*All archives*



サフリ・デュオ ~ ヘルヴェグ《アメリカン・ファンタジー~レナード・バーンスタインへのトリビュート》
ルトスワフスキの《パガニーニの主題による変奏曲》の録音を探していてたまたま見つけたのが、このサフリ・デュオのアルバム。
打楽器とピアノをそれぞれ2台づ使っているというとても珍しい編成。
パーカッションはサフリ・デュオ。打楽器奏者としてはかなり有名な2人組らしい。

Safri Duo Performs Lutoslawski, Bartók, HelwegSafri Duo Performs Lutoslawski, Bartók, Helweg
(1995/11/14)
Safri Duo,Slovak Piano Duo

試聴する(米国amazon)

曲目は、ルトスフワスキの《パガニーニの主題による変奏曲》、バルトークの《2台のピアノと打楽器のためのソナタ》とキム・ヘルヴェグの《アメリカン・ファンタジー~レナード・バーンスタインへのトリビュート》

バルトークの曲は言うまでもないくらいに有名。
ルトスワフスキはピアノ協奏曲や交響曲・歌曲の方が良く知られているけれど、このパガニーニヴァリエーションは2台のピアノ用レパートリーの定番。
最後のヘルヴェグは全然知らない作曲家。ヘルヴェグはペンデレツキ、ケージに加え、ジャズにも影響されたといわれている。そのラインだと好みとは違うタイプの可能性が高いので、この盤でしか聴くこともないかも。

《アメリカン・ファンタジー~レナード・バーンスタインへのトリビュート》は、タイトルで察しがつく通り、バーンスタインの作品のモチーフがいくつも引用されているという。でも、バーンスタインの曲はほとんど聴いたことがないので、どの旋律がどの曲のものかは?。


第1楽章 Allegro molto
ピアノパートはリーバーマンのピアノコンチェルトによく似たアメリカの現代音楽風。
パーカションが入っているので、スピード感とリズム感に加えて音に色彩感もある。
ルトスフワスキのパガニーニバリエーションよりもパーカッションは控えめで、ピアノパートが前面に出て華やか。

第2楽章 Adagio
最初はややクラム風のファンタジックな感じ。内部奏法や外部奏法は使っていないので、普通のピアノの綺麗な響き。
途中からはわりと叙情的な旋律に変わって、ポップス風というかなんというか...。

第3楽章 Scherzo
パーカッションがメインで、リズミカルでポップな感じ。ここもリーバーマン風のピアノが登場する。

第4楽章 Finale
冒頭がちょっと変わっていて、パーカッションの代わりに手をカスタネットのように使っている。ピアノが入ってくると、手と交代してパーカションに。
最初はやや騒然とした感じの力強い旋律で、そのうちフィナーレらしい華やかさも出てくる。
終盤は、私でも聴いたことがあるくらいに有名なバーンスタインの曲(どの曲かは?)の旋律が登場。

この曲は、楽章ごとに楽器がかわり、色とりどりの曲想と響きの変化があるし、私の好きなリーバーマン風のところもあって、バーンスタインの作品をあまり知らなくても曲自体は面白かった。

《パガニーニの主題による変奏曲》の記事

tag : バーンスタイン

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。