気ままな生活

            ♪音楽と書物に囲まれて暮らす日々の覚え書♪  

Category [ ♪ F.P.ツィンマーマン&エンリコ・パーチェ ] 記事一覧

ツィンマーマンとストラディヴァリウス“レディ・インチクィン”の再会

クラシカ・ジャパンで11月に放映されていたドキュメンタリー『ツィンマーマンとストラディヴァリウス“レディ・インチクィン”の再会』。ドイツで製作された番組で、原題は”Die Seele der Geige”。(英語では、”The Violin's Voice”)ツィンマーマンの愛器“レディ・インチクィン”を巡る騒動は数年前にネットニュースで読んだけど、喜ばしいことに、手放さざるをえなかった“レディ・インチクィン”がツィンマーマンの元へ戻ってきたと...

F.P.ツィンマーマンの新しいヴァイオリン”General Dupont, Grumiaux”

数ヶ月前に「ツィンマーマンとストラディヴァリウス“Lady Inchiquin“」に書いたとおり、13年間引き続けていたストラディバリ”Lady Inchiquin”の買取・リース契約交渉が不調に終わったため、貸与期限到来で投資ファンドに返却したツィンマーマンに、新しいヴァイオリンがようやく見つかった。同じくストラディヴァリで、グリュミオーのヴァイオリンとして有名な1727年製 'General Dupont, Grumiaux'(ジェネラル・デュポン,グリュ...

ツィンマーマン ~ シベリウス/ヴァイオリン協奏曲

フランク・ペーター・ツィンマーマンのシベリウス《ヴァイオリン協奏曲》の珍しいライブ映像は2008年の演奏。同年、ONDINEにこのコンチェルトを録音している。力強くてきりりとしたツィンマーマンの演奏する姿を見るのは好きだけど、若い頃よりも(恰幅も良くなったことだし)貫禄と余裕が感じられる。17年前に録音した旧盤よりも起伏がより大きく、シャープさと力感も増しているし、同じ頃に録音したスタジオ録音よりも、このライ...

ツィンマーマンとストラディヴァリウス“Lady Inchiquin“

ヴァイオリニストのフランク・ペーター・ツィンマーマンの新譜が出ていないか情報を探していたら、最近愛器のストラディヴァリウスを巡るトラブルに悩まされているという。ツィンマーマンが2001年から弾いているストラディヴァリウス“Lady Inchiquin(レディ・インチクイン)“ は、ドイツの州立銀行「ウェストLB」から貸与されている。その銀行が、リーマンショック後に経営破綻したため、その事業を受け継いだファンド(Portigon ...

ツィンマーマン&ロンクィッヒ ~ 現代フランスのヴァイオリンソナタ集

フランク・ペーター・ツィンマーマンは、EMI時代にピアニストのアレクサンダー・ロンクィッヒとデュオを組んでいた。EMIに録音したヴァイオリンソナタは、モーツァルト、プロコフィエフ、ドビュッシー、ラヴェル、ヤナーチェクと、かなり地域・作風の違う曲が並んでいる。それ以外の録音があるのを知らず、たまたまYoutubeで見つけたのが、フランスの新古典主義作曲家のヴァイオリンソナタ集の音源。「フランス6人組」(20世紀前半...

ツィンマーマン&パーチェ ~ ヒンデミット/ヴァイオリンソナタ

フランク・ペーター・ツィンマーマンがヒンデミットイヤー(2013年)にリリースした『ヒンデミット作品集』。このアルバムのヴァイオリン協奏曲はレコ芸の「第51回レコード・アカデミー賞」のノミネート曲だったし、2013年のドイツ批評家賞にも選ばれている。そういえば、五嶋みどり&エッシェンバッハ指揮北ドイツ放送響のヒンデミットアルバムが、第56回グラミー賞(最優秀クラシック・コンペンディアム賞)を受賞していた。パウ...

ツィンマーマン&パーチェ ~ バッハ/ヴァイオリンソナタ全集

今年最初に聴いた曲は、年末に引き続いてバッハ。バッハ作品のなかでも、パルティータと同じくらいによく聴いてきた《ヴァイオリンソナタ全集》。この曲集を聴くときは、必ずといっていいほど、フランク・ペーター・ツィンマーマン&エンリコ・パーチェの現代楽器デュオ。今ではチェンバロ演奏が一般的で、演奏会や録音でピアノで演奏されることは少ないらしく、現代ヴァイオリンと現代ピアノによる演奏はかなり珍しい。現代楽器同...

【新譜情報】ツィンマーマン&パーチェ ~ ヒンデミット/ヴァイオリン作品集

今年は、パウル・ヒンデミット没後50周年のメモリアルイヤー。といっても、ヴェルディとワーグナーで賑わっているオペラ界と違って、ヒンデミットの音楽で盛り上がることもないだろうけど..。ヒンデミットのメモリアルイヤーに合わせて、思いがけなくフランク・ペーター・ツィンマーマンの新譜がリリースされるのを見つけて、これはとっても嬉しい。今回のツィンマーマンの新譜は、ヒンデミット作品集。BISから6月10日発売予定。ツ...

フランク・ペーター・ツィンマーマン ~ イザイ/無伴奏ヴァイオリンソナタ Op.27

フランク・ペーター・ツィンマーマンは、数少ない好きなヴァイオリニストの一人。彼が録音したCDはかなり集めてきたけれど、このイザイの《無伴奏ヴァイオリンソナタ集》は長らく未聴のまま。無伴奏というジャンルは、バッハも含めてどうも苦手で、手が出なかったので。たまたまカヴァコスのディスコグラフィを調べてみると、イザイの無伴奏の全曲録音がある。ツィンマーマンもこのソナタ集を録音していたのを思い出して調べてみる...

【コンサート情報】ツィンマーマン&パーチェ ~ J.S.バッハ/ヴァイオリン・ソナタ全曲演奏会

たまたま検索していて発見したのが、フランク・ペーター・ツィンマーマンの「J.S.バッハ/ヴァイオリン・ソナタ全曲演奏会」の情報。開催日時:2013年10月4日(金)19:00開演会場:青山音楽記念館・バロックザール(阪急嵐山線上桂駅下車)チケット代金:5000円(全席指定)コンサート情報(バロックザール)調べてみると、このリサイタルの翌日(10月5日(土))には、大阪フィルの京都特別演奏会(京都コンサートホール)で、ツ...

ツィンマーマン&パーチェ ~ バッハ/ヴァイオリンソナタ集 BWV1014~1019(CD/DVD)

パーチェの《巡礼の年》を聴いていると、フランク・ペーター・ツィンマーマン(Zimmermann)と録音したバッハのヴァイオリンソナタ集を聴きたくなってきた。ツィンマーマンとパーチェのどちらも、初めて聴いたのがこのバッハのヴァイオリンソナタ集。曲自体はスーク&ルイジチコーヴァのモダンヴァイオリン&チェンバロ演奏で聴いたけれど、あまり印象に残っていなかった。なにしろテンポが全体的に遅かったし、モダン(改造型)チ...

ツィンマーマン&パーチェ ~ サン=サーンス/ヴァイオリンソナタ第1番

最近、Youtubeでたまたま見つけたフランク・ぺーター・ツィンマーマン&エンリコ・パーチェのライブ録音を聴いて気に入ったのが、サン=サーンスのヴァイオリンソナタ第1番。サン=サーンスといえば、一番ポピュラーなのが《動物の謝肉祭》。曲名が有名なわりには、全曲通して聴かれているとはあまり思えないけれど。ヴァイオリン協奏曲や交響曲第3番も有名。それに比べてピアノ協奏曲はあまり知られていない。ピアニスティックで...

F.P.ツィンマーマン ~ シューマン/ヴァイオリン協奏曲

土曜日の真夜中にウェブラジオで放送していたフランク・ペーター・ツィンマーマンのライブ中継。今回はシューマンのヴァイオリン協奏曲ニ短調で、伴奏はユッカ=ペッカ・サラステ指揮ケルンWDR交響楽団。また珍しくマイナーな曲を...と思ったら、今年はシューマンイヤーだった。このヴァイオリン協奏曲、ずっと昔にFMラジオで放送していたので、ちょっとだけ記憶に残っている。ピアノ協奏曲ほどに若々しい感情が横溢するようなロマ...

F.P.ツィンマーマン ~ シベリウス/ヴァイオリン協奏曲

久しぶりに出たフランク・ペーター・ツィンマーマンの新譜は、シベリウスのヴァイオリン協奏曲。HMVでCDをオーダーしたけれどまだ届かないので、待ちきれなくてNMLで全曲聴いてしまった。こういう時はNMLは本当に重宝。ツィンマーマンは、シベリウスのヴァイオリン協奏曲を10歳くらいの子供の頃に弾いていて、両親から”まだその曲を弾くのは早いから、弾いてはいけません!”と怒られてしまったという。それくらい子供の頃からとて...

ツィンマーマン ~ ブラームス/ヴァイオリン協奏曲(2009年9月のライブ録音)

F.P.ツィンマーマン&アラン・ギルバート指揮ニューヨーク・フィルハーモニックのライブ録音が、NYフィルのウェブサイトで、期間限定でストリーミング配信されています。この情報のソースは<おかか since 1968 Ver.2.0>です。配信サイトは、”Weekly Radio Broadcasts”曲目は、ブラームスのヴァイオリン協奏曲、シェーンベルクの《ペレアスとメリザンド》。音源は、2009年9月24~26日(のうちのいずれか)に、ニューヨークのL...

ツィンマーマン ~ ヒンデミット/ヴァイオリン協奏曲

昨日は夜中にF.P.ツィンマーマンが弾いたヒンデミットのヴァイオリン協奏曲を聴いていた。これは、パーヴォ・ヤルヴィ指揮hr交響楽団と行った数日前のライブ録音で、真夜中にウェブラジオが放送していたもの。ツィンマーマンはヒンデミットの曲はまだ録音していないので、この放送は聴き逃さないようにしていた。ヒンデミットのヴァイオリン・ソナタも最近レパートリーにしているようなので、コンチェルトとヴァイオリン・ソナタの...

ツィンマーマン&パーチェ ~ バッハ/ヴァイオリンソナタ全集(ライブ録音/DVD)

NHK-BSで以前放映していた『ツィンマーマン/パーチェのヴァイオリン・ソナタ全集』をYoutubeで一部だけ見たところ、かなり良い内容だったので、早速それと同じ内容のDVDを購入。このDVDは本編のライブ録音が1時間半。ドキュメンタリー(特典映像)が1時間。ライブ録音は、2008年5月にドイツのポリング修道院図書館で収録されている。ドイツでも有数のバロックホールらしく、古典的な宗教絵画が天井に描かれた自然光の射し込む白壁...

ツィンマーマン&パーチェ ~ バッハ/ヴァイオリンソナタ全集

バッハの《ヴァイオリン・ソナタ》の鍵盤楽器パートは、ヴァイオリンがピリオドかモダンかに関わらず、大半の録音はチェンバロ。チェンバロではなくピアノ伴奏の録音はないかと思って探してみると、古いところでは、メニューイン/ケントナー、ラレード/グールド(これはまるで弦のオブリガートつき鍵盤ソナタの風情らしい)、比較的新しいのは、テネンバウム/カップ、ムローヴァ/カニーノの録音などあまり多くはない。このヴァイオ...

左サイドMenu

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

タグリスト

マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

FC2カウンター

プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、ミンナール、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ

ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。

右サイドメニュー