*All archives*

シューマン/森の情景
奥泉光の音楽/ミステリー小説『シューマンの指』には、シューマンのピアノ作品が詳しい解説付きでいくつも登場する。
そのなかで、一番印象に残ったのは《森の情景》。
主人公の一人「修人」が語る作品解釈によると、主人公(とストーリー)にとっても、シューマンの人生にとっても、重要な意味を持っているのは「気味の悪い場所」と「別れ」。

《森の情景》は、もともとロマン派の詩人が詠った「森」をモチーフしたものらしい。
各曲にモチーフとした詩も掲載するはずだったのが、出版時には唯一「気味の悪い場所」(「呪われた場所」と訳している場合もある)だけに、フリードリヒ・ヘッベルの詩が添えられた。

プログラムノート(弓張美季 MIKI YUMIHARI Pianist)
《森の情景》の作品解説が載っていて、ヘッベルの詩の訳文がある。
「花達は光の届かない森の中で高く伸びているが、ここでは死の如く青白い。その中で一輪だけ紅色が真ん中に立っている。それは太陽からきたものではなく、大地からのもの。・・・それは人の血を吸ったからなのだ。」


『シューマンの指』のなかで、修人は「ダヴィッド同盟」ノートにこう書き記している。

「この暗い気味の悪い場所は、人間を喰い殺すこわい怪物の棲家であり、花が吸う人間の血とは、怪物に殺された人間の血なのだ。」
「別れは、森に対して告げられたものではない。別れはむしろ幸福な生活からの別れである。シューマンは、自分が森の奥の、赤い吸血花の咲く、気味の悪い場所に棲まざるをえないことを知っていて、それまでの暮らしからの別れを告げているのである。シューマンは自分が怪物になるほかない運命を悟り、世界との別れを告げているのだ.....。」


この詩も修人の解釈も不気味なのだけど、「気味の悪い場所」のベロフとリヒテルの演奏を聴くと、感じるのは薄気味悪さではなくて、悲しさ。
ベロフは痛切な強い悲しさ、リヒテルは静かに涙するような哀しさ。
死人の血を吸って生き延びる赤く染まった花の悲しみ、それとも、血を吸われた人間の悲しみ?

一方、和やかで温もりがある終曲の「別れ」には愛惜の情が籠っている。

「気味の悪い場所」と「別れ」の間に置かれているのは、神秘的な「予言の鳥」。《森の情景》で一番好きな曲。
「気味悪い場所」と「別れ」に対する修人の言葉を読んでから改めて聴くと、この「予言の鳥」が予言しているものは、「気味悪い場所」から逃げることができない運命のようにも思えてくる。
中間部のコラールは、来るべき運命を悟った人の諦観や哀感のように聴こえる。

Sviatoslav Richter - Schumann - Waldszenen (Forest Scenes), Op 82



tag : シューマン

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。