谷川俊太郎作詞・武満徹作曲/死んだ男の残したものは 

2009, 01. 31 (Sat) 20:28

武満徹の曲はピアノ・管弦楽曲などをかなり聴いてみたが、全く合わなかったのでCDは全て処分。唯一、この「死んだ男の残したものは」というアカペラ曲が収録されているCDだけを手元に残している。

「死んだ男の残したものは」は、ベトナム戦争中の1965年に作詞・作曲された反戦歌。
”この歌詞にしてこの曲あり”と思うほどに、歌詞と曲が一体化した名曲である。
谷川俊太郎の詞には言葉の重みがある。武満徹の曲は哀切感漂う旋律が美しい。
この重みのある歌詞をのせて歌うと、この曲には怒りと虚しさがこめられつつ、はかない希望が交錯しているようで、なぜか奇妙な明るさを感じてしまう。

日本合唱曲全集「風の馬」武満徹作品集日本合唱曲全集「風の馬」武満徹作品集
(2005/10/21)
合唱東京混声合唱団

試聴する

武満徹のアカペラ曲は、かなり難しい音程や和声で構成されているらしい。(私は門外漢なのでよくはわからない。)
数ある録音のなかで定評のあるのが、この東京混声合唱団の演奏。たしかに、他の合唱団の録音(私の持っているCD)で聴くと、どうもばらつきがあるというかもこもことした感じが残るが、東京混声合唱団はぴしっと揃っているように聴こえてくる。

                                     

  死んだ男の残したものは
              谷川俊太郎 詞

  死んだ男の残したものは
  ひとりの妻とひとりの子ども
  他には何も残さなかった
  墓石ひとつ残さなかった

  死んだ女の残したものは
  しおれた花とひとりの子ども
  他には何も残さなかった
  着もの一枚残さなかった

  死んだ子どもの残したものは
  ねじれた脚と乾いた涙
  他には何も残さなかった
  思い出ひとつ残さなかった

  死んだ兵士の残したものは
  こわれた銃とゆがんだ地球
  他には何も残せなかった
  平和ひとつ残せなかった

  死んだかれらの残したものは
  生きているわたし生きているあなた
  他には誰も残っていない
  他には誰も残っていない

  死んだ歴史の残したものは
  輝く今日とまた来る明日
  他には何も残っていない
  他には何も残っていない

タグ:武満徹

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。

0 Comments

Leave a comment