*All archives*

香川の郷土料理「しょうゆ豆」
親戚の法事に行った帰り道に、岡山駅のお土産物店でよく買って帰っているのが「しょうゆ豆」。
岡山駅には中国・四国地方のお土産もいろいろ置いていて、「しょうゆ豆」は香川県の特産品。

21世紀へ残したい香川 しょうゆ豆(県内全域)

乾燥そら豆を炒ってから、醤油と砂糖の漬け汁に漬け込むだけ。
以前は炒った乾燥大豆を使った「しょうゆ豆」をよく作っていたけど、炒ったり茹でたりした大豆は、豆腐や納豆、きな粉に比べて、かなり消化に悪いので今は食べない。

経験的には、ピーナッツも消化にかなり悪くて、そら豆が一番お腹にもたれない。おやつに食べるのもバタピーや落花生ではなく、いかり豆。(ピーナッツは茹でるとかなり消化しやすい)

「しょうゆ豆」はたまに近くの百貨店で見かける。国産そら豆自体が高いので、お土産物くらいの価格になる。
ちょうど生のそら豆が店頭に並んでいたので、自家製「しょうゆ豆」を作ってみた。
1鞘に3個のそら豆が入っていたので、全部で24個。
1日ほど干してから、スキレットで黒く焦げ目がつく程度に炒り、お湯に浸して吸水後、砂糖と醤油で柔らかくなるまで煮たら出来上がり。

香川の郷土料理*しょうゆ豆[cookpad]
市販の炒ったそら豆を使うともっと簡単。(揚げたいかり豆ではなく、煎っただけのそら豆はあまりみかけないけど)

ちゅん豆の作り方/ちゅん豆 (煎り大豆の醤油漬け)[つくる楽しみ/趣味で作る料理や家庭菜園など]
煎り大豆の醤油漬けは、高知県の郷土料理「ちゅん豆」。(これは知らなかった)

大豆や黒豆を煎ってから炊き込みご飯にしても美味しい。
煎り大豆の場合は塩か醤油、煎り黒豆ならそのままから塩だけ入れる。

炒り大豆ごはん[キユーピー3分クッキング]
乾燥大豆をストックしていなかったら、市販の節分豆で。

モチモチ煎り黒豆ごはん[フジッコ愛情レシピ]
煎った黒豆をご飯と一緒にたくと、黒豆がふっくらしてほどよい柔らかさで美味しくて、さらにご飯ももっちり、色合いも綺麗。

私は、煎った豆を炊き込みご飯にするときは、煎った後にふっくらするまで水に浸してから、ご飯を炊いている。
煎った豆をそのまま炊くとかなり吸水するため、いつもの水加減だとご飯が硬めに炊きあがるので。

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、ミンナール、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。