気ままな生活

            ♪音楽と書物に囲まれて暮らす日々の覚え書♪  

Category [ ♪ クリストフ・エッシェンバッハ ] 記事一覧

メンデルスゾーン/無言歌集(全曲盤と抜粋盤)

メンデルスゾーンの《無言歌集》のCDを買いたいので、レビューの多い録音や知っているピアニストの録音をいろいろ試聴。抜粋盤の録音多数。そのなかでは、昔の定番がギーゼキング、シフとペライアも録音している。日本で人気があるのは田部京子。全曲盤の方は、定番らしいのはバレンボイム。意外なことにエッシェンバッハの録音もある。全然知らないピアニストのイルゼ・フォン・アルペンハイムも人気があるらしく、ダニエル・アド...

エッシェンバッハ『モーツァルト/ピアノ・ソナタ全集』

エッシェンバッハの弾くモーツァルトのピアノ・ソナタに強く魅かれるものを感じたので、珍しくもモーツァルトのCDを買う気になって、早速試聴。分売盤を1枚買うつもりだったけれど、全集盤もついでに試聴していると、子供の頃によく練習した曲がいくつも入っている。数十年昔のことがとても懐かしく思えてしまったせいか、つい全集盤の方を買ってしまった。エッシェンバッハのピアノ・ソナタ全集は、2種類の輸入盤が出ている。私が...

「クリストフ・エッシェンバッハがみずからの言葉で語る」

エッシェンバッハの公式ホームページは、<年譜および写真>情報が日本語訳にもなっているので、エッシェンバッハの生い立ちから、ピアニスト、そして指揮者となった道筋がよくわかる。エッシェンバッハの若い頃のショパンやシューベルトを聴いた評論家のなかには、こんなピアノを弾いていたらそのうちピアノを弾けなくなってしまう....とか心配した人もいたらしい。その後、もともと指揮者を目指していたエッシェンバッハは、ピア...

エッシェンバッハの弾くモーツァルト

エッシェンバッハのベートーヴェンとシューマンに引き寄せられてしまったので、珍しくもモーツァルトの試聴ファイルをいくつか聴いてみた。ピアノ協奏曲第23番の緩徐楽章の寂寥感や、陰翳の濃いピアノ・ソナタK331(トルコ行進曲付)とか、やはりベートーヴェンやシューマンと同じく、エッシェンバッハのモーツァルトは普通に聴くような軽快で明るく優美なモーツァルトとは違っている。長調の明るく軽快な曲でも、静けさが漂い、ど...

エッシェンバッハ ~ シューマン/子供の情景

エッシェンバッハのピアノ作品の録音で有名なのは、ショパン《前奏曲集》と《練習曲集》、それにシューベルト《ピアノ・ソナタ第21番》。『エッシェンバッハ名演奏集/Early Recordings』に収録されているシューマンの《子供の情景》も、それに同じくらいに陰翳と孤独感に彩られている。好きではないシューマンとはいえ、「トロイメライ」は子供の頃によく練習したし、《子供の情景》ならそれほど感情の浮き沈みが激しくないので、...

クリストフ・エッシェンバッハ ~ ベートーヴェン/ピアノ・ソナタとバガテル

今は演奏活動の中心が指揮者となっているクリストフ・エッシェンバッハは、もともとはピアニスト。若い頃に、ショパン・ベートーヴェン・モーツァルトなどのピアノ作品や、バイエル・ツェルニーといった教則本に載っている練習曲を多数録音している。その中でも、とりわけ異彩を放つと言われているのが、ショパンの《練習曲集》《前奏曲集》とシューベルトの《ピアノ・ソナタ第21番D960》と言われている。そういえば、ショパンの《...

エッシェンバッハ ~ ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ第32番

クリストフ・エッシェンバッハは今ではピアニストとしてではなく、指揮者としての活動が中心になっているせいか、最近は彼のピアニストとしての新しい録音はりリースされていない。指揮者として録音した曲はいくつか聴いているが、ピアノ曲はこのベートーヴェンの後期ソナタ集くらい。CD2(第31番、第32番、バガテルOp.126)から聴き始めたが、思いもかけないくらいの素晴らしさ。とりわけ、第32番のピアノ・ソナタは、独特の解釈...

左サイドMenu

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

タグリスト

マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

FC2カウンター

プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、ミンナール、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ

ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。

右サイドメニュー