*All archives*



ゆずの活用法
冬になると使いたくなるのが、ゆず。
皮、袋、実、果汁、種まで、まるごと使い切れるというとても重宝な食材。

 ゆずの皮と果汁 ⇒ ポン酢やお漬物。お味噌に混ぜれば柚子味噌
 ゆず(まるごと) ⇒ ジャム、ゆず茶
 種 ⇒ 化粧水づくり

ゆずの使い方や、野菜や果物、米粉、etc.のレシピが載っていて、とても役に立つ料理ブログが、<Farmer's KEIKO 農家の台所>
数ヶ月前に見つけてから毎日見ているけれど、記事がとっても面白い。

ゆずを使ったレシピは、今のところ5つ。これだけでもいろいろ出来ます。

 ゆずジャム 
 柚子茶  ゆずの種を使った化粧水の作り方も載ってます。
 柚子味噌
 柚子胡椒

 くるみ柚餅子(ゆべし)

ゆずの皮は、薄く削いで冷凍しておけば、いつでもお吸い物とかお漬物に使えるし、日持ちがしないジャムも小分けして冷凍保存しておけば、カビる心配をしなくてすむ。
さっそくゆずジャム作り。初めて作ったジャムにしては、意外に簡単で美味しく出来上がって、冷蔵庫と冷凍庫で保存。

ゆずの種で作った化粧水も、手に保湿クリーム代わりに塗ったら、これがとっても優れもの。
ペクチンで初めはヌルヌルしているけれど、すぐに乾いてお肌がスベスベ。
肌が乾燥しにくくて、乾燥してもガサガサと荒れないので、いつも使っているオリーブスクワランや薬用クリームよりも肌になじんでよく効く。
ただし、皮膚の油分が不足してひび割れた状態で使っても、効果なし。ユースキンA(とかのクリーム)を塗らないと悪化する。
難点は、水で作ったので保存性が悪いこと。アルコール(焼酎とか?)で作るか、種を乾燥させて数粒ずつ使っていけば解決しそう。
ゆずの種から作った化粧水というのは、昔からあるらしく、検索したらネットでも売っていた。

最近の人気料理ブログは、メーカーなどとタイアップして宣伝色が強いものが増えてきた。
以前は料理好きの素人の趣味のブログだったものが、最近は自分の書いた本の紹介とか(これは特に気にならないけど)、提携メーカーの製品を使ったレシピやPRめいた文章とかが増えて、かなり商売っ気を感じる。
このブログはそういうところが一切なくて、日々の農作業のドキュメントと収穫した農産物を使ったレシピががほとんど。
ブログ主は、私の住んでいるところのお隣にある京都で農業を営んでいる女性。
農作物の育っていく様子や収穫時の出来事を綴っていて、野菜の見分け方、保存方法も書いてあるし、通説の間違いも書いてたりするので、レシピと合わせて、とっても役に立つ記事が多い。
それに読んでいると、なぜかほのぼの~としてくるものがあって、それが人気ブログの理由の一つなのかも。
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。