕掛けについて書いています。

続きを読む

ブルーベリーは眼に良い?
お向かいの糖尿病の奥さんに、生のブルーベリーかシロップ漬けを買ってくるように頼まれた。どうやらブルーベリーは眼に良いらしい。
そういえば、昔上司がブルーベリー(かサプリメント?)を食べたら良く見えるようになったと言っていたのを思い出した。
私も試しに生のブルーベリーかブルーベリーサプリメントを買ってみようかと思い立って、まず情報収集。
調べてみると、正確には”眼に良い”と言われているのはブルーベリーではなく、ビルベリー。それもビルベリーなら何でも良いわけではない。


--------------------------------------------
ブルーベリーとビルベリーの違い
--------------------------------------------

「健康食品」の安全性・有効性情報「ブルーベリー」[国立健康・栄養研究所]
- 「眼によい」等といわれ、サプリメント等に使用されるのは、このブルーベリーではなく、野生種のビルベリー (Vaccinium myrtillus) 。
- 「脳・神経・感覚器」に対する有効性;調べた文献の中で見当らない。
- ブルーベリー果実抽出物として摂取したときのアントシアニン類の吸収は、極めてわるい (摂取量の0.004~0.11%のレベル)

「ブルーベリーの眼機能改善効果」
(若菜他、東京農業大学応用生物科学部栄養科学科他、日本健康医学会雑誌 16(2), 44-48, 2007-07-31)
- 7人の健康成人に10gの乾燥ブルーベリーを摂取させ,4時間後に眼機能を評価。
- 暗順応時間,視野,流涙量(シルマー試験で評価),まばたき回数,自覚所見には改善なし。
- 10人の健康成人に毎朝7gの乾燥ブルーベリーを21日間摂取させたところ,やはり暗順応時間,視野,流涙量,まはたき回数,自覚所見には改善なし。
- 今回の17人の被検者で調べた限りでは,一般的摂取量のブルーベリーでは明らかな眼機能改善効果はなし。


「健康食品」の安全性・有効性情報「ビルベリー」[国立健康・栄養研究所]
- 原産地:ヨーロッパと北アメリカ
- 果実中のアントシアニンが豊富。ビルベリーエキスと称する原材料中のアントシアニンは複数の配糖体の総称であり、個別の化合物の組成はビルベリーの産地、収穫時期、エキスの調製法に異なっている可能性がある。
- 俗に、「眼精疲労や近視によい」などと言われている。ヒトの夜間視力には効果がないことが示唆されている。
- 糖尿病や高血圧性網膜症などによる網膜の病変に対し有効性が示唆されている。臨床研究では、ビルベリーのフラボノイドであるアントシアニジン複合体25%を含む組成のものが使用されている 。
- ビルベリーを含む製品 (40品目) 中のアントシアニン量およびアントシアニジン量を分析したところ、4品目でアントシアニンが含まれておらず、また、同じ原産地でも含有量に大きな差があった。

ビルベリーのアントシアンがどれだけ濃いのか試してみました。[ブルーベリーサプリ No.1 目利きナビ]

ワイルドブルーベリーについて
ブルーベリーにも野生種(ローブッシュブルーベリー)というのがあり、産地は北米。栽培種よりも小粒でアントシアンが40%多く、他にポリフェノール等も多い。[北米ワイルドブルーベリー協会]


「ベリー類のアントシアニン含量の比較」
(関澤春仁・野上紀恵、河野圭助、;福島県ハイテクプラザ会津若松技術支援センター・福島県会津農林事務所会津坂下農業普及所)
- ナツハゼのアントシアニン含量は非常に高く、機能性食品に多く使用されているビルベリーよりも高い。
- ブルーベリーに関しては、品種による差はもちろん、採取時期や栽培状況によっても大きな差があり、果実の大きさが強く影響している。
- アントシアニンの組成についてはその割合が栽培条件で変化することは無く、品種特有のものである可能性。


--------------------------------------------
ビルベリーの効用
--------------------------------------------

「ビルベリー由来アントシアニンが目に与える機能性―ヒト臨床試験と機能性表示食品―」
(小川健二郎, 原 英;岐阜薬科大学紀要、65、20-27、2016)
- in vitroおよびin vivo 試験:網膜神経節細胞保護作用や光刺激に対する網膜視細胞保護作用、血管新生抑制作用、網膜炎症の軽減による視機能低下抑制作用などが報告されている。
- 健常人:物の遠近を見る近見視力や毛様体筋の緊張状態、眼精疲労の客観的指標であるフリッカー値、および目の疲労感の主観的指標であるvisual analogue scale(VAS)スコアや自覚症状アンケートにおいて、プラセボ接種群と比較して有意な改善。
- 機能性表示食品として、目のピント調節力を改善すること、目の疲労感を和らげることが表示。

ビルベリー由来アントシアニンの機能性に関する説明資料(研究レビュー)
- 日本人健常者を対象としたものは2報あり、目の調子を整える作用の指標として、VDT作業(パソコン等の作業)負荷前後の症状VASスコア、近点距離および調節力、アコモドグラムの測定等を用い、評価が実施された。ビルベリー抽出物の摂取量は1日あたりアントシアニンとして30~57.6 mgであり、プラセボ摂取時と比べて、負荷前後の調節力の変化値、投与前後のアコモドグラムの緊張・弛緩時間に有意な改善が認められ、目のピント調節機能をサポートすることが明らかとなった。
(対象論文)
「VDT作業負荷による眼精疲労自覚症状および調節機能障害に対するビルベリー果実由来アントシアニン含有食品の保護的効果」(瀬川潔ら;薬理と治療,41(2),155-165(2013))
「視機能に及ぼすホワートルベリーエキスの効果ランダム化並行比較試験」(小出良平, 植田俊彦;あたらしい眼科,11(1),117-121(1994))

アイケアサプリメントとしてのビルベリーエキス
(原 英彰, 松永 望:オレオサイエンス第9巻第7号、2009)
マウスでの実験:ビルベリーエキスは網膜障害および網膜血管新生と関連のある疾患の予防や治療に有用である可能性が示唆された。

ビルベリー製品:最新の市販エキスの特性評価
(ジョバンニ アペンディーノ, 川田 晋, 瀬川 潔;日本補完代替医療学会誌 第12巻第1号2015年3月:1–8)
- ビルベリーは産業規模で栽培されることはなく、その収穫は労働集約的.主にスカンジナビア諸国や東欧諸国で組織立ったビルベリーの収穫が行われている。
- ビルベリーの果実は、ブルーベリーのように商業規模での栽培ができないため、ビルベリーエキスと関連市販製品は,製造コストが比較的高くなる.
- ブルーベリーの果房には30個以上果実が付くため収量が多い。ビルベリーは1つまたは2つずつ実をつけるので収量が少ない。
- 北欧諸国で収穫される製品の約半量が、遺伝子検査で確認しその他の野生種による汚染を排除した上で、中国や日本に輸出。
- ビルベリーは収穫物の品質や収量に大きな差異が生じる一方、食品および製薬の両業界からはビルベリーの高い品質基準が求められるため、野生のベリー種の収穫者は期間が限定されたり、ベリー収穫期中の適切な時期に適切な場所で収穫する必要がある。

- ヒト試験で、眼の病状に関して、複数の臨床試験が網膜症の治療や予防にビルベリーエキスを使用し、種々の改善度が見られた。加齢に伴う神経や行動の変化や視力低下を回復を示した。
- ビルベリーエキスはその薬理学的特性から、欧州連合 (EU)においてファイトメディシン(植物薬)として承認されるなど、多くの国々ですでに医薬品有効成分(API)として承認を受けている。
- 市場では種々の品質や種々のアントシアニン含有量のビルベリーエキスが提供されている一方、その真の組成がラベルに正確に表示されていることは非常に少ない。
- ビルベリーエキスや製品中のアントシアニンおよびアントシアニジンの両方の同定と定量のために、Indena SpA 社は,紫外線を検出できる新たな液体クロマトグラフィー法を開発。同技術は再現性や特異性が高く、エキス組成と使用された原料を一義的に特性評価する上で適しており、製品の高い一貫性や品質を保証し、粗悪化やエキスの劣化を見分けることができる。
- 欧州薬局方は、軽微な修正を加えて、Indena SpA 社が確立した HPLC法をビルベリーの公式分析法として採用。

↑の論文は、ビルベリーの生産特性、市場動向、ビルベリーエキスの製品品質と分析法を概説。
ビルベリー自体の品質に加えて、流通・製品化過程での品質管理が最終的な製品の品質・有効性に大きく影響するということなので、ビルベリーサプリメントが比較的高いのも納得。
分析手法を確立したのは、「ミルトセレクト」を供給しているIndea社。同社の製品の品質の信頼性は高いので、サプリメントを使うなら、「ミル」を配合した製品が良さそうに思える。

面白いのは、ブルーベリーが目に良いとされるきっかけとなった英国空軍パイロットのエピソードが、実は作り話だったということ。
「夜間任務での視力を高めるためにビルベリージャムを食べたという有名な話」については、2000年に実施された研究では、そのような効果や英国空軍の逸話の起源が見つからなかったという。
このエピソードは、レーダー導入によって撃墜精度が上がったということをドイツ軍に知られてくないために、イギリス軍がカムフラージュ用に作った話だった。


--------------------------------------------
品質・有効性に関する疑義
--------------------------------------------

ブルーベリーエキス[擬似科学とされるももの科学的評定サイト(明治大学科学コミュニケーション研究所)]
機能性表示食品「えんきん」の根拠は、お粗末すぎる[FOOCOM.NET]
「エビデンスに裏付けられない機能性表示食品がある」 日本アントシアニン研究会が申し入れ[FOOCOM.NET]
機能性表示食品……科学的根拠に基づき、取り下げへ 「北の国から届いたブルーベリー」がついに…[FOOCOM.NET]


--------------------------------------------
ビルベリーエキス 「ミルトセレクト」
--------------------------------------------

欧州スタンダードの高品質独自ビルベリーエキス 「ミルトセレクト®」[健康美容EXPO]
現在、西欧諸国の大半の薬局方の標準基準となっており標準化エキス中のアントシアニン含量は、36%アントシアニン(グルコシル化合物)として定めている。(UV分析による旧25%規格に相当)
化学的処理を行わない厳選したエキスである同素材は、70年代はじめに同社が「ビルベリー25%乾燥エキス」と呼ばれる標準化エキスとして開発。この規格は世界的に認められ、ビルベリーエキスのスタンダードとなった。

ビルベリー果実エキス(ミルトセレクト®)がドライアイおよび酸化ストレスに及ぼす影響(第66回日本栄養・食糧学会での研究発表)(Youtube)

植物抽出物 同等性、多様な分析必要(2016.7.21、健康産業流通新聞)
(「ミルトセレクト」を供給するインデナジャパンの川田晋取締役へインタビュー)
- ビルベリーエキス全体をみると、アントシアニン以外の成分や、その含有量などについて、製造者ごとに違いがあり、薬理活性にも影響すると考えられる。
- 「原材料は北欧産ビルベリーであり、かつ、15種類のアントシアニンが36%含まれている」という条件だけでは、「ミルトセレクトと同等」とは言えない。
- ミルトセレクトと規格が同じ他社のビルベリーエキスと、ミルトセレクトの薬理活性の違いをインデナがヒトを対象に検証したところ、臨床効果は他社のエキスの方が低かった。
- ビルベリーエキスに限らず、植物エキスのように多成分を含む健康食品素材は、エキス全体を有効成分、機能性関与成分として評価する必要がある。ビルベリー由来のアントシアニンそのものに有効性が認められたなどという論文はいまのところ存在しないはず。



--------------------------------------
私の結論としては、
1)食用の生ブルーベリーの果実自体を食しても、眼が良くなることはない。
2)”眼に良い”とされるのは、ブルーベリーの一種である北欧産の野生種ビルベリー。ブルーベリーサプリメントの原料は、ブルーベリーエキスではなく、ビルベリーエキス。
3)ビルベリーエキスの標準化エキスは、 Indena社製「ミルトセレクト」。70年代はじめに「ビルベリー25%乾燥エキス」を開発した。現在では西欧諸国の大半の薬局方(医薬品に関する品質規格書)の標準基準であり、化学的処理を行わない標準化エキス中のアントシアニン含量は、36%アントシアニン(グルコシル化合物)として定めている。(UV分析による旧25%規格に相当)
4)有効成分とされるアントシアンは、ブルーベリーとビルベリーでは同一ではなく、また、同じビルベリーであっても産地等によって品質に違いがある。
5)国内で販売されているブルーベリーサプリメントのうち、「ミルトセレクト」を配合していると明記している製品は少ない。「原材料は北欧産ビルベリーであり、かつ、15種類のアントシアニン含有量が36%」であっても、それがミルトセレクトと同等レベルの品質・有効性があるとは言えない。
6)欧州ではビルベリーの「標準化エキス」は医薬品として扱われているので、効果の程度や個人差による違いはあるとしても、プラセボ効果ではなく、何らかの医学的効用はある程度認められるのだとは思う。」(ただし、「標準化エキス」ではないビルベリーエキスの医学的効果は疑わしい)

ということで、生のブルーベリーを買うのはパス。
ブルーベリーサプリメントの方は、「ミルトセレクト」配合製品を買うのがベスト。ただし、日本で販売している製品が少ない。
オンラインショップで購入できる「Yerba Primaビルベリープラス」は、60カプセルで約9000円と異常な高価格。他にも30粒4400円のサプリメントもあって、「ミルトセレクト」配合の輸入サプリメントならこれくらいが相場なのかも。
継続的に使わないと意味はないので、これだけ高いと買う気にならない。

「ミルトセレクト」を配合していないと思われる(商品説明には記載ないので)ブルーベリーサプリメントは多数あり。安いものだと、20日分で800円くらいから。価格が手ごろなので購入者も多い。
カスタマーレビューを見ると、効いた人もいれば、効かなかった人の結構多い。効果の度合いも個人的な感想レベルのものが多くてあまりあてにならない。

一般的に健康食品に関してメーカーが公開している試験データは、手法やデータ処理などがよくわからないのでどの程度信頼できるかわからない。
服用すれば”見えやすさ”が改善されているかどうかはすぐに判断できるとしても、網膜異常の予防になるかという点は自分では検証不可能。発症して初めて予防効果がなかったことがわかるので、発症しないうちはサプリメントを服用した予防効果によるものかどうかは判断できない。(気休めみたいなもの)
もしサプリメントを服用するとしても、長くても1か月で、視力や見え方が良くなったという実感がなければ止めると思う。

シューマン/詩人の恋 ~ ボストリッジとマインダース(ピアノ編曲版)
シューマン歌曲のピアノ編曲版を探すと、有名なリスト編曲「献呈」以外ではすぐに見つかったのは、「五月の夜」くらい。
「五月の夜」は、月光が降り注ぐようなカスケードの旋律が綺麗。これを速いテンポで一気に弾く演奏をいくつも見つけたけれど、テンポを微妙に変えてゆっくりと弾くニコラーエヴァが一番叙情美しく聴こえる。
それに、どこかで聴いた気がすると思ったら、”愛の賛歌”のメロディに似ていたからだった。

Nikolayeva Schumann=Liszt Fruehlingsnacht op.39-12


シューマン歌曲のピアノ編曲版アルバムは多くはなく、編曲者がクララ・シューマンとフレデリク・マインダースの2種類。
クララの編曲版は、紹介文によると、リストなど同時代の作曲家の編曲と違って、クララは原曲の楽譜にかなり忠実で、歌曲の持つ美しさを生かした編曲。クララの編曲した歌曲は全部で30曲。このアルバムでは、作品の統一性から編曲に不向きな2曲を除いた28曲が収録されている。(これは未購入)

Lieder Transcription for Piano Clara SchumannLieder Transcription for Piano Clara Schumann
(2007/6/12)
Cord Garben

試聴ファイルなし



マインダースの《詩人の恋》(ピアノ編曲版)
フレデリク・マインダースは、《詩人の恋》全曲、他に数曲もピアノ編曲している。自作自演の2種類のCDにブラームス、ショパンなどの編曲版と一緒に収録。
CDで持っているのはVol.1のみ。NMLでVol.2を全曲聴いてみると、《詩人の恋》の甘いメロディアスな美しい旋律がとてもロマンティックで素敵。

Piano Arrangements - SCHUMANN, R. / CHOPIN, F. (The Frederic Meinders Transcriptions, Vol. 2)<br />Piano Arrangements - SCHUMANN, R. / CHOPIN, F. (The Frederic Meinders Transcriptions, Vol. 2)
(2010/10/11)
Frederic Meinders

試聴ファイル(amazon.de)
<収録曲>
詩人の恋 Op. 48
3つのロマンス Op. 94(No. 1. Nicht schnell、No. 2. Einfach, innig、No. 3. Nicht schnell)
子供の情景 Op. 15 ~ 第1番「見知らぬ国々と人々」
リーダークライス Op. 39 ~ 第1番

Piano Arrangements - SCHUBERT, F. / SCHUMANN, R. / BRAHMS, J. / MAHLER, G. (The Frederic Meinders Transcriptions, Vol. 1)Piano Arrangements - SCHUMANN, R. / CHOPIN, F. (The Frederic Meinders Transcriptions, Vol. 2)
(2009/4/14)
Frederic Meinders

試聴ファイル
<収録曲>
3つのロマンス Op. 94(No. 1. Nicht schnell、No. 2. Einfach, innig、No. 3. Nicht schnell)
子供の情景 Op. 15 ~ 第1番「見知らぬ国々と人々」
リーダークライス Op. 39 ~ 第6番「美しい異国」、第9番「悲哀」
ミルテの花 Op. 25 ~ 第14曲「ハイランド地方の人びとの子守歌」、第7曲「はすの花」
リートと歌 第2集 Op. 51 ~ 第2曲「小さな民謡」
女の愛と生涯 ~ 第5番「伝って、妹たち」、第4番「私の指の指輪よ」

Schumann/Meinders - Frederic Meinders - Die Lotusblume op.25 Nr7



ボストリッジの《詩人の恋》
ピアノ編曲版でうっとりするような曲なら、原曲の歌曲もきっと素敵な曲に違いない。
ボストリッジの《詩人の恋》を聴いてみると、繊細な感情が自然にあふれ出てくるようで、今まで聴いた歌曲のなかでもとりわけ叙情豊か。
シューマンのクララに対する恋心を歌で語ったようにも聴こえる。
ピアノ伴奏も凝っていて、歌が無くてもとてもメロディアス。ボストリッジのシューマン歌曲集は、ジュレイス・ドレイクがピアノを弾いている。
ドレイクは、シューベルト歌曲集のピアノ伴奏でも定評のあるピアニスト。以前聴いた印象では、ボストリッジの歌にぴたりと寄り添って繊細な表現で伴奏する人だと思う。(ピアノソロ録音の方はかなり地味に感じたけど)
原曲よりもピアノ編曲で聴く方が、私には旋律がくっきり明瞭に聴こえるし、ピアノの音に籠る叙情が私には馴染みやすい。(単に好みの問題)

シューマン:詩人の恋シューマン:詩人の恋
(1998/6/17))
ボストリッジ(イアン)、ドレイク(ジュリアス)

試聴ファイル


Ian Bostridge; "Dichterliebe"; Op. 48; Robert Schumann
Ian Bostridge--Tenor、Julius Drake--Piano、1998


第1曲から第6曲までは愛の喜び、第7曲から第14曲までは失恋の悲しみ、最後の2曲はその苦しみ。
特に好きなのが第1曲”Im wunderschönen Monat Mai (美しい五月には)”。歌もピアノも感情がこぼれ落ちてくるように繊細。長調と短調が入り混じって甘く切ない。第5曲はメロディが好き。

tag : シューマン マインダース ボストリッジ

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。