*All archives*



ベジタリアンのためのカレー
市販のカレールーの原材料名欄を見てみると、豚脂や牛脂(さらにチキンエキスが入っていることも)に化学調味料類や添加物が入っているのはほぼ同じ。
肉類・肉からとった脂肪類をオミットし、さらに化学調味料と添加物が入っていないカレールーとなると、数は少ないし、一般商品よりはかなり割高。
それでも、どうしてもカレーを食べたいなら、次の3つの方法でそこそこ美味しい手作りカレーが食べられる(はず)。
ただし、私はカレーはタイカレーしか食べないので、ベジタリアン用とかのカレー粉・ルーは使ったことがないため、味の方がどうなのかは良くわかりません。


1.カレー粉を使って自分でルーを作る。
少し手間はかかるが、カレー粉はすぐに手に入るので、後はオリーブオイルと小麦粉で炒めて、好みによってナツメグとかの香辛料を加えれば、自家製カレールーの出来上がり。コスト的にはこれが一番安い。
レシピはcookpadでもどこでも載っているので、探せばすぐ見つかる。


2.ベジタリアン用カレールーを使う。
ベジタリアン用、または肉類(と化学調味料・添加物類)を使っていないと銘打ったカレールーが売られている。それを使えば、普通のカレールーを使うのと同じくらいの手軽さがカレーが作れる。
ベジタリアン用の商品は化学調理料などが入っている場合もあるので、原材料表示を確認した方が無難。
難点は売っているお店が非常に少ないことと、市販のカレールーよりかなり割高なこと。といっても、1皿分のコスト(カレールーの部分だけ)は100円未満だと思う。

成城石井 おうちでホッとカレールー中辛
化学調味料不使用、また動物由来原料も不使用。
原材料名:小麦粉、植物性油脂、果実・野菜(アプリコット、トマト、玉葱、にんにく、生姜)、砂糖、食塩、オニオンパウダー、カレー粉、酵母エキス、ソース、赤ワイン、香辛料、カラメル色素(原料の一部に、小麦・大豆・リンゴを含む。)。
※カラメル色素がちょっと怪しくはあるが、材料はOK。ただし、たまねぎ系のNGなベジタリアンには不向き。成城石井のオリジナル商品。イカリスーパーでも、商品は違うが似たようなカレールーを売っていた。

480196a12b425_convert_20090228233603.jpg


国産野菜のカレールー(坪田信二)
国産野菜、果物、小麦粉に17種のスパイスを配合。肉エキスや動物性油脂、化学調味料、合成添加物は一切不使用。
[中辛]小麦粉・植物油脂(パーム油)・砂糖・カレー粉・食塩・トマトピューレ・野菜ブイヨン・リンゴピューレ・濃厚ソース・醤油(大豆・小麦を含む)・ココナッツミルク・酵母エキス・香辛料・辛味スパイス(黒コショウ・にんにく・生姜・唐辛子)
※「通販生活」のカタログ販売商品。他のお店でも売っているとは思うが、今まで見かけたことがない。
※1袋6皿分で430円(税抜き)。「通販生活」の通販だと10袋セットしか売っていないので、「通販生活」の直営ショップへ行けば、バラで売っているかもしれない。

negumi3.jpg



3.タイカレー用のカレーパウダー・ペースト・ルーを使ってタイカレーを作る。
タイカレー用のペースト類は香辛料で作られているので、豚・牛の脂肪が入っていない。
輸入食材店や大きなスーパーだと、タイから輸入したタイカレーのレトルト製品やタイカレー用ペースト・パウダー・ルーの缶詰などを売っている。
レトルト食品は1食300円前後なので、ペースト等を買って自分で作るのが一番経済的。
ペースト、パウダーは安いお店だと1袋200円弱で、1食あたり約100円~70円くらい。
ルーの缶詰は、タイのメーカーによって値段が違うが、カルディコーヒーファームで売っている缶詰は、400cc200円くらいで売っている。
だいたいどの製品もイエロー、グリーン、レッドの3種類あるので、お好みの辛さを選べば良い。イエローカレーが一番辛くなくてマイルドな味。
ペーストを使う場合は、別途ココナッツミルクが必要。これは400ccで150~200円くらい。
パウダーは、ココナッツミルク粉末入りなので、パウダーだけ買えばよい。
ルーも温めればよいだけ。これが一番手軽。缶詰によっては、野菜がちょっと入っていることもある。

イオンのショッピングセンターに入っているカルディ・コーヒーファームは輸入食材をかなり置いている。タイカレーのペースト・パウターやルーの缶詰とレトルト製品が簡単に手に入る。
成城石井でもペーストやレトルト製品を売っていたと思うが、値段はカルディの方が少し安いかもしれない。
レトルト製品には肉やナンプラー(小魚から作る)が入っていることが多くてベジタリアン用にはならないので、自分で作るのが一番確実。
カルディコーヒーファームのオンラインショップでも購入可能。

メープロイ タイカレーペースト(イエロー) 50g
原材料:レモングラス、にんにく、シャロット、食塩、ガランガー、唐辛子、コリアンダーシード、カフィアライムピール、クミン、シナモン、メイス、ターメリック、カルダモン
※水(300~350cc)とココナッツミルク(400cc)を使うので、具材をたっぷり入れておけば、4皿分くらいは作れる。
このカレールーは、タイ料理店でも使っているのを見たことがある。お店の味にかなり近い味がする。
kaldi_8850367300051_convert_20090228234040.jpg

ラムウォング イエローカレーパウダー 55g
原材料:ココナッツミルクパウダー、カレーパウダー、食塩、唐辛子、砂糖、にんにく、レモングラス、カフィアライムの皮、ガランガル、シャロット、コリアンダーシード、クミン
※水で溶いて使う。メープロイ1袋を使った時の大体半分の量のタイカレーができる。
kaldi_8854460001044_convert_20090228234059.jpg

無印良品 手づくりキット<タイカレー(イエロー)>
カレーペーストと、ココナッツパウダーをあわせたキット。大分昔に2~3回作ってみたが、あまりコクがなくて、味はもう一つだったような気がする。
4945247000665_sub02_convert_20090228234711.jpg
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。