ホームベーカリーで”酒かす食パン” 

2010, 01. 29 (Fri) 18:00

お正月に甘酒を作るために買ってきた酒かすが、かなり残っている。
500gパックなので、薄めの甘酒を100ccが50回くらいは作れる。
家庭用の冷蔵庫なら、長期保存は冷凍にせよと注意書きに書いてあったので、1/3づつに分割して2つは冷凍。
1つめの酒かすの塊をまだ使っているところ。

かす汁は好きではないので、この酒かすの使い途を考えていたら、ホームベーカリーで酒かす食パンが焼けるそう。
レシピはCookpadの<HBおまかせ★酒粕食パン>

最強力粉は使わないし、今ちょうど国産小麦を使っているので、レシピの分量をあれこれと変更。

 国産小麦  280g
 砂糖    15g
 塩      4g
 バター    5g
 酒かす   20g
 ドライイースト 3g
 今は冬なのでお水ではなく、お湯(30℃くらい)190cc

バターはかなり控えめ。(フランスパン風の食パンを焼くときの分量と同じ)
酒かすは、あらかじめ100℃近くに熱したお湯数十cc(分量内)で完全に溶かす。残りのお湯と合わせて、30℃くらいに温度が下がるまで冷やす。
あとは、普通にホームベーカリーへイースト以外の材料を投入。
バターは捏ね開始後10分くらいで投入している。(量が少ないので、最初から入れておいてもあまり変わらない気はする)
ホームベーカリーはPanasonic製なので、イーストは最初の捏ね工程が終ったら投入。

焼き上がった後の高さは、酒かす入りなのでもっと膨らむかと期待していたけれど、いつもの国産小麦パンと同じくらい。
国産小麦なのでもともとあまり膨らまないし、バターを最小限にしか入れていないので、そんなに膨らまなかったらしい。

翌日食べてみると、クラスト(パンの耳になる部分)は、かなりパリパリとした焼き上がり。
パンナイフでスライスしているときは、硬くて水分が少ない感じがしたけれど、食べてみるとクラム(中身)はしっとりで、少しもちもち。ほんのかすかに酒かすの甘い香りと味がして、これは意外に美味しい。
酒かすが余っている間は、パンを焼くのに重宝しそう。

タグ:ホームベーカリー

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。

0 Comments

Leave a comment