気ままな生活

            ♪音楽と書物に囲まれて暮らす日々の覚え書♪  

Category [ ・ お菓子づくり ] 記事一覧

もち米なくても作れるおはぎ

秋と春のお彼岸にいつも作っているおはぎ。昔はご飯をよく食べていたので、赤飯やおこわ用にもち米もストックしていた。今は週2~3回しかご飯を食べなくなったので、昨年末に農家の親戚が送ってきたうるち米がまだ冷蔵庫に残っている。今もち米を1kg買っても、冷蔵庫で保管するスペースがないし、お餅を作る年末まで使う機会がない。うるち米だけでおはぎは作れるけど、今年のお正月に、お餅を加えてうるち米を炊飯したら、赤飯...

ベーキングパウダーと重曹

最近、夕食のデザートとして食べているのが、大豆粉を使った蒸しパン。マルコメの大豆粉10g、波里の米粉&小麦粉(またはライ麦粉)8g、超微粉おからパウダー2gの粉に、卵・オイル代わりのマヨネーズを少々。いつもはベーキングパウダーを1cc分(約0.9g)入れて、電子レンジ500Wで50秒ほど加熱。しっとりとした蒸しケーキ風で、もう一つ膨らみが悪い。BPは最近買ったものなので、品質劣化しているはずはない。随分昔に買った(たぶ...

シンガポールの伝統食品「カヤジャム」

ココナッツミルク、卵そして砂糖で作られるシンガポール名物の「カヤ」。日本では「カヤジャム」という名前の方がポピュラー。現地では、トーストした食パンにバターとカヤジャムをたっぷり塗って食べるのが定番らしい。甘すぎる!?それでも、やみつきになるシンガポールの“カヤトースト”たまたまカルディで「メイヤーインターナショナル シンガポールカヤ(パンダンリーフ)」がセール中だったので、お試しで購入。このカヤジャ...

お彼岸には”四色おはぎ”

春のお彼岸には、毎年仏壇とお墓に自家製おはぎをお供えしている。種類は、定番のあんこ(つぶ餡)ときなこ、それに黒ごま、青のりの4色。あんこ以外は、中に粒餡を包んでいるので、2種類の味が楽しめる。きなこと黒ごまには、少量の塩と上白糖(またはきび砂糖)を少し混ぜておく。中に粒餡をつつむので、砂糖は少しで良い。青のりには、砂糖なし。自家製おはぎは、このレシピとほぼ同じ。うるち米は、もち米と同量ではなく、全...

ミスカル

以前から興味があった「ミスカル」をカルディで購入。パッケージを見ると17種類の穀類を使った健康飲料。飲料だけでなく、パンやお菓子(クッキー、パンケーキ、クレープとか)に使えそう。「ミスカル(ミスッカル)」は、韓国ではとてもポピュラーな食品らしい。「大麦の使われ方.2~ミスッカル」韓国食材&調味料[KOREAN COOKING ジョン・キョンファ スタジオ]カルディの「ミスカル」の原材料は、「大麦、玄米、乳等を主要...

クリスピー・クリーム・ドーナツとアトキンスダイエット

ドーナツは、炭水化物と脂肪たっぷりの高カロリー食品なので、めったに食べない。たまに欲しくなる時には、糖質5g以下になるように1個を4つに分割してから、1切れだけ食べるようになってしまった。サーターアンタギーとか、オールドファッションとか、ドーナツは大好きなんだけど。さすがに、見るからに砂糖やクリームたっぷりで太りそうなクリスピー・クリーム・ドーナツは、まだ買ったことがない。成分表示を調べてみたら、一番シ...

手作りアイスのレシピ

暑いときに食べたくなるのが、アイスクリーム。アイスクリームを買うことはほとんどなくて、よく食べているのは、自家製お豆腐アイス。それに、冷凍したバナナや桃、冷凍ゆでマメに、冷凍ヨーグルトとかも。ほんの時たまアイスを買うなら(年に1~2回くらい)、井村屋の「あずきバー」。ずっと昔は、アイスクリームが大好きで、マリーのビスケットサンドアイス、アイスモナカ、ジャイアントコーンとか、毎日1個は食べていたのに、...

よもぎ粉を使ったレシピ

年に一度だけ、この時期に作るのがよもぎ入りの柏餅。子供の頃、「こどもの日」には必ず柏餅と粽(ちまき)を食べていたせいか、今でも食べたくなるので。「こどもの日」に食べる粽は、具材と調味料で味付けした中華ちまきではなく、上新粉や餅米と砂糖で作った和菓子のちまき餅のこと。”ちまきvsかしわ餅 端午の節句の定番、東西差の謎(日経新聞電子版) ”によると、「西はちまき、東はかしわ餅」。(今まで「粽」は子供用の和...

イギリスのパンケーキ”クランペット”

このところ(というか、ここ数年)、パンケーキがブームらしい。そういえば、リコッタチーズのパンケーキとか、新製品が店頭にもたくさん並んでいたし、海外の有名なパンケーキ店が日本に出店した...という記事もよく見かける。日本は空前のパンケーキ・ブーム!! なぜ、今パンケーキなのか?[GQ Japan,2013/4/3]ふわふわで美味しいパンケーキのレシピ11選[Good Answers]パンケーキの次に、ブームになっている(らしい)のが...

シリアル ~ グラノーラ、オートミール、押し麦、シナモーニ

グラノーラ最近シリアルを食べ始めたので、自家製シリアルが作れないかなあとレシピなど情報種集中。気に入っているのは、クランチシリアル。小麦粉、オート麦、ライスグリッツ、アーモンドなどに蜂蜜・砂糖などをからめて焼いたもの。朝食向けのシリアルは、コーンフレーク、オートミール、ミューズリー、グラノーラの3種類。美しい朝食(1)ミューズリーの朝食日本で人気があるのは、コーンフレークとグラノーラ。コーンフレー...

アルミフリー・ベーキングパウダー

普通のベーキングパウダーには、アルミ(みょうばん)が含まれている。アルミはアルツハイマー(認知症)との関連性があるらしく、アルミ入りのベーキングパウダーを敬遠する人もいる。アルミとアルツハイマー病との関連性に関する情報が載っているのは、「アルミニウムとアルツハイマー病の関連情報」(独立行政法人国立健康・栄養研究所【健康食品の安全性・有効性情報】)「アルミとアルツハイマー病」(よくわかる「アルミニウ...

自家製ホットック

もち米ホットックミックス韓国で人気のおやつ(らしい)ホットック。たまたまイオンで「ホットックミックス」という輸入品を見つけて、もちもちして美味しそうな感じだったので、買ってみた。作り方は、封入されているミックス粉とドライイースト、水を混ぜて、しばらく捏ねるだけ。発酵させる時間もいらず、「おやき」のように、小さく円形に伸ばした生地の真ん中に、ジャムミックス(粉末シロップ。加熱するとシロップ状になる便...

生クリームを使わないトリュフ

生チョコトリュフは生クリームが必要なので作ったことはないけれど、生クリーム不使用のレシピを探してみると、牛乳、お豆腐、ヨーグルトを使って簡単にできるらしい。❤材料2つで★ロイズ風生チョコ❤ [Coookpad]牛乳を使うと、失敗したとか、柔らかすぎた...というつくれぽがちらほら。『チョコ:牛乳=2:1』では、かなり柔いらしい。硬い方が良いなら、牛乳を減らした方が無難。お豆腐deヘルシー★やわらかトリュ...

キャラメリゼ

冬に生の果物を食べると体が冷えるので、電子レンジで加熱して温めて食べたり、キャラメリゼにしてデザート風に。キャラメリゼのコツを実演で教えてくれるのが、「たかシェフのバナナのキャラメリゼ」。ブログ記事はこちら。パイナップル、桃でも作り方は同じ。ブログ<たかシェフのおうちごはん。>には、写真付きで作り方がたくさん載っている。梨とりんごでも美味しいキャラメリゼができる。トロトロにしたいのなら、あらかじめ...

お手軽ワッフルメーカー

ワッフルメーカーを買おうと思って情報収集中。人気があるのは、やっぱりビタントニオ。新型モデルと旧型モデルがあって、サイズ、デザイン、カラー、付属プレート、価格と、かなり違うところが多いので、悩ましいところ。それほど使いこんでいないのに故障したとか、部品が壊れたとかというレビューをときどき見かけるので、壊れやすいのかもしれないところがちょっと気になる。修理すると新品を買った方が安かったりすることもあ...

いろんな粉で作るロールケーキ生地

簡単!米粉(上新粉)のロールケーキ生地ロールケーキに使う小麦粉は、普通は薄力粉なんだろうけれど、試しに上新粉で作ってみたら、だまにもならず、焼き上がりのきめが細かくてしっとりしゅわしゅわな食感。このレシピは卵、砂糖、上新粉だけで作れて、工程もとても簡単。粉が少ないので、卵の味が強め。あまり上新粉が多いと、小麦粉と違って、生地が重たくなりそうなので、これくらいが限度かも。卵はハンドミキサーで共立て、...

”あんずボー”の季節

暑くなったせいか、カルディコーヒーファームの店頭に、あの”あんずボー”が置いてあるのを発見。昨年、生まれて初めて食べた”あんずボー”。あんずの甘酸っぱい味がとっても気に入って、冷凍庫にいつもストックしていたのに、秋になるとカルディの店頭から消えてしまって、とっても残念だった。首都圏では、昔から定番駄菓子の一つなので一年中売っているらしい。関西では珍しい駄菓子なので、カルディでは夏だけの限定販売。今年は...

手作りポップコーン

たまたま、手作り用ポップコーンのパッケージをスーパーの棚で見かけたので、面白そう~と思って買ってみて、早速ポップコーンづくり。ポップコーンを作るのに使うコーンは、爆裂種というコーン。普段食べているスイートコーンでは、ポップコーンにはならないらしい。コーンは1袋150g~200gが80円~100円くらいなので、5回~10回分くらいは作れる。家庭用のポップコーンメーカーというのも出回っているらしく、数千円くらいするも...

手作り干し芋&いも甘納豆

今年の冬、初めて手作りにトライしたのが、ゆずジャム、燻製(卵、お豆腐、etc.)、それに、干し芋とお芋の甘納豆。どれも、実際に作ってみると、意外に簡単で、そう大きな失敗はせずに、美味しく出来上がり。事前に作り方の情報をインターネットで調べたり、経験者にアドバイスをもらったりしたので、やはり準備は入念りにするに限る。自家製干し芋の作り方さつまいもは特に好きなお野菜なので、毎日食べても全然飽きない。冬はさ...

あんずボー

近所にあるイオンショッピングセンターにあるカルディ・コーヒーファームは、世界の輸入食材に加えて、ちょっと珍しい和菓子を置いていて、よく立ち寄るお気に入りのお店。夏になってから、「あんずボー」というお菓子が棚に並んでいる。これは生まれて初めて見たお菓子。凍らせて食べるようにとパッケージに書いているので、子供の頃によく食べていた「チューチュー」(という名前だったような)の杏ジュース版みたいなもの?「チ...

乳製品&卵を使わない手作りアイス

アイスバナナ 手作りアイスといえば、一番簡単なのがアイスバナナ。バナナの皮をむいて、何等分かに切り分けて、サランラップでくるんでから冷凍庫で凍らせるだけ。硬いシャーベット状の食感なので、冷凍庫から出してすぐに食べられるという手軽さで、数本常備している夏の必需品。桃を同じように冷やすとシャーベット風になるらしいけれど、桃はそのまま食べた方がジューシーで美味しいので、まだ試したことはありません。 大豆ア...

柏餅と粽(ちまき)の手作りレシピ

子供の日といえば、柏餅と粽(お菓子のちまき。中華ちまきではなくて)は定番のお菓子。両方とも蒸し器や電子レンジ、ホームベーカリーとかを使えば、簡単に手作りできてしまう。和菓子屋さんの手作りしたものよりは、食感とかがあまり良くないかもしれないけれど、メーカーの工場で作ってパックで売っている市販品の方は、いろんな添加物が入っているしあまり美味しくもない。材料さえあれば、多少コネる作業に労力はかかるけれど...

クックパッドの”パンとお菓子のレシピ”

レシピを探すときは、いつもクックパッドで検索して、人気のあるレシピや面白いそうな材料・作り方が載っているレシピを中心にブラウザの<お気に入りに>に登録している。まめに登録していると、数百件もレシピがたまって、ジャンルごとにフォルダにまとめておいても、どれがどのレシピなのかすぐにわかる状態ではなくなってしまった。特に良く作るレシピはプリントアウトして、キッチンのラックにマグネットクリップでまとめて留...

とっても簡単ベイクドチーズケーキ

チーズケーキを作るとなると、材料を揃えるのが結構手間。クリームチーズに生クリームかヨーグルト、卵、砂糖、薄力粉にレモン汁を使ったレシピが一般的。この材料だと、良く使うレシピは あっとゆーまに!ベイクドチーズケーキ♪。生クリームの代わりに、ヨーグルトを使ってもできるので、カロリーやコストを考えれば、ヨーグルトの方が便利。クリームチーズの箱にのっているレシピとか、いろんな人が作っているレシピは生クリー...

油で揚げないポテトチップス

ポテトチップスというと、普通は油で揚げているので、1袋分のポテトチップスを平らげると、カロリーたっぷり。大量の油を使って揚げるとトランスファット脂肪酸もバカにならない。そこで油で揚げないポテトチップスを考案したのが、大分県の「ユニバースフーズ」という会社。ジャガイモを油で揚げず、遠赤外線で加熱してポテトチップスにするという技術で、2009年度九州地方発明表彰の九州経済産業局長賞をもらったそう。国内特許...

バターが在庫過剰に

朝日新聞のニュースサイトで、”バター余って困った 不足騒動から一転…”(8/18)という記事が載っていた。去年はバター不足で大騒動していたことを考えれば、状況が180度変わってしまったらしい。原因は主に3点。1)不況でバター需要が減少(高級洋菓子向けなど)2)家庭用は安い低脂肪牛乳が売れているので、余分な脂肪分がバター生産に回っている。3)業務用バターよりも安いマーガリンを使う業者が増えている。業務用に...

わらびもちを手作りするには

夏の和菓子といえば、水ようかん、ところてん、みつ豆、わらび餅、etc.どれもわりと簡単に手作りできるけれど、一番簡単なのはわらび餅でしょう。関西だと、夏にはわらび餅粉が簡単にスーパーなどで手に入る。東京に住んでいたときは、わらび餅粉がなかなか見当たらなくて、もしかしてわらび餅は関西名物の和菓子なのかとも思ったくらい。そのときはネット通販を使っていなかったので、片栗粉で代用。わらび餅は、本わらび餅粉を使...

黒胡麻・白胡麻の使い途

冷蔵庫にストックしている食材で、一番使い途に困るのが胡麻。黒胡麻、白胡麻とも、100g単位で買っているので、賞味期限切れが近くても、結構、大量に残っている。こういうときは、胡麻を使ったパンやお菓子を作れば、あっという間になくなります。黒胡麻は甘みがあるので、特にパンやお菓子に向いています。白胡麻を使っても味や風味が多少は変わるでしょうが、食べれないことはないはずです。白ゴマパンはベーカリーショップでも...

アガーでつくるゼリー

ベジタリアンにとっては、ゼラチンの代用品として便利なのが、アガー。寒天も代用になるけれど、アガーの方がゼラチン製ゼリーの食感により近い。コストも寒天よりはずっと安い。アガーにもいろいろ種類はあって、私が愛用しているのは、「パールアガー8」。富岡商店のオンラインショップで500g1400円弱で売っている。湿気や温度に気をつけて保存すれば、2年くらい使える。500ccのゼリー液に対して、アガーを12gくらい使うとする...

お豆腐入りカップケーキ

たまたまCOOKPADで見つけた「お豆腐入りカップケーキ」のレシピ。材料は、お豆腐(絹こし)300g、小麦粉100g、お砂糖30gだけ。水気が多くて、あまり膨らまないような気がしたので、ベーキングパウダー(アルミフリー)を小さじ1入れて、小麦粉も20gほど追加。お豆腐を水切り・裏ごしして、小麦粉・お砂糖(+ベーキングパウダー)とサクっと混ぜる。シリコンカップ4つに入れて、200℃で20分くらい焼く。かわいいカップケーキが出来...

アガーの使い方の注意点

ゼラチンは豚を材料にしているので使っていないが、プリンやゼリーを作るときには凝固剤が必要になるので、代替品として海藻を原料とするアガーを使っている。アガーといっても、イナアガー、クールアガー、パールアガー、エースアガーといろいろな商品がある。私が使っているのは、パールアガー。富澤商店で500g1300円くらいで売っている。パールアガーよりもエースアガーの方が、寒天に近い食感になる。原材料と成分の違いによっ...

バターが店頭から消えたら

酪農家の苦境乳価をメーカーがあげてくれないので、酪農家の廃業が相次いでいる。メーカーが増産したので、バターは一時の品不足状態は解消したが、年末はバター需要期。国がバターを緊急輸入をする(した)らしいが、どうなることか。飼料や燃料の高騰が続いているが、実に今春の乳価の値上げは30年ぶりに実現したそうだ。(それにしては、牛乳の店頭価格が30年前と一緒とは思えないが...。)牛乳の店頭価格が春先に10円だけしか...

パールアガー

この前買ったパールアガーを使ってココナッツミルクプリンを作ってみた。今までは、温度計がなかったため、作ることができなかったが、昨日合羽橋でデジタル温度計を買ったので、ようやくアガーを試してみた。パールアガーの使い方アガーは必ず砂糖と一緒に粉の状態で良く混ぜておかないと、だまになるらしい。アガーは液の3%の重量を使ってみる。これだとかなり硬めに仕上がるようだ。一度作ってみて、使用量の見当をつけること...

ういろう(外郎)

ういろうは漢字で「外郎」と書く。なんで外郎と書くのかは不思議だったが、”TOPPY.NET 名古屋と東海3県の総合情報”「ういろう裁判」に、外郎の名前の由来が出ていた。諸説はあれど、下郎は中国から伝わった薬。来日した中国人が作った「外郎透頂香」を小田原の行商人が売り歩いていたが、これを外郎売りと言った。その薬と一緒にお菓子を売っていたところ、現在ではお菓子の方が有名になった、ということらしい。名古屋の名物かと...

お豆腐を使ったお菓子

新陳代謝も下がってきて、カロリーに敏感にならざるをえないので、生クリーム・バターを使わないお菓子を作るのに凝っている。代替材料は、お豆腐、おから、ヨーグルトあたりが使い良い。特にお豆腐を使ったお菓子は食感も滑らかで美味しく出来上がる。お豆腐は、フープロならすぐにクリーム状になる。これを生地に入れれば、ちゃんとしたお菓子が出来上がるから不思議。お菓子用のお豆腐は、高級豆腐よりそこらの安いパックのお豆...

片栗粉を使ったお菓子

片栗粉はスープのとろみを出すときに良く使うが、お菓子を作るのにもとても便利な粉今まで作ったお菓子は片栗粉のわらびもち風普通はわらびもち粉で作るが、無いときには片栗粉でも代用できる。元は村上祥子さんもレシピ。手元に本がなかったので、ネットでレシピを探したら見つかった。電子レンジで3分もあれば、出来上がり。固さの加減が結構難しい。わらびもちよりもコシが強くて、弾力がある。やっぱりわらびもち粉で作った方...

片栗粉ケーキ

豆腐ハンバーグを作った時に、卵が半分余ってしまった。冷蔵庫で保存してもいたみそうなので、小さな片栗粉ケーキを作ってみた。片栗粉50g、卵25g、砂糖20gくらい、ベーキングパウダー小さじ半分を一緒に混ぜる。本当は卵と砂糖を先に混ぜないといけなかったらしい。おかげで、ぽろぽろとした粉状になってしまった。やむなく、スキンミルクをお湯で溶いて30ccくらい水分を補給。これで、ドロドロとした生地になってくれた。オーブ...

砂糖の中毒性

以前インシュリンダイエットの本を読んだときに、砂糖は精製したもの=白い砂糖ほど、体内への吸収が高くて、太る原因になる、と書いてあった。それ以外、上白糖、グラニュー糖は使わず、ほとんど三温糖、はちみつを使っている。※後で調べたら、三温糖は上白糖の精製過程で最後に残ったもので、精製度が低いというのは誤り。製造過程は白砂糖とほぼ同じ。白砂糖というよりヘルシーというのは俗説ということ。物販サイトに書いてあ...

シナモンパウダー

このごろは朝食にシナモントーストばかり食べている。この前はピザトーストが続いていたので、今度は甘いトーストに。お茶は、東ティモール産コーヒー。シナモントーストがちょっとスパイシーなので、チャイよりも、まろやかな味の東ティモールコーヒーの方が相性がいい。シナモンは年末に新宿クオカで買ったGABANのシナモンパウダーを使っている。近所のスーパーでは、S&Bのシナモンパウダーが100円で売っていたが、どっちが美味...

ふっくらフレンチトースト

最近、なぜかフレンチトーストが無性に食べたくなる。このところたて続けに読んでいるケンタロウの料理本に載っていたフレンチトースト。それがやたら美味しそうだったせいのような気がする。フレンチトーストは大体土曜日か日曜日に作る。お休みの日のブランチには、ちょっとだけ手間のかかるフレンチトーストで、のんびりしたいから。卵1個、無調整牛乳50ccとお砂糖をミニホイッパーで混ぜて、後は鋳鉄のフライパンでじっくり焼...

豆腐ばななケーキのカロリー

今日のデザートは、黒ゴマときなこの入った豆腐ばななケーキ。これで3日連続食べているけど、食べれば食べるほど、美味しい。バターも生クリームの入っていないので、カロリーはとっても低い(はず)。材料は、豆腐300g(170kcal)、バナナ2本(多分130gくらい)(120kcal)、黒ゴマ(120kcal)ときな粉(90kcal)が各20g、卵1個(70kcal)と三温糖40g(150kal)。せいぜい400~500kcalくらいだろうと思ったが、積算すると720kcal...

アルミニウムフリーのベーキングパウダー

フライパンを買うときに、アルミ製は健康に良くない、アルツハイマーの原因の一つになっている、というブログをいくつも見た。アルミ製のものはもとから持っていないので、気にも留めなかったが、ベーキングパウダーに実はアルミニウム(みょうばん)が入っているのを初めて知った。日本アルミニウム協会のホームページでは、アルミと健康とくにアルツハイマー病との関係についての情報提供をしている。「アルミニウムと健康 Q&...

お菓子づくりの効用

自分でお菓子を作ることの利点を考えてみた。1.カロリーコントロールができる。   市販のお菓子のカロリーは馬鹿にならない。   ケーキ1個で400kcal前後はある。ポテトチップスやかりんとう1袋は500kcal前後。   カロリーをカットするには、バター、生クリームを使わない。   とうふ、おから、ヨーグルトなどの代替材料を使う。   砂糖、油分の分量を減らすなど。   カロリーダウンの工夫の余地はたくさんある...

左サイドMenu

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

タグリスト

マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

FC2カウンター

プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、ミンナール、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ

ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。

右サイドメニュー