気ままな生活

               ♪音楽と本に囲まれて暮らす日々の覚え書♪  

Category [   ・・ メモリアルイヤー ] 記事一覧

2024年にメモリアルイヤーを迎える作曲家

2024年にメモリアルイヤーを迎える作曲家はブルックナーとスメタナ(生誕200年)、ホルストとシェーンベルク(生誕150年)、リゲティ(生誕100年)、フォーレとブゾーニ(没後100年)など、大物が多い。ピアノ曲に限定しても、聴いたことがある作曲家が結構多い。メモリアルイヤーの作曲家[クラシックの演奏会情報サイト「i-amabile(アマービレ)」]このサイトが一番情報が多いと思う。暦年と、検索する暦年の間隔(10、50、100...

2023年にメモリアルイヤーを迎える作曲家

2023年にメモリアルイヤーを迎える作曲家のなかで確実に聴いたことがあるのは、ラロ(生誕200年)、ラフマニノフ(生誕150年)、レーガー(生誕150年)、ニコライ・チェレプニン(生誕150年)、リゲティ・ジェルジュ(生誕100年)、ウィリアム・バード(没後400年)、ジャン・フランチェスコ・マリピエロ(没後50年)。メモリアルの作曲家[クラシックの演奏会情報サイト「i-amabile(アマービレ)」]このサイトが一番情報が多い...

2021年がメモリアルイヤーだったサン=サーンスのピアノ曲

2022年のメモリアルイヤーの作曲家を探していて、2021年の分をチェックするのをすっかり忘れていたのに気がついた。サン=サーンスは2021年が没後100年だった。ピアノ曲に限っていえば、昨年がメモリアルイヤーにしてはサン=サーンスの新譜を見かけた記憶があまりない。そもそもピアノ協奏曲以外のピアノ作品が少ない上に、技巧的に難度が高いせいかもしれない。サン=サーンスの曲は、ピアノ協奏曲、ピアノ独奏曲、ヴァイオリン...

2022年にメモリアルイヤーを迎える作曲家

2022年にメモリアルイヤーを迎える作曲家のなかで確実に聴いたことがあるのは、フランク(生誕200年)、クセナキス(生誕100年)、スクリャービン(生誕150年)、ヴォーン=ウィリアムズ(生誕150年)、セヴラック(生誕150年)。メモリアルの作曲家[クラシックの演奏会情報サイト「i-amabile(アマービレ)」]このサイトが一番情報が多いと思う。暦年と、検索する暦年の間隔(10、50、100年単位)を設定して検索する。陰翳の濃...

2020年にメモリアルイヤーを迎える作曲家

来年2020年にメモリアルイヤーを迎える作曲家のなかで、一番の大物は生誕後250年のベートーヴェン。もう今年からベートーヴェン全集BOXや、新譜が次々リリースされている。ピアノ作品が多い作曲家は、ベートーヴェン以外は見当たらない。メモリアルの作曲家[クラシックの演奏会情報サイト「i-amabile(アマービレ)」]このサイトが一番情報が多いと思う。暦年と、検索する暦年の間隔(10、50、100年単位)を設定して検索する。50...

2019年にメモリアルイヤーを迎える作曲家

来年2019年にメモリアルイヤーを迎える作曲家のなかでピアノ作品を聴いたことがあるのは、クララ・シューマン、ルーセル、(リストが編曲した)ベルリオーズくらい。メモリアルの作曲家[クラシックの演奏会情報サイト「i-amabile(アマービレ)」]このサイトが一番情報が多いと思う。暦年と、検索する暦年の間隔(10、50、100年単位)を設定して検索する。50年単位での検索結果は以下の通り。●アレッサンドロ・マルチェロ 生誕3...

2018年にメモリアルイヤーを迎える作曲家

この時期になると、いつもチェックするのが、翌年メモリアルイヤーを迎える作曲家。メモリアルの作曲家[クラシックの演奏会情報サイト「i-amabile(アマービレ)」]このサイトが一番情報が多いと思う。暦年と、検索する暦年の間隔(10、50、100年単位)を設定して検索する。50年単位での検索結果は以下の通り。●クープラン 生誕350年  1668年 ~ 1733年●グノー 生誕200年  1818年 ~ 1893年●ジュリオ・ブリッチャルディ ...

2017年にメモリアルイヤーを迎える作曲家

この時期になると、いつもチェックするのが、翌年メモリアルイヤーを迎える作曲家。毎年、↓の2つのサイトで該当する作曲家を確認している。クラシック作曲家生没記念年一覧メモリアルの作曲家[クラシックの演奏会情報サイト「i-amabile(アマービレ)」]暦年と、検索する暦年の間隔(10、50、100年単位)を設定して検索する。2017年は知っている作曲家自体が少なく、名前を知っているのは、●クラウディオ・モンテヴェルディ 生...

2016年にメモリアルイヤーを迎える作曲家

この時期になると、いつもチェックするのが、翌年メモリアルイヤーを迎える作曲家。今年調べた情報源は次の2つのサイト。クラシック作曲家生没記念年一覧メモリアルの作曲家[クラシックの演奏会情報サイト「i-amabile(アマービレ)」]暦年と、検索する暦年の間隔(10、50、100年単位)を設定して検索する。私が知っている作曲家だけピックアップすると、◆ヴァシリー・カリンニコフ 生誕150年 (1866年 ~ 1901年)◆エリック・...

2015年にメモリアルイヤーの作曲家

この時期になると、いつもチェックするのが、翌年メモリアルイヤーを迎える作曲家。例年どおり、情報源は以下の2つのサイト。クラシック作曲家生没記念年一覧作曲家記念年検索/Composer Anniversary Year Searchメモリイヤーが検索できるという、とっても便利なサイト。暦年だけでなく、検索する暦年の間隔(10、50、100年単位)も設定できる。今のところ、登録データは100人分。生年・没年は検索結果に表示されないので、自分で...

2014年にメモリアルイヤーを迎える作曲家

この時期になると、いつもチェックするのが、翌年メモリアルイヤーを迎える作曲家。今回の情報源は以下の2つのサイト。クラシック作曲家生没記念年一覧作曲家記念年検索/Composer Anniversary Year Searchメモリイヤーが検索できるという、とっても便利なサイト。使うのは今回が初めて。暦年だけでなく、検索する暦年の間隔(10、50、100年単位)も設定できる。今のところ、登録データは100人分。生年・没年は検索結果に表示され...

2013年にメモリアルイヤーを迎える作曲家

来年2013年がメモリアルイヤーの作曲家は、かなり有名どころが多い。ダウランド(1563年-1626)  生誕450年ヴェルディ (1813-1901)    生誕200年 ヴァーグナー (1813-1883)   生誕200年アルカン(1813年-1888年)  生誕200年マスカーニ (1863-1945)   生誕150年ブリテン (1913-1976)     生誕100年ルトスワフスキ(1913-1994) 生誕100年ヒンデミット(1895-1963)   没後50年プーランク (1899-1963)    没...

2012年にメモリアルイヤーを迎える作曲家は?

毎年、年末近くになるとチェックするのが、翌年にメモリアルイヤーを迎えるクラシック作曲家生没記念年一覧。来年2012年の大物作曲家といえば、生誕150年のドビュッシー(1862-1918)くらいだろうか。他に知っている作曲家も数人。 生誕150年 ディーリアス (1862-1934) 生誕100年 ジョン・ケージ (1912-1992) 没後100年 マスネ (1842-1912) 生誕100年 フランセ (1912-1997) 没後 50年 イベール (1890-1962) 没後 50...

2011年がメモリアルイヤーにあたる作曲家

今年、2011年がメモリアルイヤーにあたる作曲家といえば、ピアノ好きならすぐに思い浮かぶのが生誕200周年のフランツ・リスト。他にいないかと探していたら、「2011年にメモリアルを迎える作曲家特集!」という記事があって、そこにたくさん載っている。これだけたくさんあると、なかなか壮観です。ピアノ作品がらみで興味があるのは、■セルゲイ・プロコフィエフ(生誕120周年)■ベラ・バルトーク(生誕130周年)■アントニン・ドヴ...

左サイドMenu

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

タグリスト

マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

プロフィール

Author:Yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、ミンナール、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;アリステア・マクリーン、エドモンド・ハミルトン、太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ

ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。

右サイドメニュー