*All archives*



バッハ=ラフマニノフ編曲/無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第3番
バッハの作品は作曲家の編曲意欲を刺激するらしく、《無伴奏ヴァイオリンのソナタとパルティータ》も、一部の曲(楽章)をブゾーニ、ゴドフスキー、ラフマニノフなどがピアノ独奏用に編曲している。
ロマン派の曲のようにしか私には思えないようなブゾーニ、ゴドフスキーと違って、ラフマニノフの編曲版は、和声の厚みをかなり抑えて、対位法による旋律の動きが明瞭にわかるようにした、とてもシンプルな編曲。
ゴドフスキの編曲版は、あまりにも音が多くて数楽章を続けて聴いていると、かなり疲れてくるものがあるが、ラフマニノフの編曲版は、ケンプのバッハ編曲ものを聴いている時と同じで、とても心地よい感じがする。
バッハに限らず、本来は原曲を聴くのが一番良いのだろうけれど、バッハのピアノ編曲ものは結構好きなので、原曲よりもピアノ編曲版の方を聴いている曲の方が多い気がする。

このラフマニノフ編曲に関する解説が載っているサイトがあって、編曲のポイントや楽譜のサンプルが掲載されている。
《無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第3番》の編曲版はいろいろあって、サン=サーンスも編曲しているし、ピアニストだとムストネンとカツァリスの編曲版もある。
ムストネンの編曲版はMIDIがホームページの下の方に掲載されている。聴いてみると、調性がころころ変わって、やや調子ハズレになっていく感じが結構面白い。

ラフマニノフの場合は、第3番のうち、「前奏曲」、「ガヴォット」、「ジーグ」の3曲だけ編曲している。
このラフマニノフ編曲版の演奏はいくつか出ているが、Marco Polo盤のセケイラ・コスタは、柔らかい旋律の歌いまわしと軽やかで丸みのある響きで、流れが滑らか。

Rachmaninov: The Complete TranscriptionsRachmaninov: The Complete Transcriptions
(1994/07/14)
Sequeira Costa

試聴する(米国amazon)


Haenssler盤のアレクサンダー・パレイは、低音や和音の響かせ方とかいろいろ凝ったところがある。
パレイはライプツィヒ・バッハ国際ピアノ・コンクールで優勝したピアニスト。ピアノは珍しくBlüthner concert grandを使っている。
コスタよりも音色・響きが多彩で声部の分離が明瞭なので、それぞれの旋律の動きが良くわかるし、音の切れが良くて、結構面白い演奏。
スタッカートのはねるようなタッチが、ちょっとだけムストネンに似ているところはあるが、あれほど極端ではないので、抵抗なく普通に聴ける。


Alexander Paley Plays BlüthnerAlexander Paley Plays Blüthner

Alexander Paley

試聴する(米国amazon)


パレイはゴルトベルク変奏曲も録音しているが、ラフマニノフの編曲版よりもずっと表現意欲に満ちたとても個性の強い演奏。
テンポ設定やフレージングが独特。1つの変奏のなかでもよくテンポが揺れるし、装飾の域を超えてフレーズ自体が編曲されている変奏も多い。
変奏曲をさらに変奏しているようなそのユニークさは、今まで聴いたゴルトベルクのなかでは飛びぬけている。(でも、ちょっとやりすぎの気はするけれど)
全曲通しで聴いていると、バッハのゴルトベルク変奏曲ではなくて、ゴルトベルクの編曲版を聴いているような気分がしてくるのが難点。それでも、無難だけれどつまらないゴルトベルクの演奏を聴くよりはずっと面白い。ただし、度々聴きたいかというと、とても濃厚な味つけなので、う~ん...という感じ。

Bach: Goldberg VariationsBach: Goldberg Variations
(2007/05/08)
Alexander Paley

試聴する(米国amazon)

tag : バッハ ラフマニノフ

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。