*All archives*



早坂文雄/ピアノ協奏曲
”RARE CLASSICAL MUSIC”というサイトで”日本の作曲家によるピアノ協奏曲リスト”をたまたま見つけた。
邦人作曲家のピアノ協奏曲は録音が少ないので、知らない曲の方がずっと多い

聴いたことのある曲は、矢代秋雄のピアノ協奏曲、大澤壽人のピアノ協奏曲第3番《神風協奏曲》、伊福部昭の《ピアノと管絃楽のためのリトミカ・オスティナータ》、新しいものでは、吉松隆の《メモ・フローラ》、。
作風がそれぞれかなり違っているけれど、いずれも日本のピアノ協奏曲のなかでは名曲だと思う。

早坂文雄のピアノ協奏曲(1948年)は聴いたことがなかった曲。
1948年に初演されたが、ソリストはデビューしたばかりで23歳の梶原完。彼の録音は残っていないが、NAXOS盤の録音があり、ピアノは岡田博美。
この2人が弾いていたピアノ協奏曲なら、聴いてみたくなってしまう。

Humiwo Hayasaka: Piano Concerto; Ancient DancesHumiwo Hayasaka: Piano Concerto; Ancient Dances
(2006/09/26)
Russian Philharmonic Orchestra, Hiromi Okada, Dmitry Yablonsky

試聴する(米国amazon)


第1楽章 Lento
冒頭はスローテンポで息の長いトゥッティ。
第1楽章と第2楽章の2楽章構成のため、第1楽章がLentoになっている。
トゥッティが弾く主題は、まるで葬送行進曲のように低く重苦しい。ここは、早坂氏の敬愛する作曲家の一人ラヴェルへのオマージュ。
解説によると雅楽から派生した5音音階などを使っているそうなので、東洋風な響きを感じるところがある。

ピアノパートはまるでショパンやラフマニノフのようにロマンティック。
オケの低音域から、ピアノの高音域に移動したせいか、冷たく輝くダイヤモンドのように、硬質で鋭く尖った響きが美しく、悲愴感漂う流麗な旋律に聴こえてくる。

主題は、早坂氏の亡くなった兄のポートレートに触発されて書かれたもの。
第1楽章のテーマは、兄へのレクイエムと戦争の犠牲者への哀歌。最後には安息への祈りのコラールで終える。

緩徐楽章というのは、あまり聴くのが得意ではないのに、このコンチェルトの場合は、なぜか全然退屈しない。
主題はそれほど歌謡性があるわけでもなく、シンプルな旋律が20分間の演奏中に変形されながら、かなりのスローテンポで大まかな起伏で、悠然と流れていく。
ちょっと一昔前の大型時代劇のプロローグのような曲にも聴こえる。(「赤穂浪士」とかの古い大河ドラマを聴いている気分)

どことなく漂う東洋風のエキゾティシズムと、フランス音楽風の流麗で洗練された和声と旋律が融合したような、奇妙な美しさ。
それに、時々グリーグのピアノ協奏曲を連想させる和音やアルペジオが出てくるせいか、冷んやりと清々しいダイナミックなところもある。

ピアノは岡田博美。彼は硬質で透明感のあるシャープなタッチで、色彩感も豊か。
矢代秋雄のピアノ協奏曲もNAXOS盤で弾いていたし、日本の現代音楽のピアノ協奏曲を弾かせると素晴らしい演奏になる。
ピアノの硬質で色彩感のある響きと、滑らかなタッチがこの曲にぴったり。
日本というローカル色を感じさせないコスモポリタンのような(とでも言うのか)弾き方なので、このピアノ協奏曲もとても洗練された曲というイメージがする。
曲自体も魅力的だけれど、それ以上に煌くように華麗なピアノに聴き惚れているところがかなりある。

第2楽章 Rondo
第2楽章は、一転して全く違う世界に。冒頭は、フランス風の軽妙さに、日本の民謡と運動会用の音楽をミックスしたような楽しげで、ちょっと可笑しげな雰囲気の曲。
解説によると、この楽章は、オリエント風の無垢なエピキュリアン的性格、現代的な運動性(modern mobility)結合させるという作曲意図で書かれている。

第1楽章の重々しくも華麗で洗練された旋律と、この第2楽章の子供が楽しげに遊んでいるような旋律とは、あまりにギャップがありすぎて、別々の曲だと言われても全く違和感がない。
時々、運動会やサーカスの見せ場のように、オケのフォルテの和音やアルペジオが入って盛り上がるところがあるが、再び元通りにピアノが前面に出て、リズムを刻んでいくところがとても几帳面で規則的。
この生真面目なピアノと、バックで弾くのにしびれを切らしたように、オケが突然饒舌になるアンバンスなところが面白い。
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。