*All archives*



意外に美味しいケチャップ煮
自宅で作る煮込み料理となると、和風のしょうゆ味、中華風のオイスターソース煮込み、ホワイトソース、トマトソース、カレー味、etc.といろいろあるので、これでメニューのバリエーションがかなり広がるというとても便利な料理。
最近は、ケチャップ煮がメニューの一つとして定番化。簡単に作れて、味のコントロールもしやすいので、週に1~2回は作ってます。

ケチャップというと、チキンライスにかけたり、お子様用の調味料みたいなイメージが強い気がするけれど、クックパッドで発見したレシピ「はるこばあちゃんのサバケチャ 」のケチャップ煮は、ためしに作ってみるとこれがなかなか乙な味がします。人気レシピなのもよくわかります。

さば以外でも、いわし、あぶらカレイ、イカなど、いろいろなお魚が使えます。青み魚、白身魚に関係なく、味が合うのところが良い煮込みものです。

ケチャップ煮の煮込み用ソースは、「ケチャップ+しょうゆ+お酒+みりん+砂糖+だし汁」。
さばを煮込んでいるのでお酒が入ってますが、具材によってはお酒は不要。
大豆製品や野菜類を煮込むときは、お酒は入れなくても良いでしょう。

いつも和風や中華味では飽きるし、ホワイトソースを作るのは手間がかかるし、トマトソースは大量に作るので、ストックしないといけない(冷凍庫がいっぱいになる夏は避けたい)しと、いろいろ理由があって、必要な量だけ毎回ソースを作ればケチャップ煮は、かなり重宝。

お魚以外で使える食材としては
 -菜っ葉系:白菜は特に味がなじんで美味しい。キャベツや青梗菜なども。
 -大根
 -根菜類;じゃがいも、長いも、たまねぎ。さつまいもは味がバッティングしそうなので使ってません。
 -豆類:大豆、ガルバンゾー、キドニービンズ
 -大豆製品:厚揚げ、豆腐。高野豆腐でも良いかもしれません。
         豆腐は、冷凍後解凍したもの。煮崩れしにくく、鶏肉の食感と味に少し似ています。
 -ビーフン、はるさめ
 -きのこ類:えのき茸、ぶなしめじ、など。
 -その他いろいろ

肉類は食べないので私は使いませんが、淡白な鶏肉を使うレシピが多いようです。
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。