*All archives*



ピアニストのディスコグラフィ
好きなピアニストのCDを収集する時に悩むのが、収録年と収録盤の関係。
特にモノラル期からステレオ初期あたりの録音が含まれていると、再録曲が多くなってややこしい。
こういうときはディスコグラフィを確認することにしているが、著名なピアニストなどのディスコグラフィが載っているウェブサイトが「The Homepage of Youngrok LEE」

このサイトでは、ピアニスト以外にもヴァイオリニスト、チェリスト、歌手、指揮者などのディスコグラフィが載っている。
取り上げている演奏家や指揮者の数は多くはないけれど、ゼルキンのディスコグラフィを見た限りでは、とても詳しくかなり正確だと思う。
ピアニストは、バックハウス、カザドシュ、コルトー、カーゾン、ギーゼキング、ギレリス、グルダ、リパッティ、リリー・クラウス、リヒテルなど。
指揮者はベーム、クリュイタンス、フルトヴェングラー、ロッケンバウアー、ケンプ、セル、など。

クラウディオ・アラウは、「ARRAU HOUSE」という独立サイトがあって、ディスコグラフィは完璧。

「Internazionale.It」というサイトから、ラザール・ベルマンディノ・チアーニジュリアス・カッチェンラドゥー・ルプーソコロフツィメルマンのディスコグラフィへリンクしている。
カッチェンのディスコグラフィは内容を確認したところ、ほぼ完璧に近いくらい正確。
他のディスコグラフィもそうだけれど、日本語サイトでこれだけ詳しいディスコグラフィはなかなかお目にかかれない。
Secret
(非公開コメント受付中)

インターネットは便利ですよね
yoshimiさん、こんにちわ

インターネット時代になり、色々な演奏家のディスクグラフィーが入手できるようになりましたよね。ディスコグラフィーが本等でだけしか入手できない時代は、本当に大変でした。と言うことで、私も便利に使わせていらだいております。

私も幾つかの簡単なディスコグラフィーを公開しておりますが、最近は、CD-Rでの発売とか、実況録音CDの発売とかもあって、公開してもすぐに古くなってしまいますし。

また、ありそうで、探しても見つからないのもありますし。今、作ろうとしているのは、指揮者のロブロ・フォン・マタチッチのものですが、最近はブログの方に力が入っているので、中断しており、中々、進みません。
完璧なディスコグラフィを作るのはかなり大変そうです
matsumo様、こんにちは。
コメントありがとうございます。

伝記などの付録としてついているディスコグラフィはかなり詳しいものが多いのですが、すぐに古くなってしまうので、今はインターネットのディスコグラフィを探すようにしています。

最近は著作隣接権の権利切れライブ音源がたくさん出回りだしたので、ディスコグラフィを更新していないサイトの情報はやはり抜けが多くなります。
そのうちEUの著作隣接権の権利期間が延長される可能性があるので、サードパーティのライブ録音CDはそれほど増えないかもしれませんが。

有名な演奏家のディスコグラフィは見つかる可能性が高いのですが、そうでない場合は、自力で情報を集めるしかないですね。
廃盤になっていたり、録音年次が明記されていなかったりということもあるので、結構大変だと思います。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。