*All archives*

陰鬱なピアノ曲
”幽霊”とは違うけれど、まるで怪談を聴いているみたいに肌寒くなるのは、アルカンの《海辺の狂女の唄/La chanson de la folle au bord de la mer》は、。
鬱々とした暗さと不気味な雰囲気が漂っているところは、亡霊が徘徊しているような....。

この曲もスティーヴン・ハフの『French album』に入っていた。意外と有名な曲らしく、Youtubeに多数音源があるし、「世界3大憂鬱曲」という音源もあったりする。

Charles Valentin Alkan - La Chanson De La Folle Au Bord De La Mer Op.31 No.8 - RONALD SMITH



この曲も含めて、私が今まで聴いたピアノ作品のなかで最も陰鬱な曲と思ったのは、シュニトケの《5つの格言》(1990)と《ピアノ・ソナタ第3番》(1992)。とにかく暗い...。

シュニトケは、1985年には脳血管発作を起こして重篤な病状だったが、作曲活動はなんとか続けていたという。作風も変わり、すぐれない健康状態が影響しているのか、内面に沈潜していくようなトーンの作品になっていく。
この2曲はちょうどその時期に書かれた作品。緩徐系の曲は息が詰まるような重苦さと陰鬱さで、テンション高い時に聴いてもかなり気が重たくなってくる。
どちらかというと、《5つの格言》の方がより暗くて陰鬱さが強く、”アフォリズム”というより”警鐘”みたいな怖さと切迫感がある。最後の<Grave>は、まるで墓場(Grave)のように重苦しい。

Alfred Schnittke - Five Aphorisms for Piano (1990) [Score-Video]
(Boris Berman, piano)

Moderato assai,Allegretto(4:16); Lento(6:27); Senza tempo(8:28); Grave(10:40)


ピアノ・ソナタ第3番も鬱々しているけれど、こちらは内面的に沈潜してモノローグみたいな静けさがある。
Allegroは、音が跳躍して動きはあっても、ガラスのように鋭利な音とパッセージで突き刺さるような痛々しさ。
度々聴きたいとは思わないけれど、曲自体が嫌いと言うわけでは全くなく、逆に強く惹きつけられるものがある。

Alfred Schnittke - Piano Sonata No. 3 (1992) [Score-Video]
(たぶんピアノは、Boris Berman)

I. Lento, II. Allegro(5:20), III. Lento(7:30), IV. Allegro(12:04)

tag : アルカン シュニトケ

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。