気ままな生活

            ♪音楽と書物に囲まれて暮らす日々の覚え書♪  

Category [ ♪ ベロフ,アックス,ホルショフスキ,フェルナー ] 記事一覧

エマニュエル・アックス ~ ブラームス/ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ

レーゼルのUHQCD盤『ブラームス:ピアノ独奏曲全集Ⅲ』を聴いたせいで、久しぶりに聴きたくなったのはエマニュエル・アックスのブラームス。アックスのソロ録音のなかで好きなのは、シェーンベルクの《ピアノ協奏曲》、ベートーヴェンの《ピアノ協奏曲第4番》、それにブラームスの《ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ》。アックスは、ブラームスの《ピアノ協奏曲》と《後期ピアノ曲集》、《2つのラプソディ》も録音している。ブラ...

ベロフ ~ シューマン/クライスレリアーナ

躁鬱的な浮き沈みを感じるせいか、体質的に合わない気がするシューマンの音楽。それにしては、好きな曲と演奏はわりと多い。交響曲4曲にピアノ協奏曲・ヴァイオリン協奏曲、ピアノソロなら《クライスレリアーナ》、《幻想小曲集》、《子供の情景》、ハープのような美しい響きの《ペダル・フリューゲルのための練習曲》に、神秘的な「予言の鳥」と技巧鮮やかな「トッカータ」とか。モーツァルトやショパンよりは、好みに合う部分が...

アックス/ヨーヨー・マ/パールマン ~ メンデルスゾーン/ピアノ三重奏曲集

最近、集中的に聴いているエマニュエル・アックスのCDから、今回はメンデルスゾーンのピアノ三重奏曲集。アックスの室内楽といえば、ヨーヨー・マと録音した数々のチェロ・ソナタが有名らしい。チェロ曲は最近聴き始めたばかりなので、室内楽曲でピアニストを中心に聴くなら、ヴァイオリンソナタかピアノトリオで。Mendelssohn: Piano Trios Op 49 Op 66(2010/02/02)Yo-Yo Ma,Emanuel Ax,Itzhak Perlman試聴する(米amazon)試聴し...

アックス&ティルソン・トーマス/サンフランシスコ響 ~ ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第4番

シェーンベルクの《ピアノ協奏曲》の録音が素晴らしく良かったので、エマニュエル・アックスの録音をまとめて数枚CDで聴いてみた。そのなかで、シェーンベルク以外にとても気に入ったのが、ブラームスの《ヘンデル・ヴァリーエーション》、それにベートーヴェンの《ピアノ協奏曲第4番》。ブラームスの方は、別記事にまとめて書いておくので、ここではベートーヴェンの方を。アックスは、ピアノ協奏曲第4番を2回録音している。...

アックス&サロネン/フィルハーモニア管 ~ シェーンベルク/ピアノ協奏曲

<鎌倉スイス日記>さんの"超私的「ランキング」ピアニスト編 Vol.2 第29位"で紹介されていたのが、エマニュエル・アックス。アックスは、米国を代表するピアニストの一人...だと思うけれど、日本ではあまり人気がないらしい。キャリアも長いので、私も名前だけはよく知っているのに、アックスの録音はほとんど持っていない。そもそも名盤と言われる録音といっても、すぐには思い浮かばない。ランキングの記事を読むと、定評のあ...

ホルショフスキ ~ バッハ/平均律クラヴィーア曲集第1巻

フィッシャーの古い平均律の録音を聴いていて思い出したのが、ホルショフスキの平均律曲集。平均律は新しい録音で評判の良い録音があれば、第1集だけは聴くようにしているけれど、あまり好きではない平均律のわりに、意外にいろいろ聴いていた。第1集に限れば聴いた録音は、リヒテル、シフ、ムストネン、フェルナー、コロリオフ、ニコラーエワ(抜粋盤のみ)、ホルショフスキ、ポリーニ、グルダ、フィッシャー、グールド、アシュケ...

フェルナー ~ ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ第30番、第31番、第32番(ライブ録音)

ティル・フェルナーの2010年6月10日ウィグモアホール・リサイタルのライブ録音が、ウェブラジオで放送されていた。このリサイタルは、フェルナーが世界5都市(NY、ロンドン、ウィーン、パリ、日本)で行っているベートーヴェン・ピアノソナタ全曲演奏会の一環。今回はベートーヴェンの最後のソナタ3曲。6月7日のウィーン・コンツェルトハウスの同じプログラムのリサイタルも数日前にライブ録音が放送されていたけれど、そっちは...

フェルナー ~ バッハ/平均律クラヴィーア曲集第1巻

このところ平均律の録音をいろいろ探していて見つけたのが、ティル・フェルナーの平均律曲集第1巻。HMVやamazonのレビューが日本・米国ともとても良くて(レビューが良いからといって好みと合うとは限らないけれど)、フェルナーの平均律は、試聴しただけでそれも納得。以前は平均律曲集自体がさほど好きでなかったけれど、これは最初に買ったグルダの平均律曲集で変なイメージがついてしまったからに違いない。ポップにデォルメ...

ホルショフスキ ~ バッハ/イギリス組曲第2番

ホルショフスキーを聴くなら、やはりバッハ。ホルショフスキの教えを受けたことのあるペライアは、"he played Bach like he was composing it." と言ったという。ホルショフスキのライブ録音を集めたのが、この『バッハ・リサイタル』。ソロ・リサイタルのライブ録音は、プラド音楽祭、オールドバラ音楽祭、シャンゼリゼ劇場、カザルスホール、ウィグモア・ホールなど数種類が出ている。(すでに廃盤になっているのもある)この『...

ホルショフスキー ~ バッハ/イギリス組曲第5番(カザルス・ホール・リサイタルより)

アンデルジェフスキがライブ放送で弾いていたバッハのイギリス組曲第5番が素晴らしく良かったので、他の録音も聴いてみたくなり、そういえばずっと昔にホルショフスキーがバッハを弾いていたはず...。ラックにあったカザルス・ホールのライブ録音のCDをチェックすると、やっぱり第5番が入っていた。ホルショフスキが来日したのは、今から20年以上前の1987年。カザルス・ホールでソロリサイタルを開いたときは、チケットがすぐに...

左サイドMenu

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

タグリスト

マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

FC2カウンター

プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、ミンナール、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ

ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。

右サイドメニュー