*All archives*



ホームベーカリーで”酒かす食パン”
お正月に甘酒を作るために買ってきた酒かすが、かなり残っている。
500gパックなので、薄めの甘酒を100ccが50回くらいは作れる。
家庭用の冷蔵庫なら、長期保存は冷凍にせよと注意書きに書いてあったので、1/3づつに分割して2つは冷凍。
1つめの酒かすの塊をまだ使っているところ。

かす汁は好きではないので、この酒かすの使い途を考えていたら、ホームベーカリーで酒かす食パンが焼けるそう。
レシピはCookpadの<HBおまかせ★酒粕食パン>

最強力粉は使わないし、今ちょうど国産小麦を使っているので、レシピの分量をあれこれと変更。

 国産小麦  280g
 砂糖    15g
 塩      4g
 バター    5g
 酒かす   20g
 ドライイースト 3g
 今は冬なのでお水ではなく、お湯(30℃くらい)190cc

バターはかなり控えめ。(フランスパン風の食パンを焼くときの分量と同じ)
酒かすは、あらかじめ100℃近くに熱したお湯数十cc(分量内)で完全に溶かす。残りのお湯と合わせて、30℃くらいに温度が下がるまで冷やす。
あとは、普通にホームベーカリーへイースト以外の材料を投入。
バターは捏ね開始後10分くらいで投入している。(量が少ないので、最初から入れておいてもあまり変わらない気はする)
ホームベーカリーはPanasonic製なので、イーストは最初の捏ね工程が終ったら投入。

焼き上がった後の高さは、酒かす入りなのでもっと膨らむかと期待していたけれど、いつもの国産小麦パンと同じくらい。
国産小麦なのでもともとあまり膨らまないし、バターを最小限にしか入れていないので、そんなに膨らまなかったらしい。

翌日食べてみると、クラスト(パンの耳になる部分)は、かなりパリパリとした焼き上がり。
パンナイフでスライスしているときは、硬くて水分が少ない感じがしたけれど、食べてみるとクラム(中身)はしっとりで、少しもちもち。ほんのかすかに酒かすの甘い香りと味がして、これは意外に美味しい。
酒かすが余っている間は、パンを焼くのに重宝しそう。

tag : ホームベーカリー

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。