気ままな生活

               ♪音楽と本に囲まれて暮らす日々の覚え書♪  

Category [   ・・ SF,宇宙探検 ] 記事一覧

アレン・スティール 『Captain Future: The Horror at Jupiter』(2)読みどころ

(アレン・スティール 『Captain Future: The Horror at Jupiter』(1)あらすじの続き)Captain Future: The Horror at Jupiter ペーパーバック(2021/9/8)Allen Steele[注意!以下にストーリーの細部、結末が書かれています]<読後感>全4巻のなかで話の展開が一番スピーディで、登場人物も一番多く、舞台も次々に移り変わり、Solar Guardの戦艦とDBBとのささやかな宇宙戦もある(全然白熱しないけど)。全ての伏線が回収さ...

アレン・スティール 『Captain Future: The Horror at Jupiter』(1)あらすじ

クリスマス頃に発売されるものだと思っていたアレン・スティールの『Captain Future: The Horror at Jupiter』が9月8日に発売されていた。発売日の1週間後に見つけたので、すぐに注文。amazonが日本で印刷したペーバーバックが注文日翌日に到着した。速い。Captain Future: The Horror at Jupiter ペーパーバック(2021/9/8)Allen Steele<目次>InterludeThe Horror At JupiterHow The Galaxy Was WonAfterwordAbout the Author...

アレン・スティール 『Captain Future: 1,500 Light Years from Home』

3月19日に発売されたアレン・スティールの”キャプテン・フューチャー”シリーズ最新刊『1,500 Light Years from Home』。"The Return of Ul Quorn"全4巻中の第3巻。1年近く発売を待ち続けていたので、ペーバーバック版をすぐに購入。219頁で1100円くらいで、このシリーズは全て厚手のコピー用紙のような紙を使い、amazonが日本国内で印刷している。普通のペーパーバックとは違って、オンデマンド印刷みたいな本。Captain Future: 1,...

ネヴィル・シュート『渚にて』 ~ 旧訳と新訳(3)

渚にて―人類最後の日 (創元SF文庫)(1965/9/1)ネヴィル・シュート (著), 井上 勇 (翻訳)渚にて【新版】 人類最後の日 (創元SF文庫)(2020/5/26)ネヴィル・シュート (著), 佐藤 龍雄 (翻訳)---------------------------------------------------------(旧訳280頁)モイラは、アンクル・サムには知れっこないと、口まで出かけたがやめた。(新訳318頁)モイラがアンクル・サムの意味を理解したかどうかはわからないが、(原文)Sh...

ネヴィル・シュート『渚にて』 ~ 旧訳と新訳(2)

渚にて―人類最後の日 (創元SF文庫)(1965/9/1)ネヴィル・シュート (著), 井上 勇 (翻訳)渚にて【新版】 人類最後の日 (創元SF文庫)(2020/5/26)ネヴィル・シュート (著), 佐藤 龍雄 (翻訳)---------------------------------------------------------(旧訳30頁)「あなたには、まだ、なにも通告がないのですか?」「ひとことも。出港命令を知るのは、艦長が一番最後ということになっているらしいです。」(新訳34頁)「そうする...

ネヴィル・シュート『渚にて』 ~ 旧訳と新訳(1)

ネヴィル・シュート『渚にて』(創元SF文庫)の新訳を読んでいたら、明らかに論理的におかしいと文章がいくつも見つかる。(amazonのレビューでも誤訳が多いというコメントがある)該当箇所を原文(英文)で確認するとやはり誤訳だった。そのまま普通に訳せばよいところを、ひねって考えて誤訳したり、辞書で確認せずに適当に訳していると思えるような訳文があるし、その矛盾する訳文の辻褄合わせに原文にない訳文を付け加えたりし...

ネヴィル・シュート『パイド・パイパー  自由への越境』

レビューを読んでいてとても面白そうだったので、早速読んだネヴィル・シュート『パイド・パイパー  自由への越境』。小説が書かれたのは第2次世界大戦中の1942年で、ドイツ軍が侵攻してきた1940年5月~6月のフランスが舞台。「フランスの田舎道でパンクのため立ち往生したバスは、ドイツ軍の機銃掃射を受けて動けなくなった。これから先は歩くしかない。老イギリス人は、やむなくむずかる子供たちの手を引いた。故国を目指して...

ネヴィル・シュート『渚にて』 ~ 小説と映画

数十年ぶりに再読したネヴィル・シュート『渚にて』。新訳は旧訳よりも活字が大きく字体も見やすい。文体も大きく変わっていて、特に会話文が現代的で自然なので、昔よりも読みやすくなっている。旧訳のレトロな文体も独特の味わいがあり、特にメアリーやモイラの話し言葉は上品で瀟洒ているけど、ひと昔前の小説を読んでいるような古めかしさは感じる。ところが新訳には意味不明な訳文がいくつも出てくる。旧訳と原文で確認すると...

エドモンド・ハミルトンの短編集

エドモンド・ハミルトンの短編集は、日本語の独自編集版が昔から何回も出版されている。大体読んだけど、今て持っているのは『フェッセンデンの宇宙』(河出書房文庫)と『反対進化』(創元SF文庫)の2冊。収録作品の重複がないので、この2冊を読めば、ハミルトンの多彩なアイデアとストーリーの面白さがたっぷり楽しめる。[注意!以下、ストーリーのあらすじ、結末が書かれています]短編集『フェッセンデンの宇宙』(河出書房...

アレン・スティール『Captain Future:The Guns of Pluto』

アレン・スティールのキャプテン・フューチャーシリーズ第2作『The Ruturn of Ul Quorn』の第2巻は『The Guns of Pluto』。amazing stories誌には掲載されず、ペーパーバック(とkindle版)で4月29日に発売。第1巻『Captain Future in Love』と体裁・紙質が同じで、輸入本ではなく日本で印刷されている。タイトルの”Gun”は米国口語で"gunman”(犯罪者やテロリストで銃を携えたもの、殺し屋)を指すので、題名は”冥王星の殺し屋...

アレン・スティール 『Captain Future:Captain Future in Love』

アレン・スティールのキャプテン・フューチャー小説第1作『Avengers of the Moon』(創元SF文庫『新キャプテン・フューチャー/キャプテン・フューチャー最初の時間』)に続く第2作は、全4巻構成の『The Return of Ul Quorn』。第1巻『Captain Future in Love』(恋に落ちたキャプテン・フューチャー)と第2巻『The Guns of Pluto』(冥王星の殺し屋)が発売されている。『Captain Future in Love』は、amazing stories誌の20...

アレン・スティール『新キャプテン・フューチャー/キャプテン・フューチャー最初の事件』 【翻訳の問題点(6)】

キャプテン・フューチャー最初の事件 (新キャプテン・フューチャー) (創元SF文庫)(2020/4/30)アレン・スティール (著), 中村 融 (翻訳) 【PART SIX: Fire on the Mountain/ EPILOGUE: The Coming of the Futuremen】1)文法/語義の点で明らかな誤訳司令室では、万事がきびきびと静かに進行した」(原文:In the control room, everything was quiet efficiency.) ⇒ 直訳しただけなので、正確な意味合いを訳出していない(ニュア...

アレン・スティール『新キャプテン・フューチャー/キャプテン・フューチャー最初の事件』 【翻訳の問題点(5)】

キャプテン・フューチャー最初の事件 (新キャプテン・フューチャー) (創元SF文庫)(2020/4/30)アレン・スティール (著), 中村 融 (翻訳) 【PART FIVE: The Search for the Magician】1)文法/語義の点で明らかな誤訳「イイクが...尻尾を前後に勢いよくふった」(原文:Eek whined impatiently, his tail thrashing back and fortho. ) ⇒ "back and forth"なので、文字通り直訳して「前後に」と面白い訳をしている。 "back and fo...

アレン・スティール『新キャプテン・フューチャー/キャプテン・フューチャー最初の事件』 【翻訳の問題点(4)】

キャプテン・フューチャー最初の事件 (新キャプテン・フューチャー) (創元SF文庫)(2020/4/30)アレン・スティール (著), 中村 融 (翻訳) 【PART FOUR: The Photon Express】1)文法/語義の点で明らかな誤訳「彼がはじめて惹かれた女性はさておき」(原文:Not to mention to the first to whom he's ever had any attraction. ) ⇒ 文脈は、オットー「カートが女性と一緒にいた経験がほとんどなく、挨拶以外では女性と出会ったの...

アレン・スティール『新キャプテン・フューチャー/キャプテン・フューチャー最初の事件』 【翻訳の問題点(3)】

キャプテン・フューチャー最初の事件 (新キャプテン・フューチャー) (創元SF文庫)(2020/4/30)アレン・スティール (著), 中村 融 (翻訳) 【PART THREE: The Senator of the Lunar Republic】1)文法/語義の点で明らかな誤訳「(いまの持続時間ではこの距離を踏破できないし、たとえできたとしても、)発見や逮捕につながる不測の事態を予見できないという事実は残る」」(原文: the fact that he couldn't see practically guarant...

アレン・スティール『新キャプテン・フューチャー/キャプテン・フューチャー最初の事件』 【翻訳の問題点(2)】

キャプテン・フューチャー最初の事件 (新キャプテン・フューチャー) (創元SF文庫)(2020/4/30)アレン・スティール (著), 中村 融 (翻訳) 【PART TWO: Twenty Years Before】1)文法/語義の点で明らかな誤訳「兵士が殺されるやいなや送り返されるなら、戦争には決して負けない」(原文:If they could replace troops as fast as they were killed, they'd never lose a war.) ⇒誤訳の上に、論理的にもおかしい。殺された兵士は後...

アレン・スティール『新キャプテン・フューチャー/キャプテン・フューチャー最初の事件』 【翻訳の問題点(1)】

キャプテン・フューチャー最初の事件 (新キャプテン・フューチャー) (創元SF文庫)(2020/4/30)アレン・スティール (著), 中村 融 (翻訳) 文庫版を読んだ時、英文とは違う表現がいくつかあったので、ペーバーバック半分ほどの頁で英文と照らし合わせてみると、(文法・語義・用法を辞書やオンライン辞書で確認した結果)私の解釈が正しいとすれば、誤訳や意味の異なる意訳に変な日本語表現などが思った以上に多い。(それに、原文49...

アレン・スティール『新キャプテン・フューチャー/キャプテン・フューチャー最初の事件』(創元SF文庫)

アレン・スティールの<新キャプテン・フューチャー>シリーズ第1作『キャプテン・フューチャー最初の事件』が創元SF文庫から4月30日に発売。半年前に見つけたペーパーバック(原題『Avengers of the Moon)で読んで、とっても面白かった。わかりにくかった部分("the writing is on the wall"、"no pun intended"など)がどう翻訳されているか確認したいし、日本語はスピーディに読めるので文庫版も購入。でも文庫版の会話文の文...

太陽系旅行ガイドブック

もともと旅行には全く興味がない私は、(自粛しようがしまいが)ゴールデンウイークでもいつもの生活と変わらず、本と音楽相手に過ごしている。でも、もし数百年後に生まれていて宇宙旅行が一般的になっていたら、宇宙船に乗ってあちこち旅行しているかも。その時代でも太陽系内くらいしかまだ旅行できない気はするし、現時点で系内探査衛星から送られてきた惑星・衛星の写真やデータを見れば、地球みたいに北から南まで景色の美し...

クリストファー・ナトール『女王陛下の航宙艦』

宇宙船SFを探していて見つけたクリストファー・ナトール『女王陛下の航宙艦』(全3巻)。老朽化した英国の航宙艦<アークロイヤル>と70歳を超えて少々くたびれたアルコール依存症気味のスミス艦長、貴族のコネでアークロイヤル艦長の座を狙ったところが上手くいかずに副長に収まったフィッツウィリアムズ、予備役で投資会社に勤めていたところを招集されて戦闘艇部隊司令官に任命されたシュナイダーがメインの主人公。さらに...

ジョー・ウォルトン『図書室の魔法』

”ヒューゴー賞・ネビュラ賞・英国幻想文学賞を受賞したSF&ファンタジー大好きな15歳の女の子の日記”という紹介で興味を魅かれた『図書室の魔法』。人物設定やストーリーが面白く、文体も読みやすく、上下巻を一気にに読んでしまった。本文中で言及されている本が百数十冊。どちらかというと、ファンタジー本の方がSFよりもウェートが高い。それに一部の本を除いて、大半は題名だけか、ほんの数語のコメントだけで紹介されている...

ラリイ・ニーブン『リングワールド』『リングワールドふたたび』

ラリイ・ニーヴンの代表作<リングワールドシリーズ>は、4作品が日本語版で出版されている。本当に最後の完結編になるのは、未翻訳の”Fate of Worlds”。読みたい気はかなりするけど、これはパペッティア人の世界を描いた<Fleet of Worlds>シリーズ(未翻訳)の完結編も兼ねているので、そっちも読まないと登場人物もストーリーもよく理解できない気がする。<Fleet of Worlds>シリーズの翻訳が出たら嬉しい。<ノウンスペース...

ラリイ・ニーヴン短編集『無常の月』(日本版)、『中性子星』

映画化を機に日本で独自編集された短編集『無常の月』が結構面白かったので、最近いろいろ読んでいるラリイ・ニーヴン。随分昔にオリジナル版の短編集『無常の月』を買って読んだことがあり、<ノウンスペースシリーズ>がほとんど入っていなかったせいか面白いとも思えなかったので、数年前に処分してしまった。ハヤカワSF文庫のニーヴン作品は日本版『無常の月』以外は、全て絶版状態。図書館で10冊くらい借りて読んでみたら、...

太陽系図鑑・解説書

宇宙創成論や太陽系外宇宙よりも、太陽系内の惑星・衛星について知りたくなったので、今は写真集や解説書をいろいろ買い込んでいるところ。最初に買おうかと思ったのがナショナルジオグラフィック日本版の『ビジュアル 宇宙大図鑑』。太陽系に関する情報が写真・図表とも豊富で、構図や見せ方のセンスが良い。完売で在庫切れのため、結構高い中古本しか手に入られない。冒頭の宇宙開発に関する部分が多く、この部分はあまり関心が...

宇宙図鑑・写真集

SF小説をまた読み始めたので、最近頭の中が”宇宙”モード。オンラインニュースや<sorae 宇宙へのポータルサイト>で宇宙の写真がいろいろ出てくるので、写真集が欲しくなってきた。高橋典嗣著『138億年の宇宙絶景図鑑』(ベスト新書)は、コンパクトながらも220頁の半分くらいがカラーの写真や想像図が満載でとても綺麗。残り半分の頁は解説文で読み物としても勉強になるのですぐに購入。写真が綴じしろ部分に埋もれているのは新書...

アレン・スティール 『Avengers of the Moon』(キャプテン・フューチャー小説) 

エドモンド・ハミルトンの<キャプテン・フューチャー全集>は何度も読んだけどまだ読み足りないので、スタートレック小説みたいにファンやプロの小説家が書いたオリジナル小説が読みたい。ハミルトン没後に発表されたキャプテン・フューチャーのオリジナル小説は、翻訳者の野田昌宏が書いた『風前の灯!冥王星ドーム都市』(創元SF文庫の『キャプテン・フューチャー全集』に収録ずみ)があるくらい。これはSFマガジンに掲載された...

ロバート・J. ソウヤー 『スタープレックス』

図書館でたまたま見つけた ロバート・J. ソウヤー 『スタープレックス』。2回読んでもまだ読みたいくらいに気に入ったので、久しぶりに(数十年ぶり)に、スタートレックとキャプテン・フューチャー以外のSF小説を買ってしまった。タイトル見たときは、”スタートレック”のパロディ?かと思ったけど、まともな宇宙探査船のお話。最近のハヤカワSF文庫の宇宙船物には、タイトルを見る限り、侵略目的の異星人との艦隊同士の大宇宙戦...

エドモンド・ハミルトン 『キャプテン・フューチャー全集』(創元SF文庫)

amazonで検索していたら、偶然にもエドモンド・ハミルトンの『キャプテン・フューチャー』シリーズが創元SF文庫から全集として復刻されているのを見つけた。SFに限らず小説類をほとんど読まなくなってから、新刊情報をチェックしていなかったので、出版されているのを全然知らなかった...。伝説の奇想SF作家エドモンド・ハミルトンの傑作スペース・オペラ 〈キャプテン・フューチャー〉全20作+短編集1冊が創元SF文庫から刊行...

ヘンリー・クーパーjr.著 『アポロ13号 奇跡の生還』

立花隆の『ぼくはこんな本を読んできた』は、彼の読書に対する考え方や読書術がいろいろ書かれていて、これは読書論のなかではかなり面白く読めた本。この本に限らず、彼の政治・時事もののルポルタージュはどれを読んでも面白い。昔は頻繁に本を出していたけれど、最近は病気療養のためか、評論や新著をあまり見かけないのが残念。ぼくはこんな本を読んできた―立花式読書論、読書術、書斎論 (文春文庫)(1999/03)立花 隆商品詳細を...

左サイドMenu

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

タグリスト

マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

プロフィール

Author:Yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、ミンナール、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;アリステア・マクリーン、エドモンド・ハミルトン、太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ

ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。

右サイドメニュー