冬が大好きな私は、夏になるとなぜか音楽を聴く気力が失せてしまい、今はもっぱら読書。おかげで毎日1冊か2冊読める。
といっても、たまには音楽が聴きたくなる。”夏”をモチーフにしたピアノ曲であまり聴いていない曲を探してみた。

”夏”と言えば、すぐに思い浮かぶのがメンデルスゾーンの《真夏の夜の夢》。
有名なリストのピアノ編曲版「結婚行進曲」は暑苦しいのでパスして、軽快でどこか涼し気なラフマニノフ編曲版「スケルツォ」と温和なモシュコフスキ編曲版「夜想曲」を。

Kissin plays Mendelssohn/Rachmaninov



A Midsummer Night's Dream, Op. 61: Nocturne




メンデルスゾーンの《「夏の名残りのバラ」による幻想曲》を聴くと、文部省唱歌の《庭の千草》を思い出す。
原曲は《ブラーニーの木立(The Groves of Blarney)》というアイルランド民謡の旋律に、アイルランドを代表する国民的詩人トマス・ムーアの「The Last Rose of Summer」(夏の名残のばら)という詩をつけたもの。

メンデルスゾーン/「夏の名残りのばら」による幻想曲



北欧の作曲家による”夏”をモチーフにした小品がいくつか。

水滴がこぼれ落ちるように瑞々しくて優しいグリーグ《抒情小品集》の「夏の夕べ」
Lyric Pieces, Book 10, Op. 71: No. 2, Summer Evening



清々しさのなかに重厚さと厳粛さが漂うシベリウス《10の小品 Op. 58》の第10曲「夏の歌」
10 Pieces, Op. 58: Sommerlied



メリカントの《夏の夜》は嵐の前触れのようにドラマティックに始まるけれど、すぐに愛らしいワルツが流れてきて展開が面白い。
O.メリカント: 夏の夜 Op.1



ジャジーでラテン風なピアソラ《ブエノス・アイレスの四季》の「ブエノス・アイレスの夏」。(ピアノ編曲版は編曲者不詳)
四季の中では「冬」が一番人気があるみたいだけど、ジャジーな旋律とリズムで躍動感が楽しめる「夏」はピアノソロが良く映える。

The 4 Estaciones Porteñas, Invierno Porteño: Las 4 estaciones portenas: Invierno porteno: III. Otono porteño (arr. for piano) · Marcel Worms


タグ:メンデルスゾーン ピアソラ グリーグ メリカント シベリウス

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
2019.07.18 18:00| ・ お料理全般・食材
産直コーナーで初めて見かけた「カボッキー」。外見は薄い黄緑色でちょっと太めのズッキーニ。
1本買って帰ってから、インターネットで調べてみると、韓国のかぼちゃだった。ズッキーニもかぼちゃの一種だし、料理法もズッキーニとほぼ同じ。

韓国名は「エホバク」。普通の丸いかぼちゃは「タン・ホバク」(甘いかぼちゃ)、ズッキーニは「ホバク」というらしい。
一言で「ホバク」といいましても、いろいろありまして・・・・韓国でのかぼちゃ[たのしい韓国ソウル&京畿道+江原道のニュータウン生活]

日本でのブランド名は、「カボッキー」(松永種苗)、「マッチャン」(サカタのタネ)、「リッチーナ」(タキイ種苗)。
韓国カボチャ/カボッキー/マッチャン/リッチーナ<南瓜の品種[旬の食材百科]

ズッキーニは、長時間に煮込むと荷崩れしやすいので、最近はもっぱらスライスして焼いている。
8mmくらいの厚さにカットしたカボッキーをフライパンで焼くと、中央の種部分がトロトロで(ズッキーニよりも形がくずれにくい)、味も淡泊なのはズッキーニと同じ。ほんのり甘みがあって、ズッキーニよりも美味しい。またお店で見つけたら買っても良いかなと思う。

朝鮮かぼちゃの中身はどうなっている?朝鮮かぼちゃの食べ方(レシピ)[菜ソムリエ ぱるとよ]
韓国かぼちゃ[モランボン | 薬念研究所]
ズッキーニと似ている韓国カボチャを使ったレシピ7選![K-Channel]

エフゲニー・コロリオフの新譜はブラームスの間奏曲全集”Complete Intermezzi”。
ブラームスのピアノ小品から、”Intermezzi”だけを抜粋収録。曲数が多いので、CDは2枚組。(価格はCD1枚分と同じ)
小品集から”Intermezzi”だけ取り出して並べるという選曲は、小品集特有のテンポと曲想のバラエティが少なくなり、緩急明暗のコントラストの妙も楽しめない。さらに私の好きな”Capriccio”や”Romance”が抜け落ちているので、選曲はかなり残念。

試聴ファイル(CD1のみ)を聴いた限りでは、《4つのバラード》から抜き出した第3曲が冒頭に聴こえてくると、結構唐突感あり。速いテンポの曲が好きな私としては、緩いテンポの曲が多くて、気分的に単調でどんより重たい感じがする。
選曲に加えて、ルバートのかけ方が私にはあまりしっくりこなかったことと、(コジュヒンのCDを試聴した時のような)強く魅かれる感触がなかったので(好みの問題)、CD買うかどうかかなり微妙。

セールス面のこともあって、2枚で収まる抜粋盤にしたのかもしれないけど、小品集は全曲通して聴く習慣なので、抜粋されると欠落感を覚えるし、未収録曲を録音する予定があるかもわからない。録音予定がないなら、個人的にはCD3枚組で価格が高くなっても良いので、ピアノ小品集を全曲録音して欲しかった。
それに、そろそろ長い間録音していないバッハに戻って、パルティータ全集を出して欲しい。

ブラームス:間奏曲全集 エフゲニー・コロリオフ(2CD)ブラームス:間奏曲全集 エフゲニー・コロリオフ(2CD)
(2019年08月20日 発売予定)
エフゲニー・コロリオフ


試聴ファイル


【収録曲】
● バラード集 Op.10~間奏曲 ロ短調 Op.10-3
● 8つの小品 Op.76~間奏曲 変イ長調 Op.76-3
● 8つの小品 Op.76~間奏曲 変ロ長調 Op.76-4
● 8つの小品 Op.76~間奏曲 イ長調 Op.76-6
● 8つの小品 Op.76~間奏曲 イ短調 Op.76-7
● 幻想曲集 Op.116~間奏曲 イ短調 Op.116-2
● 幻想曲集 Op.116~間奏曲 ホ長調 Oo.116-4
● 幻想曲集 Op.116~間奏曲 ホ短調 Op.116-5
● 幻想曲集 Op.116~間奏曲 ホ長調 Op.116-6
● 3つの間奏曲 Op.117~間奏曲 変ホ長調 Op.117-1
● 3つの間奏曲 Op.117~間奏曲 変ロ短調 Op.117-2
● 3つの間奏曲 Op.117~間奏曲 嬰ハ短調 Op.117-3
● 6つの小品 Op.118~間奏曲 イ短調 Op.118-1
● 6つの小品 Op.118~間奏曲 イ長調 Op.118-2
● 6つの小品 Op.118~間奏曲 ヘ短調 Op.118-4
● 6つの小品 Op.118~間奏曲 変ホ短調 Op.118-6
● 4つの小品 Op.119~間奏曲 ロ短調 Op.119-1
● 4つの小品 Op.119~間奏曲 ホ短調 Op.119-2
● 4つの小品 Op.119~間奏曲 ハ長調 Op.119-3

タグ:ブラームス コロリオフ

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
”葬送行進曲”と言えば、一番有名なショパン《ピアノ・ソナタ第2番》第3楽章。(冒頭の重苦しく陰気な主題旋律が好きではないので私は聴かない)

Pollini plays Chopin Sonata No.2 in B flat Minor, Op.35 - 3. Marche funèbre




ベートーヴェンのピアノ・ソナタのなかでも、一番好きな曲のひとつが第12番「葬送ソナタ」
特に好きなのは、第3楽章の”葬送行進曲”ではなくて、優美で気品漂う変奏形式の第1楽章と躍動的な第2楽章。無窮動的な最終楽章も面白い。

Beethoven: Sonata No.12 in A-flat Major, Op.26, "Funeral March" (Lewis, Kovacevich, Buchbinder)




”葬送行進曲”だけに限ると、一番好きなのはメンデルスゾーンの「葬送行進曲」(《無言歌集》Op.62-3)
子供の頃にピアノのレッスンで最初に弾いた「葬送行進曲」がこの曲だった。
「結婚行進曲」と違って、有名ではないリスト編曲版もある。
メンデルスゾーンは、吹奏楽曲の《葬送行進曲 イ短調 Op103》も書いている。これはピアノ版の編曲でなくて、全くの別の曲。

Barenboim plays Mendelssohn Songs Without Words Op.62 no.3 in E flat Minor - Funeral March




曲として一番弾き映えすると思うのが、リスト《詩的で宗教的な調べ》第7番「葬送」
この曲を初めて聴いたのは、10年前くらいに購入したカッチェンのDECCA録音集。デッドな音質と粘りの少ないタッチで、芝居がかった仰々しさやオドロオドロしさはなく、重厚感のある低音の響きとほどよく抑制されて引き締まった叙情感が結構好き。(ちょっと”骨っぽい”感じのする演奏なので、他の人にはお勧めしないけど)
カッチェン以外なら、キーシンのライブ音源(↓)が好き。

Evgeny Kissin - Liszt Funérailles




今まで聴いたことがなかったのは、グリーグ《ノルドロークのための葬送行進曲》
ノルウェーの民族主義者で、国家を作曲したノルドロークに捧げた曲。ロマン派の悲愴感の強い”葬送行進曲”とは違って、抑制された情感と勇壮さとが溶け合って、ピアノソロよりも、オケや吹奏楽の編曲版の方が映えるような気がする。

Edvard Grieg - Funeral March in the Memory of Rikard Nordråk (LATE HALLOWEEN TRIBUTE)



<関連記事>
レーゼル 『ベートーヴェンの真影 ピアノ・ソナタ全集 4 』 ~ ピアノ・ソナタ第12番「葬送」 Op.26

タグ:ショパン メンデルスゾーン ベートーヴェン リスト グリーグ

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
◆カレンダー◆

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

◆ブログ内検索◆

◆最近の記事◆

◆最近のコメント◆

◆カテゴリー◆

◆タグリスト◆

マウスホイールでスクロールします

◆月別アーカイブ◆

MONTHLY

◆記事 Title List◆

全ての記事を表示する

◆リンク (☆:相互リンク)◆

◆FC2カウンター◆

◆プロフィール◆

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、ミンナール、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

◆お知らせ◆

ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。