ブロッホ ~ ピアノと管弦楽のための交響的協奏曲、スケルツォ・ファンタスク 

2009, 11. 23 (Mon) 18:00

エルネスト・ブロッホといえば《シェロモ》が有名。この曲がユダヤの民俗音楽的雰囲気が濃厚なので、ブロッホ=ユダヤ音楽というイメージが強い。
ブロッホの作品にはエキゾチックな雰囲気がする曲が結構多いが、古典的な典雅な構成の《コンチェルト・グロッソ》(第1番と第2番がある)があったり、ヴァイオリン・ソナタ第2番のようなミステリアスな雰囲気の印象主義風な曲もあるので、時代と作品によってトーンがかなり違っている。

ブロッホの《コンチェルト・グロッソ第1番》(以前に書いた記事あり)は、その名の通り合奏協奏曲でピアノも使われている。
ピアノ協奏曲ほどではないが、わりとピアノも目だって、和声も旋律も美しくてとても聴きやすい。この曲を初めて聴いてから、ブロッホをいろいろ聴き始めたので、ブロッホのピアノ作品の中では最も好きな曲。

《ピアノと管弦楽のための交響的協奏曲 / Concerto symphonique pour piano et orchestre》も、普通のピアノ協奏曲ほどピアノがメインの旋律を担当しているわけではないが、交響曲の主要楽器としてピアノが使われているような曲で、《コンチェルト・グロッソ》よりも、ずっとピアノの役割が大きい。
”交響曲的な”協奏曲というタイトルどおり、第1楽章はピアノによる結構長いカデンツァが入っていて形式的には協奏曲風。
ただし、ピアノが弾いている旋律は歌謡性はあまりなく、交響曲のフレーズの一部を受け持っているようで、ピアノ協奏曲ではなく交響曲を聴いている感じがする。
それでも、ピアノがオケの響きに埋もれることなく、オケとは独立した動きをしているので、存在感がしっかりあって、ピアノ部分だけを聴いていても結構面白い。

ブロッホ独特のややエキゾチックな雰囲気がする和声と旋律が出てくるが、響き自体はとても綺麗。コンチェルト・グロッソを聴きなれていれば、ほとんど違和感なく聴ける。
アメリカの現代音楽のピアノ協奏曲とは違って、悠然とした構えの交響曲的雰囲気が濃厚。調性も安定し、突発的に不協和音が暴発することもないので、ゆっくり腰を落ち着けて聴くのに向いている。
なによりスペクタクル映画のサントラでも聴いているような気がするせいか、最後まで飽きずに聴けてしまう。

この曲はそれほど録音は多くない(そもそもブロッホのピアノ作品の録音自体が多くない)。
このCHANDOS盤は、ピアノはヒルダ・ディノワ、アレクサンドル・チェルヌシェンコ指揮サンクト・ペテルブルク国立アカデミー・カペラの伴奏。
ピアノがややおとなしめでマッシブさはそれほど強くないけれど、そのかわりブロッホ独特の和声の響きと叙情感が良く出ていて、ピアノがとても美しく聴こえる。

Ernest Bloch: Concerto Symphonique; Scherzo Fantasque; Hiver-PrintempsErnest Bloch: Concerto Symphonique; Scherzo Fantasque; Hiver-Printemps
(2003/07/22)
Halida Dinova (Piano) ,Alexander Tchernushenko (指揮), St. Petersburg State Academic Capella Symphony Orchestra

試聴する(米国amazon)


ピアノと管弦楽のための交響的協奏曲 / Concerto symphonique pour piano et orchestre(1948年)

第1楽章 Pesante
冒頭は、ちょっとエキゾチックな感じがする威厳があって勇壮なオケのトゥッティ。
”ベン・ハー”とか”アラビアのロレンス”とかの歴史を舞台にしたサントラにも使えそうなくらいスペクタクルな雰囲気が充分。
それでも、ブロッホらしい独特の響きのする和声的と、ユダヤ音楽的なモチーフが織り込まれているし、緩徐部や弱音部分の曲想は、ちょっと神秘的な雰囲気で叙情感もあって美しい。
あまり歌謡性のある旋律でもなく、構成ももう一つよくわからないし、その上、演奏時間が15分と長い。そのわりに、全然飽きもせず聴けるのは、まるで映画のサントラを聴いている気分がするせい?

第2楽章 Allegro vivace
第1楽章がゆったりとした曲想だったので、第2楽章は一転して躍動的。砂漠で騎馬態の戦闘シーンでも見ているような曲。
オケはわりと勇壮な構えで重々しいが、ピアノがかなり軽快に飛び回っているところは、リズム感とスピード感が結構出ている。
中間部はテンポが落ちて、ユダヤ音楽的な旋律が登場して、清々しく晴れやかな雰囲気に変わる。第1楽章同様、緩徐部では和声もピアノの響きも綺麗。

第3楽章 Allegro deciso
冒頭の金管のファンファーレが華やか。行進曲風にリズム感のある力強い主題が展開されていく。
この楽章も、王様ご一行の行列か、勝利の行進みたいな感じもする威厳と勇壮な曲想で、とってもスペクタクルな雰囲気。
ピアノがオスティナート的に、低音部でリズムを刻んでいくことが多い。中間部は流れるようなピアノのパッセージが流麗。


スケルツォ・ファンタスク(1948年)
ピアノとオケのコンチェルティーノ風。タイトル通り、ファンタスティックな響きとスケルツォ的な快活さが共存したような曲。
《交響的協奏曲》と同じ年に作曲しているせいか、曲想や旋律・和声が良く似ている。《交響的協奏曲》の後に続けて聴くと、第4楽章でも聴いている気分になる。

タグ:ブロッホ

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。

0 Comments

Leave a comment