気ままな生活

            ♪音楽と書物に囲まれて暮らす日々の覚え書♪  

Category [   ・・ ロシア(シュニトケ,ショスタコーヴィチ, 他) ] 記事一覧

シュニトケ/4つのピアノ協奏曲

シュニトケのピアノ協奏曲は全部で4曲。1960年、1964年(室内オケ)、1979年(弦楽オケ)のコンチェルトは独奏ピアノ、1988年は4手のピアノ(室内オケ)ための作品。シュニトケ自身は曲番をつけていなかったので、曲名(ピアノとオケのタイプ)と作曲年をよく確認しないと、最初はどれがどの曲かこんがらがってしまった。演奏機会が多いのは1979年のコンチェルトで、いかにも前衛風な作風。今聴き直してみたら、初めて聴いた時と...

プロコフィエフ/三つのオレンジへの恋 ~ 「行進曲」

リヒテルが「私のなかでプロコフィエフの名を思い出させるものは、何よりもまず《三つのオレンジへの恋》のなかの<行進曲>である。当時誰もが弾き、誰からも愛された新曲である。」と言っていたのに、どんな曲だったか思い出せなくて、おさらい。聴いてみると、どこかで何度も聴いたことのある曲なのに、この曲が《三つのオレンジへの恋》の<行進曲>だとは知らなかった。プロコフィエフの実演を聴いたリヒテル少年の感想は、「...

シュニトケ/ The Story of the Unknown Actor、The Commissar、The Glass Harmonica

久しぶりに聴いたシュニトケは、映画音楽の《The Story of the Unknown Actor(名も知らぬ俳優の生涯)》、《The Commissar(人民委員)》 とアニメ音楽の《The Glass Harmonica(ガラスのアコーディオン)》。シュニトケが多数書いた映画音楽のなかでも、《The Story of the Unknown Actor》は最も美しくて好きな曲。冒頭の「Thema」と最後の「Epilog」がうっとりするくらいに美しい。前衛的だったり、屈折した旋律だったり、あま...

ストラヴィンスキー/火の鳥(ピアノ編曲版)

私がマメにチェックしている唯一のスポーツがフィギュアスケート。演技そのものを見るのが好きという以外に、どんな音楽が使われているのか聴くのが面白いので。最近の大会のなかで、演技&音楽の両方が一番印象的だったのが、町田樹選手のフリーの演技とストラヴィンスキーの《火の鳥》。(《火の鳥》というと、手塚治虫のアニメの方がすぐに思い浮かぶけど...)ストラヴィンスキーの《火の鳥》は、今まで断片的にしか聴いたこと...

ストラヴィンスキー/カプリッチョ

ヤナーチェクの《カプリッチョ》を聴いていると、ストラヴィンスキーも《カプリッチョ》という曲を書いていたのを思い出した。この曲は、レーゼルの協奏曲BOXに収録されていた。《ペトルーシュカによる3楽章》の録音とカップリングされていたので覚えていたけれど、しっかり聴いた覚えがない。Igor Stravinsky: Capriccio per pianoforte e orchestra (1929) Carlos Roque Alsina, pianoforte, Orchestre Philharmonique de France...

シュニトケ ~ ベートーヴェン《ヴァイオリン協奏曲》第1楽章のカデンツァ

10月に来日したクレーメルがサントリーホールの演奏会で演奏したのは、ベートーヴェン《ヴァイオリン協奏曲》。私は聴いてはいないけれど、第1楽章のカデンツァは、シュニトケ版を弾いていたという。このヴァイオリン協奏曲にベートーヴェン自身はカデンツァを書かなかったため、ヴァイオリニストや作曲家がカデンツァを書いている。クレーメルは昔から、シュニトケ版や自作カデンツァ(ベートーヴェンによるピアノ協奏曲用編曲版...

グールド ~ プロコフィエフ/ピアノ・ソナタ第7番

昨年の夏頃からよく聴いたのがプロコフィエフ。今年はプロコフィエフイヤーだし、まだ未聴のCDが残っているので、ピアノ・ソナタやピアノ協奏曲は今年も時々聴くことになりそう。プロコフィエフのピアノ・ソナタ第7番は、ソコロフのライブ録音を聴いて、これ以上のものは聴けないと思うので、今のところ録音収集は打ち止め。第7番はトラーゼのライブ録音も良かったし、名盤中の名盤のポリーニも聴き疲れはするけれど、たまに聴くと...

トラーゼ ~ プロコフィエフ/ピアノ協奏曲第3番

トラーゼのプロコフィエフのピアノ協奏曲全集は、(私にはまだよくわからない第5番を除いては)どの曲ともあまりに個性的なので、好みに合えばこんなに面白く聴けるプロコフィエフも珍しい。トラーゼの全集の白眉は第2番だけれど、第3番も他のピアニストではなかなか聴けないユニークさ。トラーゼが米国を拠点に活動しているだけあって、トラーゼの録音に関する米国のamazonサイトのレビューの数はかなり多いし、評価もとても良...

トラーゼ ~ プロコフィエフ/ピアノ協奏曲第2番

プロコフィエフのピアノ協奏曲はどれを聴いても、音が派手に動き回ったり、緩徐楽章は濃厚な叙情感があったりして、聴きやすくて面白い。でも、聴き終わったらどんな曲だったっけ?といつも思い出すのに苦労する。ピアノ協奏曲や戦争ソナタを聴いていると、時々楽想の背後に何か隠れていそうな気がすることがあって、一体何を表しているんだろう?といつも考えてしまう。そのせいか、プロコフィエフはわかりたいけどなかなかわから...

トラーゼ ~ プロコフィエフ/ピアノ・ソナタ第7番

アレクサンドル・トラーゼといえば、数年前にNHKの「スーパーピアノレッスン」の講師をしていて、それを見ていた人なら知っているに違いない。TVは見ないのでそういう番組が放送されていることさえ当時は知らず、トラーゼを聴いたのは、とっても個性的なプロコフィエフのピアノ協奏曲の録音。コンチェルトが面白かったので、トラーゼのプロコフィエフのピアノ・ソナタの方の録音も探してみたけれど20年以上前に録音した第7番しか...

シュニトケ/ピアノ・ソナタ第2番

シュニトケの書いたピアノ・ソナタは3曲。真ん中のピアノ・ソナタ第2番(1990)は、妻のピアニスト、イリーナ・シュニトケに献呈された曲で、初演・初録音もイリーナが行っている。イリーナの録音盤は廃盤らしく入手しにくいので、試聴だけしてみると、柔らかいピアノの響きが美しく叙情感がとても強い。クールでシャープなボリス・ベルマンの録音とは方向性が正反対。イリーナのピアノで全曲聴けば、シュニトケはこんなに美しい...

シュニトケ/ピアノ・ソナタ第1番

シュニトケが書いたピアノ独奏曲は、ピアノ・ソナタ第1番~第3番、即興曲とフーガ、5つのアフォリズム、ピアノ小品集など限られてはいるが、現代音楽の作曲家としては、それでも多いかもしれない。わりと聴きやすいピアノ協奏曲に比べて、独奏曲の方は冷え冷えとした音楽に聴こえてどうにも馴染めないと思っていたら、無機的だと思っていたシェーンベルクのピアノ小品をピーター・ヒルが弾くと、叙情流れる美しい曲に聴こえる。...

アウエルバッハ/ヴァイオリン、ピアノと管弦楽のための二重協奏曲、《ルードヴィヒの悪夢》

ロシア出身の作曲家レーラ・アウエルバッハのホームページでは、アウエルバッハ作品のライブ録音を聴くことができる。アウエルバッハの作品は、自身がピアニストだけあって、ピアノを使った作品は響きが多彩で綺麗に響くので、現代音楽のなかではかなり好きな作曲家。静動の対比が鮮やかで、音の密度も高く、テンポやリズム感も良いので、わりとわかりやすい作風だと思うけれど、アウエルバッハの作品が日本で演奏されることは、た...

アウエルバッハ/ヴァイオリンとピアノのための24のプレリュード

《24のプレリュード》というタイトルの曲ですぐに思い浮かぶのは、ロマン派ではショパン、現代ものではショスタコーヴィチ。多分最も新しい作品は、ロシアのコンポーザー・ピアニスト、レーラ・アウエルバッハのとてもピアニスティックな《24のプレリュード Op. 41》(1999)。アウエルバッハは、《ヴァイオリンとピアノのための24のプレリュードOp.46》という曲も書いていて、ピアノ独奏曲の編曲版かと思ったけれど、両方聴い...

シュニトケ/合奏協奏曲第4番(交響曲第5番)

このところ、バッハばかり聴いていたので、その反動で急に現代ものを聴きたくなる。久しぶりにシュニトケの合奏協奏曲第4番を聴きなおしたけれど、やっぱり最初に感じたとおり第1楽章が聴いていて楽しい。合奏協奏曲第4番(交響曲第5番)(1988年)は、コンセルトヘボウ管弦楽団創立100周年記念の委嘱作。第1楽章とその他の楽章の作風がかなり違っていて、面白い曲だとは思うけれど、コンセルトヘボウの委嘱曲だからというわけ...

シュニトケ/合奏協奏曲第1番

シュニトケがソ連時代に製作されたアニメーション "pencil and Eraser"につけた音楽は、「合奏協奏曲(コンチェルト・グロッソ)第1番」。可愛らしい鉛筆と消しゴムの追っかけっこのアニメに、不協和音に満ちた合奏協奏曲が流れているというアンバランスさが面白いが、なぜか音楽とアニメが妙にマッチしているところがそれ以上に不思議。アニメには、合奏協奏曲第1番のほんの一部しか使われていなかったが、それが全く冴え渡った音...

シュニトケとアニメーション音楽 (2) Butterfly,Ballerina on a Boat,Armoire,Pencil and Erase,他

シュニトケが作曲したアニメーション音楽のうち、”The Grass Harmonica(グラス・ハーモニカ)”についてはこの前書いたので、今回は残りのアニメーション音楽についてまとめたもの。アニメといっても、画風、ストーリーにバラエティがあり、中には芸術性の高い作品もある上に、シュニトケも古典的な調性のあるものから前衛的な無調の音楽まで、作品・シーンに合わせてタイプの異なる音楽をつけている。これを全部見聴きするのは結...

シュニトケとアニメーション音楽 (1) The Glass Harmonica (1968)

シュニトケのディスコグラフィを見ていると、意外と多いのが"Music to the Film"というタイトルのついている映画音楽。作品番号がついているものだけで約80曲。(シュニトケ自身は作品番号を使わなかったので、このリストの作者が便宜的に付与したらしい)”Film”は大半は映画をさすが、この中にはアニメーション音楽も含まれている。アニメーションといっても、社会主義体制下のソ連時代の作品だったので、日本のロボットものやデ...

ストラヴィンスキー/ピアノ・ソナタ(1924年)

ストラヴィンスキーのピアノ曲といえば、「ペトルーシュカからの3楽章」。こればかり演奏されている気がするほど、多くのピアニストが録音している。それ以外に知られているといえば、新古典主義時代のピアノ独奏曲の「イ調のセレナード」と「ピアノ・ソナタ」。「イ調のセレナード」の方は、ほんの時たま録音を見かける。レオン・フライシャーも両手のピアニストとしてカムバック後リリースしたアルバム『he Journey』でこの曲を...

シュニトケ/古い様式の組曲

シュニトケは、なぜか時たま限りなく調性音楽に近い曲を書くことがある。その数は少ないが、とりわけ旋律が美しいのが『古い様式の組曲』。まるで、バロックか古典主義時代あたりのヴァイオリン・ソナタではないかと見(聴き)紛うような曲で、さっと聴いただけだと、形式的にも内容的にもシュニトケが書いたとはわからないかもしれない。シュニトケ:ヴァイオリン・ソナタ第1番&第2番、他 [Import](1991/01/01)ウルフ・ヴァリン...

シュニトケのカデンツァ ~ ベートーヴェン/ヴァイオリン協奏曲、モーツァルト/ピアノ協奏曲

シュニトケのディスコグラフィを見ていたら、なぜかカデンツァの作曲が多い。数えてみたら、6つの曲についてカデンツァを作っている。ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲、モーツァルトのピアノ協奏曲(4曲)、同じくモーツァルトのバスーン協奏曲。1曲について複数のカデンツァを書いているのもあるので、カデンツァ自体の数は10曲。シュニトケは、バッハの音楽に大変傾倒していたのはよく聴く話だけれど、ベートーヴェンやモ...

シュニトケ/ピアノ三重奏曲、弦楽オーケストラのためのトリオ・ソナタ(バシュメット編曲)

シュニトケは、合奏協奏曲以外に、室外楽曲を多数作曲しているが、ピアノが入った曲はピアノ三重奏曲とピアノ五重奏曲、それにピアノ協奏曲が有名で、さすがにそれぞれ個性の強い曲である。シュニトケのピアノ独奏曲は、典型的な前衛的無調のドライなタッチでかなり聴きづらいものがあるが(私は途中で挫折しそうになりました)、弦楽やオーケストラと組み合わせると、ピアノの透明感のある響きと打楽器的な奏法を取り混ぜて、とて...

シュニトケ/2つのヴァイオリンのための「モーツ - アルト」、モーツ - アルト・ア・ラ・ハイドン

このところ、ずっと調性音楽ばかり聴いていたので、無性に無調で不協和な現代音楽が聴きたくってくる。どうやら、感情的にシンパシーを感じる世界に浸ってばかりいると、今度は感情的にストレートにはシンクロできない世界の方が恋しくなるためらしい。この世界では理性と感情がすっきりと分離されるので、曲を聴いていても情緒・情念にわずらわされることがなく、頭の中がクリアになるのが爽快。不協和な世界に浸りたいときは、シ...

ショスタコーヴィチ自作自演 (2)ピアノ協奏曲第2番 (1958年盤)

ショスタコーヴィチのピアノ協奏曲第2番(1957年)は、自身で演奏するために作曲された第1番と違い、息子のマクシムのために書かれ、彼に献呈された曲。このマクシムは指揮者でショスタコーヴィチの曲の録音も残しているし、「2台のピアノのための協奏曲」では、ショスタコーヴィチとともにピアノを弾いた録音がある。マクシムの息子であるドミートリイ2世はピアニストで、こちらもショスタコーヴィチの作品の録音がある。「ジュ...

ショスタコーヴィチ自作自演 (1)ピアノ協奏曲第1番 (1955年盤)

ショスタコーヴィチは、モスクワ音楽院のピアノ科と作曲科で学び、第1回ショパン国際ピアノコンクールで2位になるほどのピアニストだった。このコンクールのエピソードとして、ワルシャワに着いてからコンクール直前になって盲腸炎にかかったそうで、手術をする時間的余裕もなく薬で痛みを抑えてコンクールでピアノを弾いたという。それで2位入賞だから、もし体調が万全だったら1位になっていたんじゃないかと思える。1位は同じ...

シュニトケ/ピアノ五重奏曲、管弦楽編曲版「イン・メモリアム」

アルフレード・シュニトケは、家族や親しい演奏家が亡くなった時にたびたび追悼の音楽を作曲している。シュニトケが書いた追悼曲には、「イーゴリ・ストラヴィンスキー追悼のカノン」(1971)、「ショスタコーヴィチ追悼の前奏曲」(1975)、「オレーク・カガン追悼のマドリガル」(1990)などがある。いずれの曲も故人を偲んだ痛切な思いがこめられているが、なかでも亡くなった母を追悼して作曲した「ピアノ五重奏曲」の悲痛さと美...

ショスタコーヴィチ/ピアノ五重奏曲

ショスタコーヴィチの室内楽曲は弦楽四重奏曲が有名だが、弦楽だけの曲はほとんど聴かないのでよくはわからない。常に批評にさらされ、当局の毀誉褒貶が極端な交響曲とは違った顔。交響曲が公の顔だとすれば、室内楽は彼の私的な面が表されていると言われる。ショスタコーヴィチは、自身がピアニストだったわりには、あまりピアノ曲を残していない。この点はブリテンと良く似ている。数少ないピアノ曲のうち、ピアノ五重奏曲は現代...

シュニトケ/チェロ、ピアノとテープのための「エピローグ」 ~ バレエ音楽「ペール・ギュント」より

シュニトケはあの有名なバレエ「ペール・ギュント」のために、劇伴音楽を作曲している。そのなかの「エピローグ」を室内楽用に編曲したのが、『チェロ、ピアノとテープのための「エピローグ」 』。「烏鵲の娯楽室」のうじゃくさんに、とても美しいからと勧められた曲。テープというと、ジョン・ケージみたいな前衛風の音楽を思い浮かべるが、この曲は不協和的な音で構成されてはいるけれど、至極まっとうな曲。冒頭は、叩きつける...

シュニトケ/『ピアノ協奏曲集』より ~ ピアノと弦楽オーケストラのための協奏曲(1979年)

シュニトケのピアノ協奏曲の代表作である「ピアノと弦楽オーケストラのための協奏曲」(1979)。クピークのピアノとシュトローベル指揮ベルリン放送響による演奏。1960年に作曲したピアノ協奏曲とは全く違う、極めてシュニトケらしい作品。シュニトケ:ピアノ協奏曲集(2008/10/22)クピーク(ピアノ)、シュトローベル指揮ベルリン放送響試聴する ピアノと弦楽オーケストラのための協奏曲(1979)第3作目の「ピアノと弦楽オーケス...

シュニトケ/『ピアノ協奏曲集』より~ピアノ協奏曲(1960年)

シュニトケのピアノ曲は数はそれほど多くはないが、それでも独奏曲はピアノ・ソナタと小品がいくつか、ピアノ協奏曲は26歳の時に書かれた最初の「ピアノ協奏曲」(1960年)、「ピアノと室内オーケストラのための協奏曲」(1964年)、ピアノ曲の代表作「ピアノと弦楽オーケストラのための協奏曲」(1979年)、「4手のピアノと室内オーケストラのための協奏曲」(1988年)を残している。これは、そのシュニトケのピアノ協奏曲のうち...

シュニトケ/ヴァイオリンとピアノのための曲集

シュニトケは<合奏協奏曲>などの弦楽作品が有名だが、ピアノが入った曲は意外と聴きやすい曲が多い。ピアノの音が入っていると、現代音楽に対する許容度が上がるという個人的な好みも多少は影響しているが、ピアノ協奏曲(1960)は、12音技法やセリー様式へ向かう前の頃の作品なので、ショスタコーヴィチ風なところがあって、かなり面白い。シュニトケの作品のうちでも短くてわりととっつきやすい曲が集まっているCDなら、このヴ...

ショスタコーヴィチ/ピアノ協奏曲第1番

ショスタコーヴィチのピアノコンチェルトを聴こうと思ってCDを探していたら、面白いのを見つけたので早速手に入れた。このCDには、初期の作品を中心にジャズの影響を受けている曲、映画音楽、ピアノ協奏曲第1番と第2番が収録されている。初期の前衛的な作曲家や社会主義体制下のシリアスな仮面をかぶった交響曲作曲家としてのショスタコーヴィチとは違う、”エンターテイナー”(リーフレットの表現です)としてのショスタコーヴィチ...

ラウタヴァーラ/カントゥス・アルクティクス<鳥の声と管弦楽のための協奏曲>

エイノユハニ・ラウタヴァーラは、その作品数の多さのわりには、日本ではあまり知られていないかもしれない。名前がまたややこしくて、タウラヴァータやラウタヴァータとか、いつも間違ってしまう。ラウタヴァーラは1928年生まれのフィンランドの作曲家で、同国を代表する作曲家の一人。有名な作曲家のメリカントに師事し、シベリウスの勧めでジュリアード音楽院へ留学した人。作風がかなり変遷しているようなので一概にはいえない...

左サイドMenu

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

タグリスト

マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

FC2カウンター

プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、ミンナール、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ

ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。

右サイドメニュー