*All archives*



《サントリーミュージアム天保山》が2010年末に休館
大阪の数少ない民営美術館《サントリーミュージアム天保山》がとうとう2010年末に休館する。
大阪港にあるとはいえ、都心から離れているので立地はさほど良くなく(都心から電車で20~30分くらい)、そのわりにかなり規模の大きい美術館だと思う。
大阪の人口は減少しているし、ミニシアターや企業の美術館(近鉄ミュージアムや、三越劇場など)も次々と閉館。東京ほどに人が集まってくる地域でもなく、文化度が高いとは言えないので、文化施設の運営は厳しいだろうし、運営する企業側の事情もあって、仕方がないでしょう。

第3セクター方式でウォーターフロントを開発した「天保山ハーバービレッジ」にある目玉施設の一つで、向い側には水族館やショッピングセンターもある。
水族館は入場料は高いけれど、昔の水族館とは違って、洒落たデザインとビジュアル的に工夫された展示で、観光名所の1つになっている。
昔から大阪観光となると、大阪城はわかるとしても、なぜか道頓堀(食いだおれ)に行きたがる人が多いのが不思議。この水族館は、修学旅行や社会見学で子供の団体さんが大量に訪れていて、大阪の開発プロジェクトでの珍しい成功事例の一つ。

《サントリーミュージアム天保山》は、大量の入館者が見込めるメジャーな美術展(外国の美術館展とか、超有名画家の作品展)は少ない。
アール・ヌーヴォ関係にはわりと強いけれど(サントリーが美術品を所蔵しているので)、他はマニアックというか、隠れた名作展みたいな展示とかが多かったような...。
ダリ展やシャガール展なども開催して頑張ってはいたけれど、展示会の回数が多くはないので、なかなか計画通りには来館者数が伸びなかったらしい。

ここへは何度か行ったけれど、グスタフ・クリムト、アンドレ・ケルテスの美術展は特に印象に残っている。
特にケルテス展が素晴らしく、あとで写真集を探して買ったくらいに良かった。
他には、アールヌーヴォー時代のポスターやガラス工芸品展(アルフォンス・ミュッシュやエーミール・ガレなど)に行った記憶がある。

この美術館は設計が安藤忠雄。彼のトレードマークのような独特のコンクリート打ちっぱなしで建造されていて、そのフォルムがとても面白い。大阪港に面したエリアは数階分を吹き抜け状にしてガラス張りしているので、ここから見る大阪港の眺めが素晴らしく良い。
建物自体はこのまま残しておくらしく(取り壊すとなったら大騒動だろう)、大阪市と活用方法について協議するらしい。
ミュージアムには、マーメイド広場という、海に張り出した屋外スペースがある。これも大阪港に面しているので、水平線に沈んでいく夕陽を撮影するには絶好の場所。ここへは何度も写真を撮りに行きました。
いろんな船が往来する様子も見れるし、ぼ~と過ごすにはとてもよい。ただし、冬はとても寒いので防寒具は必須。
このスペースはオープンスペースだったはずなので、休館(実質的には閉館だと思うけれど)後も散策はできるのではないかと思います。

 ミュージアムの概観

 ミュージアムの夕陽の写真
Secret
(非公開コメント受付中)

Yoshimiさん、こんにちわ

私は行ったことはありませんが、天保山って、地図に載っている日本一低い山でしたよね。

私は、都内に住んでいますので、以前は赤坂見附駅近く、今は六本木ミッドタウン内に移転したサントリー美術館に行ったことはありますが、大阪のサントリー美術館は行ったことがありません。

大阪で歩いたことがあるのは、日本橋の電気街、大阪駅付近の中古カメラ店街(大阪第1~4ビル)、大阪城近辺と言ったところでしょうか。関西と言うと、やはり、私にとっては京都・奈良のイメージが強いです。
大阪も最近活気がなくなっているような
matsumo様、こんにちは。

天保山はどこにも山らしきものが見当たらないので、あそこが山だと思っている大阪人はほとんどいないと思います。
東京の赤坂見附のサントリー美術館は随分昔に行ったことがあります。大阪の美術館の方が建物は立派ですが、入場者はやっぱり東京の方が多いはずです。六本木ミッドタウンには行きましたが、美術館にはまだ行っていませんね。

日本橋の電気街は、梅田にあるヨドバシカメラとか、なんばのビックカメラなどの大型量販店が出店してから、地盤沈下しています。デジカメが普及してから、中古カメラ店も減っていると思います。
東京にはしばらく住んでいましたが、やはり活気があって良いですね。東京から戻ってきたときに、大阪(を含めて関西には)沈滞ムードを感じました。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。