*All archives*



スティーヴン・ハフ ~ ラフマニノフ/パガニーニの主題による狂詩曲
ラフマニノフの《パガニーニの主題による狂詩曲》は、さすがに有名な曲だけあって、技巧確かなピアニストの録音が多い。
古くはラフマニノフの自作自演やルービンシュタイン、アシュケナージ、カペル、リル、ワイルド、レーゼル、シェリー、マルシェフ、etc.。

よく聴くのは、カッチェンとハフの録音。いずれも、速いテンポでシャープな切れ味の技巧が冴え、爽やかなロマンティシズムが素敵。
カッチェンとハフ以外で聴くならカペル。音質があまり良くないけれど、技巧の切れ味の鋭さはもちろん、黒光りする音色と力強く引き締まったタッチが素晴らしく、少し濃いめの情感と重量感を感じさせるところが、ロシアものらしい雰囲気。
ワイルドは、滅法速いテンポで技巧の切れが凄まじく(聴いていても面白いほどに)、適度にロマンティックさもあるけれど、ちょっと騒々しすぎて、落ち着かない気分になる。

ハフは、スタジオ録音のCDがすでにリリース済み。
yotubeにあるライブ映像なら、ハフの蝶のように舞う軽やかでシャープなタッチがしっかり見れる。
見るからに細身で小柄な体格なので、(重音の)フォルテを打鍵するときは渾身の力を込めて、飛び跳ねかねない(?)勢い。ブラームスのピアノ協奏曲のライブ映像を見た時も同じだったので、力技の必要なフォルテの時はいつもこういう弾き方。
ロマンティックな第18変奏は、ハフらしいタッチで、ベタベタとセンチメンタルなところはなく、さっぱりと清々しい叙情感。

スティーブン・ハフによるライブ映像(youtube)(スラトキン指揮BBC響/2001年BBC Proms)


ハフのラフマニノフの《ピアノ協奏曲全集&パガニーニの主題による狂詩曲》のCD。
このコンチェルトの録音は日本ではそれほど有名ではないけれど(そもそもハフ自体がさほど知られていないので)、海外ではとても評価の高い演奏。全集盤なら、これさえあれば私はOK。

Rachmaninov: The Piano Concertos; Paganini RhapsodyRachmaninov: The Piano Concertos; Paganini Rhapsody
(2004/10/12)
Andrew Litton (Conductor), Dallas Symphony Orchestra , Stephen Hough (Piano)

試聴する(hyperionサイト)

tag : ラフマニノフ スティーヴン・ハフ

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。