気ままな生活

            ♪音楽と書物に囲まれて暮らす日々の覚え書♪  

Category [【その他(雑記、ベトナム&NGO、他)】 ] 記事一覧

美容室”hair make J-bly”、ハーブカラー「和漢彩染」、バーデンス「スキャルプシャンプー」

片道1時間くらいかけて美容室に通うのがとうとうおっくうになって、近くで通える美容室を探すことに。HOT PEPPER Beautyで、ヘナかハーブカラーをメニューにしているお店のなかから、直観的にフィーリングが合いそうなサロンに決めたけど、実際に行ってみると期待以上に良くて、これからはこちらに通うことにした。”hair make J-bly(ヘアメイク ジェイブライ)”HOT PEPPER Beautyサイトで、2時間前にカット&カラーをウェブ予...

2019年元旦

                     ...

火災保険と地震保険は役に立つ

このところ、台風やら自宅の屋根工事やらで忙しくて、音楽聴くのもブログを書くのも時間と気持ちの両方で余裕がない。4日の台風の暴風で、空中を飛び交っていた鉄板、瓦、雨どい、木、アンテナ、etc.の片づけも終わったので、ほっと一息。10年前くらいから加入している火災保険がセゾン自動車火災保険の「じぶんでえらべる火災保険」。今までこの保険を使う必要がなかったのに、今年は台風と地震のせいで、保険金を2回申請した。7...

飾らなくなった雛人形

雛祭りといえば、雛人形。もう15年近くお雛様を飾っていない。2段とかの小さいな雛人形だったら毎年飾るだろうけど、家にあるのは私の身長よりも高い7段飾り。飾るとかなり場所をとるし、15体の人形にお膳や御道具など諸々一式を飾りつけるのに時間はかかるしで、飾ろうという気に全然ならない。これから飾ることもないだろうし、棚板と人形・飾り道具を保管している箱は巨大で重たくて、毎年この時期になると、そろそろ処分しよ...

2018年元旦

                      ...

とても見やすい中近両用メガネ

15年近く同じメガネを使っているので、最近遠くも近くも見にくくなり、夜になると目が疲れてくること著しい。レンズのコーティングもだいぶ剥げてきたし、テンプルも角度によって抜け落ちたりするので、とうとう新しいメガネを作ることに。今回はどこでどんなメガネを作ろうかといろいろ情報収集してみたら、眼鏡業界がすっかり変わっていた。私がよく知っている眼鏡チェーンは、子供の頃からTVのCMがよく流れていた三城、愛眼、メ...

冬でも暖かく過ごせる防寒インナー(追記あり)

昨年の冬は、吸湿発熱効果のある防寒インナーを何種類も買って、さらに、正しい冬の重ね着方法を実践して、しっかり防寒対策。おかげで、室内でじっとしていても冷えを感じることなく、体がほんのり暖かくて、ほとんど暖房いらず。(足が冷える時だけ足温器使用)今持っている防寒インナーは、ユニクロ、ベルメゾン、無印良品の製品。トップバリュ製品も今月買ってみた。暖房を入れずに動かない室内で着るなら、無印良品「綿混あっ...

自転車事故と自転車保険

<最近の自転車事故の状況>私の家系は、なぜか父方母方とも交通事故(自動車・バイク・自転車の乗車中)に遭遇することが多い。先日も親戚が自転車事故を起こしたので、私が知っている限りこれで4件目で全て人身事故。おかげで交通事故リスクにはかなり敏感になっている。私のトロい反射神経だと、自動車事故を起こす確率はほぼ100%だと確信しているので、車を運転しようと思ったことは一度もなく、運転免許も持っていない。免許...

Amazonの「お坊さん便」

墓じまいのことで、いろいろ情報を集めていたら、amazonが「お坊さん便」なるサービスを発売開始したという。法要に必要な僧侶を手配するサービスで、いまやお坊さんまでネット通販で手配する時代になっていた。[お坊さん便] 法事法要手配チケット(2015/12/75)お坊さん便僧侶手配サービス『お坊さん便』Amazon.co.jpに2015年12月8日より出品[みんれび]サービス提供会社は、ベンチャーキャピタルも出資している「みんれび」。基本...

墓じまい

面倒を見る人がいなくなることが確実な家のお墓のことが気がかりで、いつか「墓じまい」しなければ..とずっと考えていた。墓じまいについて調べてみると、お参りする人も継承者もいない無縁墓のことが載っている。草ぼうぼうで荒れ放題のお墓や、強制撤去された無縁墓の墓石だけが集められた”無縁墓地”の写真を見ると侘しい気分になる。無縁墓に納められていた遺骨は、無縁仏だけが納骨される墓地内の「無縁塔」(供養塔)に移され...

米国Amazonの最先端物流センター

いつもは市川の配送センターから発送されるamazonの注文品が、今回は堺からの発送。堺に配送センターがあるのは知らなかったので、他にどこにあるのか調べていたら、米国Amazonの最先端物流センターの映像を見つけた。2014年12月にamazonが公開した映像で、ロボットを導入して自動化が進んだ「第8世代」の物流センター。まるで近未来SF映画を見ているみたい。人間が全然いないな~と思ったら、ロボットたちが注文された商品が格納...

イモリとヤモリとトカゲの見分け方

どーでもいいことだけど、一昨日の夜、自宅の玄関横の外壁に白い生き物がじ~っとへばりついていた。ヤモリ、イモリ、はたまた白いトカゲ?たしかヤモリとイモリの見分け方は、小学生の頃の理科の授業で習ったはずだけど、すっかり忘れている。【もう迷わない!】イモリとヤモリの違いって? 61.3%がわからない2匹の完璧見分け方[しらべえ]<ヤモリ>爬虫類、カメやトカゲの仲間。陸上生物。体色は灰色や褐色。家屋にいる害虫を...

メール便の代わりに「クリックポスト」

ヤマト運輸が今月末で「メール便」を廃止して、その代わりに始める新サービスは「ネコポス」。時々「メール便」を使っているので、廃止されることになると少々困ることになる。「ネコポス」は、一定量の荷物を定期的に送る契約をするようだし、翌日配達とスピーディになっても、料金は「メール便」よりずっと高くなるので、これは使えない。今までは、ヤマト運輸の「メール便」と日本郵便の「ゆうメール」、「ポスパケット」、「レ...

米価暴落の原因

今年の秋は、お米が異常に安い。お米の消費量は以前の半分から1/3くらいまで減っているので、お米を買う頻度も半年ごとくらい。精米したものは酸化していくので大量に買いだめできないから、いくら安くても今は買わないけど。でも、冷蔵庫で保存しておけばストックできる玄米の方は、店頭価格を見る限りでは、全然安くなっていない。買う側としては、玄米の方が白米よりもずっと高いので、こちらの方も安くなって欲しい。【米価暴...

スタンディングデスク

夏井睦医師のブログ<新しい創傷治療>の記事で、私にはとてもタイムリーなテーマだったのが「スタンディングデスク」。自宅で座っている時間は、食事とパソコンを使っている時。それ以外は、睡眠中を除いて、ほとんど立ちっぱなし。家事(炊事、洗濯、掃除)は当然としても、読書やステレオで音楽を聴く時でも、たいていは座らずに立っている。(ただし、お裁縫している時だけは座っていたのを思い出した)最近、ずっとパソコンに...

Windows7パソコンに買い替え

WindowsXPのサポートサービスが4月上旬に終了するので、昨年のクリスマスイブに新しいパソコンを購入。初期不良とか、設定・データ移行の作業を考えると、年度末の繁忙期に入る前に安定的に使えるようになるには、年末までにパソコンを配達してもらいたかったので。今まで使っていたパソコンは、10年以上前に購入したDELL製品。数年前に、メモリ故障のため数千円で新しいメモリに交換しただけで、調子よく動いていた。地デジといい...

”出身地鑑定!! 方言チャート”

今日の<Farmer's KEIKO 農家の台所>ブログで、「出身地鑑定!! 方言チャート」なるものが紹介されていた。東京女子大学の女子大生グループが開発したプログラムで、”ものすごい的中率”で評判らしい。試しに質問に答えていくと、結構迷ってしまうものが多い。結局、「あなたの出身地は 沖縄県ですね!?」。全然違うんだけど....。(沖縄には旅行にさえ言ったことがない)今度は、あまり考えずにすぐに回答して行くと、質問が最初の...

”プラン・ジャパン”のスポンサーシップを終える

9年前に始めた国際NGO「プラン・ジャパン」のスポンサーシップがとうとう終わった。「スポンサーシッププログラム」では、支援対象のチャイルドが(今年の11月で)18歳になれば、チャイルド登録が終了し、私とチャイルドとの関係も終了する予定だった。ところが、プラン・ベトナムの現地プロジェクトが、当初の目標達成により完了したと突然連絡が来た。プロジェクトの完了とともに現地への支援も終了するので、チャイルドのスポン...

巨大な大仏・大観音

いつも読んでいる<たかシェフのおうちごはん。>のブログ記事に、大きな大仏の写真が...。大仏というと、奈良・東大寺にある大仏がすぐに思い浮かぶ。この写真の大仏は立像で、東大寺のものよりはるかに巨大。コメント欄を見ると、この巨大大仏は茨城県牛久市にある「牛久大仏」。他の地域にもこの種の巨大大仏が結構たくさんあるらしい。ギネス認定!世界一の巨大大仏「牛久大仏」【茨城】[日本珍スポット100景]そういえば、ず...

年忌法要

今日は親族の七回忌と二十七回忌の法要を一度にしたので、昨日からあれこれ準備で忙しい。複数の法要を1回にまとめても準備することが増えるわけではないので、別々に分けてするよりは準備は楽。いつもはお寺様の本堂の方でするけれどちょうど本堂が改築中なので、昨年と今年は自宅で法要をすることに。昨日は -部屋の中の整理だなや机を別の部屋に移動(2階へ移動させたので結構な力仕事だった。腕が筋肉痛になりそう...) -...

《サントリーミュージアム天保山》が2010年末に休館

大阪の数少ない民営美術館《サントリーミュージアム天保山》がとうとう2010年末に休館する。大阪港にあるとはいえ、都心から離れているので立地はさほど良くなく(都心から電車で20~30分くらい)、そのわりにかなり規模の大きい美術館だと思う。大阪の人口は減少しているし、ミニシアターや企業の美術館(近鉄ミュージアムや、三越劇場など)も次々と閉館。東京ほどに人が集まってくる地域でもなく、文化度が高いとは言えないので...

回らない風車

新聞に載っていたお話。茨城県つくば市が、早稲田大学と大阪市内の風車メーカーに委託して小中学校に設置した風車23基が回らず、発電事業が頓挫したため、損害賠償を起こした訴訟で、早大に約2億円の支払いを命じたとのこと。設置費用のうち1億8500万円は環境省の交付金。事業計画を大幅に下回ったことが発覚して、市は交付金を返還されられたそうだ。全く回らない風車ほど役に立たないものはない。回っていくらの機械なの...

大阪のプロ交響楽団

橋下知事が文化予算をばっさばっさと削減しているので、在阪のプロオーケストラは悲鳴を上げている。大阪にあるプロのオーケストラは、大阪シンフォニカー交響楽団(堺市)、大阪センチュリー交響楽団(豊中市)、大阪フィルハーモニー交響楽団(大阪市)、関西フィルハーモニー管弦楽団(大阪市)。このうち一番影響が大きいのが府営オケに等しい大阪センチュリー交響楽団。Wikipediaによれば、「1990年に大阪府運営のプロ吹奏楽...

国立国際美術館 「30年分のコレクション」展

東京に住んでいる間に、国立国際美術館が千里から中之島に移転していた。東京ならこのクラスの美術館は23区内にゴロゴロあるが、関西では大阪・京都・神戸・滋賀・奈良に点在していて、そう気軽にあちこち見て回るというわけにもいかない。関西のメジャーな美術館はほとんど行ったが、この移転後の国立国際美術館は今回が初めて。千里時代と違って、立派な建物になったが、ほとんどが地下に埋設されているので、建物自体の面白さは...

ベトナム語講座

昨年からベトナム語を習っているが、ベトナム語の学習環境は東京が一番充実している。大学の正規課程なら外国語大学へ通えばいいだろうが、ベトナム語学科を開設している外国語大学は、東京外国語大学、神田外国語大学、大阪外国語大学くらいだろうか。語学専門ではないが、ベトナム語を学習できる講座がある大学も無いことはないが、そんなに多くはないだろう。学生ではなく社会人が東京でベトナム語を勉強するのなら、一番良いの...

Trịnh Công Sơn チン・コン・ソン

ベトナムの国民的ソングライターで、ベトナム人で知らない人はいないと言われるTrịnh Công Sơn。彼について紹介しているサイトはいくつかあるが、中でも"Trinh Cong Son - Nhu Mot Loi Chia Tay"と"Trinh Con Son"の2サイトの情報の充実度はすごい。いずれも個人サイトだが、根っからTrinh Con Sonが好きでないと、これだけのサイトを作れないだろう。"Trinh Cong Son - Nhu Mot Loi Chia Tay"では、歌詞付きの楽譜が...

減り続ける日本のODA予算

日本のODA予算が、実に24年ぶりに世界3位に転落した。経済協力開発機構(OECD)の発表によれば、加盟22か国の2006年ODA実績では、日本は前年比で11.7%減の116億1000万ドル。それでも1兆円以上あるが、人口が日本の半分しかないイギリスにとうとう抜かれてしまった。1982年に日本は4位だったそうだから、実に24年ぶりの出来事。イギリスは国際機関向けの援助を増やしたそうだ。将来的に不可避な財政逼迫で、ODAというリタ...

ベトナム音楽の無料配信サイト nhacSO.net

nhacSO.netというベトナムの音楽配信サイトがある。ベトナム人には著作権という意識が希薄なのかどうかわからないが、ここではCDアルバムごとストリーミング配信で聞けるようになっている。日本の場合、企業の音楽配信サイトでは一部数十秒分の試聴はできるが、1曲全部を聞くことはできないのが普通だ。1曲ごと聴こうとすると、お金を払って購入しなければならない。これは、米国アップルiTunesでも同じこと。このnhacSO.netでは...

寄付金付き商品(1) モノを買って寄付をする

寄付金付きの商品は日本でもたまに見かけるようになった。あまりモノを買う方ではないので情報は疎い。寄付金付きの製品にどんなものがあるか調べてみた。寄付行為が一般的で、企業もチャリティキャンペーンをする海外の国なら、いろいろあるんだろう。日本だと、寄付自体がそれほど普及していないし、寄付金付きをネタに商品を売るなんてという批判する人が必ずいる。インターネット通販の世界では、ショッピング募金に参加する企...

サントリーミュージーアム[天保山]

美術館に行くのはとても楽しい。絵を見に行くのが楽しいというよりは、美術館が持つ空間の雰囲気がもつ非日常的な感覚が気に入っている。美術展はもう数え切れないくらい行ったが、見に行く美術館というと大体決まっている。行ったことのある美術館の数は20以上はあるので、多くもないが少ないもない。好きな画家や写真家の展示が目的で行く時と、建物と空間を楽しむためのも兼ねて行く時がある。後者の方はそれを楽しめる美術館が...

ボランティア控除

米国のボランティア控除制度米国の寄付金控除制度を調べているときに、ボランティア控除という費目があることを知った。日本の文献では、「米国におけるボランティア活動―その理念と実態―」(財)自治体国際化協会)というレポートにも、少し説明がある。そのレポートによると、控除できるボランティア活動経費とは、「ボランティア活動に係る経費についても、交通費、ガソリン代等を必要経費として、確定申告時に課税標準から控除...

SRIファンドの”ネガティブスクリーニング”

社会起業家本や朝日新聞の日曜版にも取り上げられていたので、秋山をねさんの言うSRI投資というものに興味はあった。SRIファンドは投資信託なので、少し買ってみようかと思って調べたが、投資先の主要企業を見ると日本の大企業ばかり。確かに環境配慮型の製品は作っているだろうが、なにもエコファンドとかSRIファンドという名前をつけずともよさそうだったし、特に個性的な投資先の構成には思えなくて、結局ファンドには投資しな...

大山崎山荘美術館

歴史大山崎山荘美術館という京都・大山崎町の山中にある瀟洒な美術館がある。美術館といっても、元々は加賀正太郎という実業家の邸宅だった山荘。1929年に現在の山荘らしい姿に増築されたそう。木造作りなので確かに古くはあるが、年季の入った建物のレトロな風情はとても落ち着ける。山側になぜか塔が建っている。「白雲楼」というらしいが、加賀氏がここから工事を指揮したらしい。加賀正太郎は加賀証券社長で、ニッカウヰスキー...

ヴォーリズとメンソレータムと近代建築

ヴォーリズとメンソレータムヴォーリズという名前を聞いたことがなくても、メンソレータムなら日本人なら誰でも知っているだろう。このメンソレータムは、元々は米国メンソレータム社の製品。これをライセンス生産して日本で販売したのが、ヴォーリズが設立したヴォーリズ合名会社だった。これが今の近江兄弟社につながっている。しかし、現在、近江兄弟社が製造販売しているのは、メンターム。メンソレータムの商標で売られている...

米国人の寄付金額と寄付金控除制度

米国人の寄付金額米国人は、1世帯あたり年間1,620ドルの寄付をしているという。日本円で実に19万円近くになる。出展は、「日本のNPO/NGOにおけるファンドレイズ機能とその発展ストラテジー」。他に米国の寄付金額のデータを持っていなかったので、これが本当なのかどうか疑問だった。いろいろ調べてみると、「アメリカのNPO税制」(岩田陽子、レファレンス2004年9月号)で、米国の税制制度と関連させたデータが載っていた。これを...

Red Nose Day ~イギリスの募金キャンペーン

イギリスには、超有名なキャンペーン”Red Nose Day”が3月に実施されている。いろいろ調べてみたところ、”Red Nose Day”は、イギリス大使館サイトでも紹介されている。イギリス在住者のブログにもよく登場するくらいだから、イギリス人なら誰でも知っているキャンペーンだろう。テレビ、新聞などのマスコミから、学校やお店などもキャンペーンに参加しているくらいだから、日本の赤い羽根共同募金並みのキャンペーンと言える。実施...

寄付金控除制度の効果について

寄付金控除制度とは巷の提言書では、個人寄付の促進のため、所得税の寄付金控除の拡大が大抵は入っている。所得税の寄付金控除とは、個人が支払った特定寄付金(公益的な活動を行う団体等への寄付金)は、5千円を引いた金額を総所得金額から控除できる制度である。この制度のポイントは、課税所得控除であって、税金から控除される税額控除ではない。5千円以下の寄付は控除できない。ただし、H18年までは1万円以下だったので、改...

寄付できる自動販売機

自動販売機で寄付ができるご時世になったようだ。さすが自動販売機先進国の日本は進んでいる。日本の自動販売機が、いかに高機能化しているかは、「自動販売機の文化史」という本を読めばよくわかる。日本の自動販売機のスゴイところは、ホットとアイスが両方出てくることと、機械がお礼の言葉を言うところらしい。日本人にとって、自動販売機は日常で見慣れたものだが、海外へ行くと自動販売機がどこにでも置いているわけではない...

「我が国における国際協力NGO等によるファンド・レイジング方法に係る調査報告書」を読んで

NGOのファンドレイジングに関する方法論を探しているが、日本国内で内容がしっかりしている文献は限られている。米国ではファンドレイジングの専門書はいくつもある。但し、欧米のNGOは基本的にDM主体で資金調達をしている。問題はDM作成発送にはかなりのコストがかかること。さらに、日本のように個人情報に敏感な社会では、DM先の名簿入手が難しいこと。現段階の日本のNGOの資金調達方法としては、あまり参考にならない。日本国...

国際協力NGOの募金マーケティング(2)参加型募金

数多くのNGOが募金活動に力を入れ始めると、差別化のためにも募金の仕組みを工夫する必要がある。その手法の一つは、参加型の募金システムがある。単にお金を募金するのではなく、モノを媒介にした活動を通じて、現地にお金や必要なモノが届くという方式。個人なら、自分が手足を動かすことによって、現地に必要なお金や物が届けられるという実感が得られる。企業なら、単にお金を渡すだけではなく、社員が参加できる方式を好む傾...

国際協力NGOの募金マーケティング(1)マンスリー募金

ここ数年、国際協力NGOのホームページを見たり、資料を取り寄せたりして、どの団体へ寄付するのか、検討することが多くなった。NGOも個人寄付をいかに集めるかというファンドレイジングが重要なのはよくわかっているので、募金の集め方をいろいろ工夫している。募金種類を増やすパターンは多いが、小額でもいいから毎月募金してもらえそうなシステムが増えている。とにかく裾野をひろげないことには、全体のボリュームも増えないと...

路上の自動販売機

外国人が日本に来たときに、面白いと思うものはたくさんある。その中で、なるほどと思ったものは2つ。1つ目は蝋細工の料理模型。飲食店の店頭によく飾っているアノ料理見本。これは外国人(といっても欧米人のことしか知らないが)には珍しいらしく、おみやげとしてとても人気がある。外国人が日本企業主催のイベントのために来日したときに、奥様方向けのツアーとして難波の道具屋筋コースなどを入れると、かなり面白がられるそ...

睡眠不足は太るもと

「食欲亢進物質と食欲抑制物質のホルモンが原因? 睡眠不足は肥満のモト!?」という記事をネットで見つけた。そういえば、ずっと前にもそういう記事を新聞で見たことがある。このところ徹夜で昼夜逆転状態。睡眠不足だったり、睡眠過剰だったりで、今日は徹夜のまま寝ずに、リズムを元通りに逆転させないといけない。ちょっと30分ほどウトウトしていたが、とにかくず~っと起きている。無性に何か食べたくなって、ライスクラッカ...

幸若舞『敦盛』

『敦盛』といえば、織田信長が浮かんでくる。織田信長は『敦盛』の一節、「人間五十年、下天のうちをくらぶれば、夢幻の如くなり。一度生を享け滅せぬもののあるべきか」という謡を好んで謡ったという。『敦盛』とは、平家の平敦盛のこと。平経盛の末子で平清盛の甥。官職にはついていなかったので、無官大夫と言われていた。平安時代の末期の治承・寿永の乱(源平合戦)で有名な一ノ谷の戦いで、敦盛は熊谷直実に討たれた。享年16...

Oxfam UK の オンラインショップ

World Vision と並ぶ巨大NGOのOxfamもオンラインギフトサイトを持っている。ただし、寄付用ギフトのサイトではなく、フェアトレードも扱う Shopサイト の中にある。寄付用のギフトもそこらの商品みたいな感じなんだろうか。フェアトレードも一種のギフトのようなものではあるが、日本人からすれば別物だと思うが。日本ではショップなんて書こうものなら、NGOサイドとドナーサイドの両方から非難を浴びそうだ。shopサイトから、Oxfa...

World Vision USA の ギフトカタログ

World Visionは国際協力NGOの中でも、世界最大規模と言っていい巨大NGO。World Vision USAの年間収入は9億ドル。実に約1100億円という巨額収入だ。まさに大企業並の組織と資金力である。そのうち、管理費とファンドレイジンぐ費用で1億ドル=約120億円。これで、優秀な人材が集まらない方が不思議だ。World Vision Japanは資金力が30億円前後しかない。それでも日本ではNO2.の大手NGO。トップはプランジャパンで約40億円。もちろ...

個人の寄付金額の国際比較

日本の個人寄付が先進国中かなり低額だと言うのは定説と言ってもいい。寄付金額の比較データで、簡単に手に入るのは、「日本のNPO/NGOにおけるファンドレイズ機能とその発展ストラテジー」 に載っている。以下は、その報告書から引用した表。調査方法がわからないので、データにどんなバイアスがかかっているかわからないが、多分経済企画庁の1世帯あたり年間3200円が、まだしも実態に近いのではないかと思う。家計調査あたりのデ...

ベトナム訪問記 26 ハノイ(19) ノイバイ空港

ホテルに帰ると伝言があった。今日の帰りのフライトがキャンセルになったそうだ。ベトナム空港の機体繰りの都合だそうだ。ベトナムらしい、と思いながら、旅行社に連絡する。選択肢は2つ。今日の夜の便で、関西国際空港経由で成田着のコースを選ぶ。または、明日の早朝便のベトナム航空に乗って成田へ帰る。私はどちらでも良かったが、延泊になるホテルのことを確認すると、ベトナム空港で用意するという。但し、今泊まっているメ...

ベトナム訪問記 25 ハノイ(18) 大教会界隈

旅行最終日。18:00まで部屋が使えるので、午後は大教会周辺を散策することにした。メリアホテルから歩いて10分かそこらで大教会地区へ到着。2日目にガイド君と一緒に歩いたときは気が付かなかったが、外国人向けの高級雑貨店らしきものがたくさんある。しゃれた外観のお店だが、値段も結構高そう。雑貨や服に興味のない私はパス。道を歩いていると、キティグッズを売っている店、版画を売っている店もあった。旧市街の中にある美...

ベトナム訪問記 24 ハノイ(17) ロンビエン橋

ロンビエン橋。ハノイ東部にある郊外との連絡道となっている古びた橋である。ロンビエン橋の近くは自動車の交通量が多い。が、あたりに信号はない。露天商のおばさんたちが、路上で果物や野菜を売っていた。ロンビエン橋はフランスの植民地時代にホン河に架けられた鉄橋で、ハノイで一番古いそうだ。ベトナム戦争中も多くの物資を運んだ需要な動脈だった。今は列車と自転車・人だけが通行できる。車が通ると重みで橋が壊れるかもし...

左サイドMenu

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

タグリスト

マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

FC2カウンター

プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、ミンナール、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ

ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。

右サイドメニュー