新譜情報:ヨーヨー・マ/パールマン/アックス ~ メンデルスゾーン/ピアノ三重奏曲第1番・第2番  

2010, 01. 26 (Tue) 18:00

ずいぶん久しぶりに、パールマンの新譜が2月早々にリリース予定。(何年ぶり?)
曲目はメンデルスゾーンのピアノ三重奏曲第1番と第2番。
奏者はとても豪華で、パールマンにヨーヨー・マ、それにピアノがエマニュエル・アックス。
ヨーヨー・マも最近クラシックの新譜を出していなかったそうなので(たぶんアックスも)、CDが出るのを待っていた人は早速予約しているかも。
この顔ぶれだとよく室内楽や協奏曲で一緒に演奏しているので呼吸はぴったりのはずで、どんなメンデルスゾーンになっているのか楽しみです。

ジャケット写真をみると、パールマンもアックスもすっかりお年を召して、おぐしも真っ白。
年齢を合計すると、第2番を録音した時のイストミン/スターン/ローズの年齢を足した数と良い勝負ではないかと。

メンデルスゾーン:ピアノ三重奏曲第1番&第2番メンデルスゾーン:ピアノ三重奏曲第1番&第2番
(2010/02/03)
ヨーヨー・マ、イツァーク・パールマン、エマニュエル・アックス

試聴する(米国amazon)

タグ:パールマン アックス メンデルスゾーン

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。

2 Comments

matsumo  

NoTitle

yoshimiさん、こんにちわ

最近の傾向と言うか、ここ10年間位の傾向ですが、ピアニスト等の独奏者がCDを出し続けると言うことが少なくなってきましたね。数年間は活発に出ますが、その後サッパリと言うのが多いような気がします。これはレパートリーを出し尽くしてしまったのか、あるいは、売れなかったのかよくわかりませんが。あるいは、若いときのみしか出さないとか。バックハウス、ケンプ、アラウ等はずうっと出続けていたような気がするのですが。

2010/01/26 (Tue) 19:48 | EDIT | REPLY |   

yoshimi  

昔とは環境が随分変わっていますから

matsumo様、こんにちは。
コメントありがとうございます。

クラシックの世界も、コンクールが乱立して若手奏者も随分増えましたし、最近はCDが売れないということもあって、一人あたりのCDリリースが減っているのかもしれませんね。

ピアニストに限って言えば、レパートリーが昔より少ないことはないと思いますが(コンサートの方で忙しいのかも)、大手のレコード会社は売れる人と売れる録音に絞ってCDを出しているような気がします。最初の頃にあまりCDが売れないと、新録を手控えているのかもしれません。

昔は看板奏者も新人もそんなに多くはいなかったので、人気のある人はコンスタントに録音できたのではないでしょうか。

最近はマイナーレーベルもダウンロード販売やストリーミングサイトに音源を提供してきているので、大手よりもバラエティのある録音を多く出してきているように思います。

2010/01/26 (Tue) 22:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment