気ままな生活

            ♪音楽と書物に囲まれて暮らす日々の覚え書♪  

Category [   ・・ 日本(芥川,武満,吉松, 他) ] 記事一覧

黛敏郎/交声曲「般若心経」、曼荼羅交響曲、プリペイドピアノと絃楽のための小品

黛敏郎の《涅槃交響曲》がとても面白かったので、仏教をモチーフにした黛作品のうち有名な曲をいくつか聴いてみた。交声曲《般若心経》(1976年)修復された薬師寺金堂の落慶式(昭和51年3月28日)のために作曲したもの。LP盤『交声曲 般若心経』の解説にある黛自身の言葉。「それぞれ自分の一ばん声の出し易いピッチで自由に唱えるとき、不可避的かつ偶発的に、非常に複雑な複合音――現代音楽ではトーン・クラスターという――が生...

黛 敏郎 『涅槃交響曲』

自宅で法事をしていて、久しぶりにお坊さんのお経を目の前で聴いていた。お坊さんにもお経向きの声質や、お経の詠い方の上手さというものがあるように思う。お経で思いだしたのが、黛敏郎の《涅槃交響曲》。1958年に作曲されたもので、この時期の作品なら芥川也寸志や武満徹の曲をいくつか聴いた覚えがある。《涅槃交響曲》は、この時代特有の騒然とした前衛的な雰囲気が濃厚。こういう作風は結構好きなので、《涅槃交響曲》はとっ...

吉松隆/マリンバ協奏曲『バード・リズミクス』

吉松隆の最新アルバム『交響曲第6番《鳥と天使たち》」にカップリングされているのは、『マリンバ協奏曲《バードリズミクス》』。試聴した限りでは、『交響曲第6番』は今までの吉松作品と似たようなトーンに思えたし、レビューを読むといつもの吉松ワールドのような作風らしいので、今までとは違った斬新さとかはあまりなさそう。もともと「朱鷺に寄せる哀歌」のような初期の無調がかった作品の方が好きなので、最近の作品とは波長...

新垣 隆 /シャコンヌ、ヴァイオリンのためのソナチネ

著作権問題はどう決着したのか知らないけれど、新垣隆氏が作曲した《シャコンヌ》が、昔から新垣氏がピアノ伴奏しているヴァイオリニストの奥村智洋氏のライブ映像で聴ける。新垣 隆 : シャコンヌ - Takashi Niigaki : CHACONNE 《シャコンヌ》よりもはるかに好きな《ヴァイオリンのためのソナチネ》はフルバージョンの原曲版音源。(スケート用バージョンはかなり編集・短縮していた)原曲版は、毅然として力強く、時に穏やかで...

『鎮魂のソナタ』

件の代作騒動もひとまずほとぼりが冷めてきたようではあるけれど、オンラインショップでCDが販売中止になっているのは相変わらず。渦中の作品《交響曲第1番》はニコニコ動画サイトで全曲聴いたけれど、これはCD買うほど好きではなかったので、結局購入せず。(第3楽章の盛り上がり方とエンディングのコラールは良かったけれど)室内楽曲の方は、試聴した限りでは、好きなタイプの曲がたくさんあったので、『シャコンヌ』とこの『鎮...

松村禎三/ギリシヤに寄せる二つの子守唄,巡礼

もともと寡作な松村禎三の作品のなかでも、ピアノ独奏曲は数少なく、録音が残っているのは、《ギリシヤに寄せる二つの子守唄》と《巡礼 I、II ~ ピアノのための ~》。1969年の若い頃に書かれた《ギリシヤに寄せる二つの子守唄》は、交響曲やピアノ協奏曲を書いた人と思えない透明感のある美しい作品。まるでギリシャ彫刻のように端正で気品がある。『松村禎三 作曲家の言葉』の作曲者自身の解説では、Ⅰの冒頭で使われている旋律...

徳山美奈子/ムジカ・ナラ -ピアノのために-

徳山美奈子作曲《ムジカ・ナラ -ピアノのために-》は、第6回&第7回の浜松国際ピアノコンクールで、2次予選の課題曲となった曲。第2次予選と予選に進めなかった参加者の合計80名近くが演奏したという。演奏者の感想は、楽しんで弾けた、レパートリーにしたい、など好評だったそうで、実際、国外でも演奏されることがあるらしい。作曲者自身は、「私は若いからこそ弾けるリズムや疾走感、ユーモア、ロックやジャズなどの要素もと...

佐藤聰明/Homa

日本人作曲家の佐藤聰明。名前だけは知っていたけれど、聴いたことはない。プロフィールを調べてみると、珍しく独学で現代音楽を作曲する人で、日本よりも海外で人気があるらしい。『LITANIA』というアルバムが、ニューヨークタイムズの年間ベスト・レコードに選ばれたという。試聴してみると、ミニマル風な曲が多い。ミニマルな曲は最初に聴いたときは面白いのだけど、すぐに飽きてしまって、ライヒやグラスの曲でも、何度も聴き...

三善晃/ピアノ協奏曲

現代日本人作曲家のピアノ作品なら、ピアノ協奏曲に名曲が多い。ピアノ独奏曲も多数あるけれど、よく演奏されるのは、(子供向けや練習用の)調性音楽が多い。音楽自体は綺麗なのだけど、どちらかというと弾いて楽しむのには良くても、聴くだけなら物足りないものがある。邦人作曲家のピアノ協奏曲で今まで聴いた曲は、矢代秋雄:ピアノ協奏曲(1967年)伊福部昭:ピアノと管弦楽のためのリトミカ・オスティナータ(1979)早坂文雄...

ヴァイオリンのためのソナチネ

件の代作騒動で有名になった《ヴァイオリンのためのソナチネ》。以前、この曲が収録されている『シャコンヌ』のCDを試聴はしたけれど、あまり好きではない無伴奏と弦楽四重奏曲が入っていたので、購入せず。《ヴァイオリンのためのソナチネ》は聴いたかどうかも覚えていない。Youtubeで、《ヴァイオリンのためのソナチネ》のフィギュア・スケートSP用バージョンがあったので、どんな曲だったかな?と思って、改めて聴いてみると、...

武満徹/アステリズム

武満徹が作曲したピアノ協奏曲は次の4曲。《アーク(弧)第1部、第2部》(1963年,1964年,1966/76年)《アステリズム/asterism》(1968年)《リヴァラン/riverrun》(1984年)《夢の引用/Quotation of Dream―Say sea, take me!》(2台のピアノのための)(1991年)まだ現代音楽の世界が前衛全盛期だった1960年代の《アーク(弧)》・《アステリズム》と、微温的・耽美的で色彩感豊かな作風の1980年代以降に書かれた、夢のなかで...

武満徹/ピアノ作品集

武満徹のピアノ作品の録音で名盤とされているのは、ピーター・ゼルキン。他にも、高橋悠治、藤井一興、高橋アキ、ロジャー・ウッドワード、ポール・クロスリーの録音は昔からあるし、比較的新しい録音では、小川典子(BIS盤へのデビュー盤)と若手の福間洸太朗(NAXOS)もそれぞれ違った個性がある。意外なことに舘野泉が録音していたのは、最近初めて知った。武満作品は聴き比べると、かなり演奏が違っているのがよくわかって、面...

武満徹/弦楽のためのレクイエム、精霊の庭

昔はさっぱり受け付けなかった武満作品も、今ではピアノ作品は普通に聴けるようになったし、普段はあまり聴かない管弦楽曲や室内楽曲も少しづつ聴いているところ。そうすると、好きな曲は追悼曲として書かれた曲が多いのに気がついた。ピアノ独奏曲では、《リタニ-》(マイケル・ヴァイナーの追憶に)、《閉じた眼》(瀧口修造の追憶に)、《雨の樹素描》(メシアンへの追憶に)、管弦楽曲では《弦楽のためのレクイエム》、《ノス...

武満徹/リタニ、雨の樹素描、フォー・アウェイ

昔は全然受け付けなかった武満徹のピアノ作品。あまりに音の密度が低く、静寂で沈黙が支配するような内省的な音楽だったので、集中力が続かず、どうも私には合わない作風だと思ったものだった。随分以前に聴いたピアノ作品集のCDは、もう聴くことがないだろうと思って処分してしまったので、それが誰の演奏だったか思い出せない...記憶をたどると、最後のトラックに収録されていたのは《2つのレント》だったし、ジャケット写真が藤...

武満徹/死んだ男の残したものは

今年の秋は、随分昔に聴いて挫折した武満徹の音楽をまた聴いたり、著作・対談集を読んだり。武満作品独特の不協和音の不安げで濃密な響きは、秋や冬に聴いた方が身体にしっくりと馴染むような気がする。かなり集めたCDはほとんど処分してしまったので、今度はYoutubeや音楽配信サイトで全曲聴いてから、聴けそうな曲が入ったCDを集めている。なんとも便利な世の中になったおかげで、昔のように聴いたことのない曲のCDを買って後悔...

吉松隆/3つの聖歌より ~ カッチーニ/アヴェマリア(ピアノ編曲版)

吉松隆の自叙伝『作曲は鳥のごとく』には、ピアニスト舘野泉さんのために編曲した”左手のためのピアノ音楽”のことが書かれている。「北欧の光や水や風の香りを感じさせる音楽を」という舘野さんの要望から生まれた曲は《タピオラ幻影》。左手1本で弾くといっても、「フルスペックで書いた」という。(リハビリ中の)舘野さんには「弾いていると心臓が止まりそうになります。左手も壊れちゃいますよ」と言われてしまったという。そ...

吉松隆/自叙伝 『作曲は鳥のごとく』 と 《朱鷺によせる哀歌》

大河ドラマの音楽で、とうとう一般にも広く知られる作曲家になった吉松隆の自叙伝『作曲は鳥のごとく』が面白い。音大で作曲を学ぶ-というごく普通のコースを経ず、無調全盛期の現代音楽主流派とは正反対の調性音楽を志向していたので、独学&反主流の苦労がひしひしと感じられる。今では、現代音楽もかつての前衛的な無調や実験的音楽から、新古典主義や調性感のある音楽へと回帰してきているので、彼の音楽は時代を先取りしてい...

芥川也寸志/ヴァイオリンとピアノのためのバラード 、ラ・ダンス

このところ芥川龍之介の小説や評伝などを立て続けに読んでいるせいか、龍之介の三男・芥川也寸志が作曲した音楽を聴きたくなってきた。芥川也寸志のプロフィールを読むと、子供の頃から父・龍之介の遺品であるクラシックのレコードを蓄音機で聴いていたという。特に気にいっていたのが、リヒャルト・シュトラウスやストラヴィンスキー。すでに幼稚園の頃から、ストラヴィンスキーのバレエ音楽《火の鳥》の「子守唄」を口ずさんでい...

吉松隆 ~ 大河ドラマ『平清盛』

クラシックの作曲家である吉松隆が初めてNHK大河ドラマの音楽を担当した『平清盛』。TVは見ないし、最近は吉松ブログをチェックしていなかったので、そんなことになっていたとは露知らず。<直仁の「善き人のための」研究室>さんのブログ記事で紹介されていて、初めて知ったのだった。作曲家として駆け出しの頃、音楽コンクールに度々応募しては落選し続けていたそうだから、彼もメジャーな作曲家になったものだと、ちょっと感慨...

オピッツ ~ 日本の現代ピアノ作品集

オピッツのHaenssler Classicからリリースされた最新アルバムは、珍しくも日本の現代音楽ピアノ作品集。特に好きというわけでもないオピッツのアルバムなので、新譜情報で知ってはいても、すっかり忘れていた。和泉範之さんの<合唱音楽 聴いたり 弾いたり 振ったり blog>で紹介されていて、かなり面白そうに思えたので、NMLで全曲聴いてみるとその期待通り。現代音楽は当たりとハズレの差が特に大きいけれど、このオピッツの...

湯山昭/お菓子の世界

現代のクラシック音楽の作曲家というと、難解な作品ばかり書いているというわけではなくて、湯山昭の『お菓子の世界』や吉松隆の『プレイアデス舞曲集』は、譜面もメロディもシンプルで、調性も安定したとてもわかりやすくて、なじみやすい曲。日本のクラシック畑の作曲家が書いた作品のなかで、(文部省唱歌とかを除いて)一番よく弾かれている(だろうと思う)のが湯山昭の『お菓子の世界』。子供が発表会でよく弾く曲集で、1974...

吉松隆/ピアノ協奏曲《メモ・フローラ》

吉松隆の唯一のピアノ協奏曲は《メモ・フローラ》。ピアニストの田部京子を想定して作曲したはずなので、彼女の硬質で透明感のある品の良い音色がとてもよく映えている。田部京子が弾いている吉松の録音は《プレイアデス舞曲集》が2種類。音も旋律も綺麗なので、リリースされた当時はよく聴いていたけれど、似たような曲想の曲が多いのでずっと聴き続けるとちょっと飽きてしまう。集中して聴くよりは、環境音楽のようにぼ~っとし...

吉松隆 『すばるの七ツ』 ~二十絃箏の独奏曲・室内楽曲集

何台があるCDラックのなかみをたまに入れ替えると、聴いた覚えのないCDをいつも発見する。今回は吉松隆の2枚のアルバムで室内楽曲ばかり。吉松作品は昔かなり凝っていた頃にCDをほとんど集めたはず。2枚とも楽器編成に特徴があって、二十絃箏のソロと洋楽器とのアンサンブルの『すばるの七ツ』、ピアノとパーカッションの明るく楽しい『チェシャねこ風パルティータ』。CDを買ったときに聴いたかもしれないけれど、その頃は...

早坂文雄/ピアノ協奏曲

”RARE CLASSICAL MUSIC”というサイトで”日本の作曲家によるピアノ協奏曲リスト”をたまたま見つけた。邦人作曲家のピアノ協奏曲は録音が少ないので、知らない曲の方がずっと多い聴いたことのある曲は、矢代秋雄のピアノ協奏曲、大澤壽人のピアノ協奏曲第3番《神風協奏曲》、伊福部昭の《ピアノと管絃楽のためのリトミカ・オスティナータ》、新しいものでは、吉松隆の《メモ・フローラ》、。作風がそれぞれかなり違っているけれど、...

大澤壽人/ピアノ協奏曲第3番「神風協奏曲」

大澤壽人の《ピアノ協奏曲第3番 変イ長調「神風協奏曲」》は、岡田暁生さんの『CD&DVD51で語る西洋音楽史』で紹介されていて、これは必ず聴かなければと思った曲。曲名の「神風」とは、あの古来から言い伝えられている「神風」のことだろうか?と初めは思ったけれど、俵好太郎氏のレビューを見ると「朝日新聞が発注し三菱航空機がつくった純国産の2人乗り機」のこと。NAXOSの解説文にもわざわざ、”カミカゼ特攻隊とは関係ない”と...

伊福部昭 『協奏三題』 より ~ ピアノと管弦楽のためのリトミカ・オスティナータ

伊福部昭といえば「ゴジラ」などの映画音楽が有名。(そればかりがやたらに有名な気もするけど)彼は純然たるクラシック作品も多数残していて、特に管弦楽曲に素晴らしいものがある。協奏曲もピアノ、ヴァイオリン、筝をソロに入れた曲をいくつか書いていて、『協奏三題』には、「ピアノと管弦楽のためのリトミカ・オスティナータ」、「ヴァイオリンと管弦楽のための協奏風狂詩曲(ヴァイオリン協奏曲第1番)」、「二十絃箏とオーケ...

芥川也寸志の管弦楽作品 (2)エローラ交響曲

芥川作品をまとめて5曲聴いたところなので、順番に書き留めているが、いずれの曲も日本人作曲家の作品としてはとても相性が良いものばかり。概して民族色が希薄で、東洋風の旋律や雰囲気のするところはあっても、ベタベタした情念とか土俗性は全くない。洗練されたというかスマートな作風。この「エローラ交響曲」はちょうど現代音楽が「前衛の時代」の真っ只中にあった頃の作品。彼は12音技法とか無調音楽をつくることはなかっ...

芥川也寸志の管弦楽作品 (1)オーケストラのためのラプソディ、弦楽のための三楽章「トリプティーク」

作曲家の芥川也寸志といえば、すぐに黒柳徹子と司会をしていたETV(昔は教育テレビとだけ言っていた)の『音楽の広場』を思い出す。かなり古い番組なので、それなりの年齢でないと見たことがないはず。温厚そうな外見と穏やかな語り口だったが、どことなく神経質なところを感じさせる雰囲気もあって、やっぱり芸術家なんだな~と思ったものだった。確か彼の書いた本を持っていたはず...と思って、本棚を探すと『音楽を愛する人に~...

吉松隆/交響曲第1番「カムイチカプ」(カムイチカプ交響曲)

吉松隆は、交響曲、協奏曲、器楽曲、室内楽曲など幅広いジャンルの作品を発表しているが(声楽曲はあまり見かけない)、その中でも最高の作品だと思うのは、「朱鷺に寄せる哀歌」と「カムイチカプ交響曲(交響曲第1番)」。最初の交響曲第1番「カムイチカプ交響曲」の「カムイチカプ」とは、アイヌ語で〈神(カムイ)の鳥(チカプ)〉。もともと吉松隆はジャンルを問わず、鳥にちなんだ曲を数多く作曲している。「サイバーバード協...

日本のピアノ作品集 永井幸枝 『Poesie:Yukie Nagai Plays Japanese Piano Music』

現代の日本人作曲家のピアノ独奏曲を集めた永井幸枝の『Poesie : Yukie Nagai Plays Japanese Piano Music』。この永井幸枝というピアニストは聴いたことがない。ドイツを拠点に演奏活動をしている人らしく、ラベル、スクリャービン、ラヴェル、ドビュッシー、チャイコフスキー、ベートーヴェンなどの録音がある。ほとんどBISからリリースしているくらいだから、腕は確かに違いない。このアルバムは、現代音楽といっても作風の違う...

矢代秋雄/ピアノ協奏曲

矢代秋雄の代表作であり、唯一のピアノ協奏曲。これをブラインドで聴いて日本人作曲家が書いたものだとすぐにわかる人は、そんなに多くないに違いない。彼は10歳から諸井三郎、14歳から橋本國彦に作曲を学ぶという早熟さで、東京音楽学校(今の東京芸大)で池内友次郎と伊福部昭に師事した。彼が多くを学んだのは、パリ高等音楽院で学んた池内の方で、同級生の黛敏郎が伊福部昭に傾倒していたのとは対照的。そもそも後年の矢代の作...

伊福部昭/オーケストラとマリムバのための「ラウダ・コンチェルタータ」

伊福部昭はどうもゴジラシリーズのCDに人気があるようだけれど、彼の純然たるクラシック曲の管弦楽曲を聴けば、その音楽の凄さが実感できる。独学ながら20歳代で「日本狂詩曲」や「交響譚詩」を書き、「日本狂詩曲」はチェレブニンやオネゲル、イベールなど審査員に絶賛されチェレブニン賞の第1席を受賞。若いうちから日本よりも海外で評価されたというが、土俗的で荒々しく原初的なエネルギーが横溢する作風は日本のアカデミック...

谷川俊太郎作詞・武満徹作曲/死んだ男の残したものは

武満徹の曲はピアノ・管弦楽曲などをかなり聴いてみたが、全く合わなかったのでCDは全て処分。唯一、この「死んだ男の残したものは」というアカペラ曲が収録されているCDだけを手元に残している。「死んだ男の残したものは」は、ベトナム戦争中の1965年に作詞・作曲された反戦歌。”この歌詞にしてこの曲あり”と思うほどに、歌詞と曲が一体化した名曲である。谷川俊太郎の詞には言葉の重みがある。武満徹の曲は哀切感漂う旋律が美し...

吉松隆/ソプラノ・サクソフォン協奏曲「アルビレオ・モード」

吉松隆のソプラノ・サクソフォン協奏曲「アルビレオ・モード」(Op.93)は、日本のサクソフォン奏者須川展也の委嘱により作曲されたもの。CHANDOSから昨年5月にリリースされた須川展也の最新アルバムが初録音となる。伴奏は佐渡裕指揮BBCフィルハーモニック管弦楽団。作曲者自身の作品解説はこちら(<協奏曲>タブにあります)初めは、前作サイバーバード協奏曲の〈動〉に対して〈静〉、全編ピアニシモでアダージョという構想だ...

伊福部昭/ピアノと管弦楽のためのリトミカ・オスティナータ、SF交響ファンタジー第1番

ラヴェルのピアノ協奏曲を聴いていて、かの有名な”ゴジラ”のテーマが出てきたので、その作曲者である伊福部昭もたしか交響曲を作曲していたのを思い出した。NAXOSは、日本人作曲家シリーズを展開していて、これがなかなか充実している。そのシリーズの伊福部昭のCDを探してみると、やっぱりありました、「SF交響ファンタジー第1番」が。早速聴いたけれど、やっぱりゴジラのモチーフが組み込まれていて、懐かしいメロディが聴こえ...

吉松隆/交響曲第2番「地球(テラ)にて」

新しい年を迎えたときは、世界が広がるような曲を聴くのが良いかなと思って、吉松隆の交響曲第2番「地球にて(At Tera)」を久しぶりに聴くことに。「地球にて」がタイトルだけど、いつも「地球へ(テラへ)」といい間違えてしまう。これは、竹宮恵子のSF漫画とタイトルが似ているから。「地球へ(テラへ)」はSFまんがの中でも秀作(だと思っている)で、昔は繰り返し読んだ作品。吉松隆は、交響曲第2番でレクイエムを作ろうし...

吉松隆「4つの小さな夢の歌」

吉松隆のとても愛らしく美しいピアノ曲「4つの小さな夢の歌」。現代音楽作曲家が作曲したとは思えない調性音楽。これほど美しい音楽を書ける現代音楽の作曲家は、ジョン・ラターを除いてそうそういないだろう。新進ピアニストの内藤晃さんが、この曲を全曲録音して、ピティナ・ピアノのホームページで公開している。 春:5月の夢の歌     本当に夢の見るような愛らしさ。 夏:8月の歪んだワルツ     どこなくサティ...

吉松隆/サイバーバード協奏曲

管楽器の音は苦手で、トランペット協奏曲とかホルン協奏曲はまず聴くことがない。ジャズでも、ピアノトリオは大好きでCDもかなり集めてはいるけれど、サクソフォーンやトランペットが入ってくるカルテットやクインテットはまず聴かない。唯一の例外は、コルトレーンとエリック・アレキサンダーのサックス。コルトレーンは初期から中期くらいまでしか聴いていないけれど、バラード集とか、デューク・ウエリントンとのデュオはとて...

吉松隆/朱鷺によせる哀歌

吉松隆の音楽を初めて聴いたのは、20年以上前のNHKのFM放送。曲は《朱鷺によせる哀歌》。あまりにも美しい曲だったので、すぐに探してCDを手に入れた。井上道義指揮の新日本フィルの演奏だった。《朱鷺によせる哀歌》が収録されているCD(タイトルは『鳥たちの時代』)は、カメラータというレーベルから出ている。今はこのCDは入手困難になっている。彼の初期作品-《チカプ》《鳥たちの時代》《デジタルバード組曲》《鳥の形を...

左サイドMenu

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

タグリスト

マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

FC2カウンター

プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、ミンナール、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ

ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。

右サイドメニュー