気ままな生活

            ♪音楽と書物に囲まれて暮らす日々の覚え書♪  

Category [ ♪ ゲザ・アンダ ] 記事一覧

アンダ ~ シューベルト/ピアノ・ソナタ第21番

アンダのディアベリのCDにカップリングされているのは、シューベルトのピアノ・ソナタ第21番。シューベルトは、その心象世界がまったく異質に感じるので全然好きではないせいか、めったに聴かない。ただし、後期ソナタの最後の3曲と《3つの小品》の第1曲だけは、好きなピアニストの録音を集めていると、CDがいろいろ溜まってしまうので、例外的に何度も聴いている曲。アンダの弾く最後のソナタは、かなり変わった解釈の演奏(だと...

アンダ ~ ベートーヴェン/ディアベリ変奏曲

アンダの録音のなかで、最も好きなベートーヴェンとブラームス。残された録音は少ないけれど、演奏はいずれも素晴らしいものばかり。ベートーヴェンのスタジオ録音は、このディアベリ変奏曲だけが残っている。Auditeから出たライブ録音集には、ピアノ協奏曲第1番、ピアノ・ソナタ第7番&第28番が収録されていて、今入手できる録音はそれくらい。この《ピアノ協奏曲第1番》が素晴らしく良くて、カッチェン、ケンプに並ぶ(というか...

アンダ ~ ブラームス/ピアノ協奏曲第2番

今年最初の曲は、とりわけ好きなベートーヴェンかブラームスで。明るく伸びやかで堂々とした曲がいいなあ...となると、ピアノ協奏曲になるでしょう。ベートーヴェンなら《皇帝》、ブラームスなら第2番のコンチェルト。普通なら《皇帝》の方になるんでしょうが、この曲はあまり好きではないので、ブラームスのピアノ協奏曲の方を。ブラームスのピアノ協奏曲は第1番、第2番とも名盤がひしめく、ロマン派のピアノ協奏曲の傑作中の傑...

アンダ ~ ショパン/ワルツ集

今年最後はベートーヴェンかブラームスで...と思っていたけれど、なぜかアンダの弾くショパンのワルツを。ショパンのワルツは、ノクターンと同じく、聴くのも弾くのも好きではないので、よほどのことがない限り聴かない曲の一つ。ただし、アンダのワルツだけは、全然ワルツらしくないところが好きで、これだけは一人静かに聴きたくなる。ラスト・レコーディング ショパン:14のワルツ集(2007/10/24)ゲーザ・アンダ試聴するこのワル...

ゲザ・アンダ ~ ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第1番

ゲザ・アンダといえば、モーツァルトやバルトークのピアノ協奏曲集が知られているのだろうけれど、ベートーヴェンもいくつか録音している。ピアノ協奏曲第1番、トリプル・コンチェルト、ピアノ・ソナタ第7番&第28番、ディアベリ変奏曲など。アンダの録音は、フリッチャイと録音したバルトークくらいしか聴いたことがなく、もう少し聴いてみたいと思っていたピアニスト。まずはとても好きなベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番から...

左サイドMenu

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

タグリスト

マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

FC2カウンター

プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、ミンナール、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ

ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。

右サイドメニュー