*All archives*



シェーンベルクの初期ピアノ曲
アルノルト・シェーンベルクが20歳の若かりし頃に作曲した初期のピアノ作品は、後年の無調音楽の時代と違って美しい調性音楽で、作品番号がついていない。
ピアノ曲で作品番号がついていないのは、3つの小品(1894)、4手のピアノのための6つの小品(1895-96)の2曲。
あのシェーンベルクが書いたとは思えない、至極普通のロマンティックな曲。でも、聴いているとなぜか面映い気がしてきて、せっかく美しい調性音楽を聴いたのに、12音技法で作曲されたピアノ協奏曲の方を聴きたくなってしまう。

シェーンベルクの作品番号のついたピアノ独奏曲は、ピアニストによってかなり表現が違っている。
ポリーニはモノトーンのドライなタッチ、ピーター・ヒルはクールな叙情感が美しく(これが一番好みに合っている)、内田光子は油絵のように濃厚で饒舌。
探せば他にも個性的な演奏はあると思うが、ピアノ協奏曲が、オーケストラが入っているせいか、ピアノが躍動的に動き回り、響きも表情も豊かで、これはかなり面白い。

シュニトケの場合も同じで、ボリス・ベルマンの演奏だとピアノ独奏曲はモノクロの無機的な世界のようなもので、これはかなりとっつきの悪さがあるが、ラグナ・シルマーやSvetlana Ponomareva 、イリーナ・シュニトケの演奏だと叙情豊かな音楽に聴こえる。
コンチェルトの方も、不協和音の世界とはいえ、独特の叙情性があってとても美しい音。

無調のピアノ独奏曲はかなり敷居が高いが、無調や不協和音の響きを聴くのに慣れてくれば、ピアノ協奏曲の方は、安定感のある調性音楽とは全く違う新鮮さがあって面白い。

ウィーンにあるArnold Schönberg Centerのウェブサイト<Arnold Schönberg Center Webradio&Jukebox>では、シェーンベルクの作品(多分ほとんどの作品をカバー)を全曲聴くことができる。(ただし、長い曲は途中でカットされているらしい。)
NAXOSのNMLでも登録されていない曲があるので、このサイトはかなり重宝。
音源ファイルは、WMPでは再生できなかったが、RealPlayerなら再生可能。

Drei Klavierstücke (1894) [Three pieces for piano]
 I. Andantino
 II. Andantino grazioso
 III. Presto

Sechs Stücke für Klavier zu vier Händen (1895-96) [Six pieces for piano four hands] 
 I. Andante grazioso
 II. Poco allegro
 III. Rasch
 IV. Andante
 V. Lebhaft rasch
 VI. Allegro molto

Concerto for Piano and Orchestra op. 42(1942)
 Andante
 Molto allegro
 Adagio
 Giocoso (moderato)

tag : シェーンベルク

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。