*All archives*



焙烙(ほうろく)
焙烙(ほうろく)とは、お茶、ゴマ、豆を炒るときに使う専用調理器具。

Wikipediaによれば、「焙烙(ほうろく)は、素焼きの土鍋の一種。形は平たく、低温で焼かれる。炒鍋(いりなべ)ともいう。茶葉、塩、米、豆、銀杏などを炒ったり蒸したりするのに用いる。特に「焙烙蒸し」とよばれるときもある。」

大豆や黒豆を炒って、炒り大豆(黒豆)ご飯を炊くために、何か良い道具はないかと探して見つけた。
これが結構な値段がするし、豆以外にゴマやお茶の葉を炒ることはないので、宝の持ち腐れにもなりそう。

あれこれ考えて、蓄熱性の良いものなら使えそうだと気がついて、南部鋳鉄の小さなフライパンで乾燥豆を炒ってみた。
これが焙烙の代用品にはぴったり。弱火でじっくり炒ると、こげ目がついて良い炒り加減。
(ただし、豆だけしか炒っていないので、お茶やゴマでもちゃんと代用できるかどうかはわかりません。)
炒り大豆ならこのまま食べてもOK。(炒り黒豆はまだ食べたとはない。) 
炒り大豆は節分には重宝するし、ちょっとしたお菓子代わりにもなる。
お茶などの水分と一緒に食べれば、栄養がある一方で、お腹も膨らんでダイエットにも良さそう。
ただし、食べ過ぎには注意。お腹が膨満感で苦しくなりかねません。

鋳鉄のフライパンなら、100円ショップで売っているスキレットでも良いとは思うが、中国製のスキレットについては、鉛か何かが含有されていて以前問題になっていた覚えがある。
私は、岩鋳の南部鋳鉄製のファミリーパン(17cm)を使っている。軽くてちょうど良い大きさ。
取手も鋳鉄製なので、加熱しているうちに熱くなる。かならず鍋つかみを使うこと。下手すると火傷します。

私が購入したお店は「こだわりやさん.com」。値段もそこそこ安いし、対応も丁寧で、とても良心的なお店です。

岩鋳 ファミリーパン 14cm, 17cm岩鋳 ファミリーパン 14cm, 17cm


Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。