気ままな生活

               ♪音楽と本に囲まれて暮らす日々の覚え書♪  

Archive [2023年11月 ] 記事一覧

ナタリー・シュトゥッツマン ~ 夢のあとに/フォーレ歌曲集

ナタリー・シュトゥッツマンの『夢のあとに/フォーレ歌曲集』。14年前にCDを買った時にとても気に入って何度も聴いたけど、久しぶりに聴き直してみてもシュトゥッツマンの歌とフォーレの曲が好きなのは変わっていなかった。好きな曲は長調の方が多い。短調の曲は陰翳と彫の濃い表情がシュトゥッツマンの声質に良く似合う気がする。夢のあとで~フォーレ歌曲集(2007/11/07)ナタリー・シュトゥッツマン、カトリーヌ・コラール軽やか...

ドゥヴィエル & タロー 『Chanson D'amour ~ フランス歌曲集』

たまたま見つけたライブ映像でザビーヌ・ドゥヴィエルが歌う《愛の小径》に魅せられて、衝動買いしたCDがフランス歌曲集『Chanson D'amour/シャンソン・ダムール』。...

チョウゲンボウの子育て動画(2)

チョウゲンボウは一腹雛が5~6羽生まれることが多く(3羽のこともある)、兄弟間の餌の獲得競争が激しいため餌不足で餓え死にする雛が少なくない。チョウゲンボウの雛たちは、ワシのように餌を独占するために年少の兄弟雛をボンキング(嘴で突く)することはない。その代わり、給餌する親や餌に群がって我先に餌を食べようとし、先に生まれた体の大きい雛ほど有利で餌をたくさん食べられる。孵化間隔が開くほど年少の雛が餌を食べ...

ヤン・スンウォン&パーチェ 『リスト&ショパン~愛の讃歌』

ベートーヴェンに続いてヤン・スンウォンとエンリコ・パーチェが録音したのは、リストとショパンのチェロ&ピアノ作品集『Liszt&Chopin ~ Cantique d'Amour(愛の讃歌)』。CD2枚とDVD(録音風景とインタビュー)の3枚セットで2018年発売。発売当時に曲目を見て聴きたい曲がなかったので買わなかったけど、今Youtubeの音源で聴くと《詩的で宗教的な調べ》の「アヴェ・マリア」がとても素敵だったし、《コンソレーション》はチェ...

オオワシの動画

秋はオオワシがロシアの繁殖地から北海道に越冬のため渡ってくる時期。Kota_hawk migrationさんのツイートを追ってみると、10月初旬に宗谷岬にオオワシが飛来し始め、11月2日に飛来したオオワシは約1600羽(この日がピーク)。知床・羅臼町のオオワシ。映像に出てくる鳥たちは、タンチョウ(Red-crowned Crane)、オオセグロカモメ(Slaty-backed Gull)、ハシブトガラス(Jungle Crow/映像ではJapanese crow)、オジロワシ(Whit...

内藤晃『Paysage』

NMLで試聴してとても気に入ったピアノアルバム『Paysage』。ピアニストの内藤晃さんが設立・主宰するレーベルsonoritéから昨年リリースされていた。”paysage(ペイザージュ)”はフランス語で「風景」、「風景画」。風景画のようなカラフルな色彩感と多彩な響きのピアノにとても惹かれたのでCD購入。...

認知症の記憶障害~物忘れとの違い

叔母と2日前に電話で話したのに、また叔母から電話がかかって来て「ご無沙汰してます。元気ですか?」。2日前に電話で話したことを伝えたら、叔母は全然覚えていなかった。さらに5日後にも叔母から電話があり、この時も以前に電話をかけた記憶がなくなっていた。そういえば今年のお正月にも3日間に年始の挨拶電話が叔母から2度かかって来たことがある。さらに、20年前の出来事を現在のことのように話していて、過去が現在と入れ替...

M・R・オコナー『絶滅できない動物たち 自然と科学の間で繰り広げられる大いなるジレンマ』

『絶滅できない動物たち』の原題は”Resurrection Science(復活の科学)”。章ごとに異なる種(魚類・両性類・鳥類・哺乳類)の保存政策の事例と論点について、生物・動物の生態の特徴や生息環境から保護政策の変遷までケーススタディのように詳しく記載されている。対象事例は保護政策が上手くいかず絶滅危惧・寸前・ほぼ絶滅・完全に絶滅した生き物(冷凍標本は保存)。最新の種の保存手法として「冷凍標本」、「iPS細胞」、「ゲ...

リスト/伝説~第2曲「波の上を渡るパオラの聖フランチェスコ」

リストの《伝説》第2曲「波の上を渡るパオラの聖フランチェスコ」の録音のなかで今私が好きなのは5種類。昔から私がよく聴いていたのは、ケンプのモノラル録音(1950年)。ブレンデルが著書で「ケンプの弾く2曲の聖フランチェスコ伝説は、美しく高貴な音楽を聴いているという印象だけにとどまらず、どこか聖なる情景に立ち会っているような気持ちにさせられました。「静粛」さに浸っているとは信仰ぶっているのではなく、純粋な...

左サイドMenu

カレンダー

10 | 2023/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

タグリスト

マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

プロフィール

Author:Yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、ミンナール、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;アリステア・マクリーン、エドモンド・ハミルトン、太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ

ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。

右サイドメニュー