いろんな粉で作るロールケーキ生地 

2011, 11. 27 (Sun) 18:00

簡単!米粉(上新粉)のロールケーキ生地
ロールケーキに使う小麦粉は、普通は薄力粉なんだろうけれど、試しに上新粉で作ってみたら、だまにもならず、焼き上がりのきめが細かくてしっとりしゅわしゅわな食感。

このレシピは卵、砂糖、上新粉だけで作れて、工程もとても簡単。
粉が少ないので、卵の味が強め。あまり上新粉が多いと、小麦粉と違って、生地が重たくなりそうなので、これくらいが限度かも。
卵はハンドミキサーで共立て、しっかり泡立てれば、焼き上がりがふわふわでしっとり、ちょっととろけるような食感。
このレシピで初めてロールケーキを焼いたら、全然失敗せずに綺麗な出来上がり。丸型で焼けば、スポンジケーキ。
これくらいの仕上がりの生地がお家で簡単に作れて、しかも添加物ゼロ。
生クリームは使わないのでホイップクリームではなく、自家製のカスタードクリームやチョコカスタードを塗って巻けば、ロールケールの出来上がり。
キッチンにいつも常備している食材だけで計量から焼き上がりまで、20分くらい。
クリームは、生地を冷ましている間に作ればよく、10分もかからず。
自分でロールケーキが簡単に作れるのがわかると、有名店の無添加ロールケーキは別として、添加物がいろいろ入っている市販のロールケーキを食べる気がしなくなる。


米粉「リ・ファリーヌ」で作るロールケーキ
普通の上新粉以外にも、グルテン入りの製菓用薄力米粉がかなり出回っているし、価格も随分安くなっている。
製菓用の米粉は、上新粉よりも粒子が細かいので、洋菓子に使うとキメの細かいケーキやサクサクした軽い食感のクッキーになるらしい。
小麦NGでなければ、ケーキやクッキーなど洋菓子系は、製菓用米粉をつかうと仕上がりが上新粉よりもよいかも。
和菓子はあのもちもちした食感がないと物足りないので、やっぱり上新粉で。
製菓用米粉を使うとコシがなくなるため、どうしても米粉で和菓子を作りたいなら、上新粉・米粉各50%で配合すると良いらしい。

昔から販売されている製菓用米粉といえば、有名なのがグルテンフリーの「リ・ファリーヌ・グランクリュ」。250gが400円弱とこれはかなり高い米粉。
波里から出ている薄力米粉(強力粉と違ってグルテン添加せず)は500gで150円くらい(イオンの店頭価格)。
それにしても、この価格差はかなり大きい。
両方とも国産米を使っているとはいえ、米の等級や加工方法が違うことはあるだろうし、イオンが大量購入しているのも影響しているのだろう。


目からウロコスポンジ ロールケーキの場合

ロールケーキのレシピをいろいろ探していたら、とっても面白いレシピとブログを発見。
<くにまんが日記>さんのブログは、知る人ぞ知る...という類のものらしく、このレシピを使ったレシピ本も出版されていた。

もともとはスポンジケーキ用のレシピを考案するために、粉の種類や配合を変えて試作を重ねていたもので、それをロールケーキに応用したもの。

ロールケーキ・スポンジケーキのレシピのポイントは天ぷら粉を使うこと。
家では天ぷらは作らないので、キッチンには天ぷら粉のストックがない。
天ぷら粉なら、卵の粉とベーキングパウダーが入っているので、お好み焼きもふっくら。
<Farmer's KEIKO 農家の台所>に載っていた『実家秘伝のお好み焼き』も天ぷら粉を使っていた。

目からウロコのスポンジケーキ 完璧編 その6 まとめ(レシピ)

極上ふわふわ簡単スポンジケーキ!―なんと天ぷら粉&浮き粉で大成功!! 誰も考えつかなかった驚きのミラクルレシピ極上ふわふわ簡単スポンジケーキ!―なんと天ぷら粉&浮き粉で大成功!! 誰も考えつかなかった驚きのミラクルレシピ
(2007/12)
くにまんが

商品詳細を見る


5 Comments

アメーバの友  

美味しそうな話題につられて

Yoshimiさん

こんばんは。
つい先日、お別れの挨拶をしたばかりなのに、美味しそうな話題についついつられて、出て来てきました。ロールケーキの甘い臭いが今にもしてきそうです。作るのは苦手ですが、食べるのは得意です。パンケーキも好きなのですが、何度かチャレンジしましが、どうもうまくふんわりと仕上がらす、失敗続きであきらめました。

ところで、先日の女子フィギュアスケート大会(フリー)でロシアの アリーナ・レオノワさん演技での曲は「弦楽のためのアダージョ」でした。初めて聞いたのだけれど、とても感動する曲でした。何か、人生の深い悲しみから立ち直ろうとする、そんな思い連想する1曲でした。ちなみに、浅田真央さんのリストの「愛の夢」は、とても明るくロマンを感じる曲で、しばしば聞いたことのある曲でした。

ゆりさんへ。

元気のでるコメントありがとうございました。
ここ数日は、毎日悩んでいましたが、もう悩むのも飽きました。
ご心配お掛けして、ゴメンナサイ。

また、これからもよろしくお願いします。

2011/11/27 (Sun) 22:46 | EDIT | REPLY |   

yoshimi  

レシピ使えば失敗しにくいです

アメーバの友さん、こんにちは。

ロールケーキは、シフォンケーキよりは簡単に作れます。
ちゃんとレシピどおりに作れば、大きな失敗はしません。
パンケーキはもっと簡単ですが、自己流は失敗しやすいでしょうね。

「弦楽のためのアダージョ」はお葬式でよく流れていますね。
「愛の夢」もとてもポピュラーな名曲なので、ピアノで弾いたことはあります。

2011/11/28 (Mon) 00:35 | EDIT | REPLY |   

ゆり  

こんにちは。

アメーバさん、立ち直りが早くて良かったです。
もう、お別れだとばかり思っていましたので、何だか笑ってしまいました!

ケーキ作りは理科の実験みたいです。
ちゃんとレシピ通り計量することが大事です。
いい加減は失敗します。
ふんわり出来ないのは、泡立てが不足しているのかな?
ケーキ食べるとき幸せ感じますねぇ~

ムジカさん、アメーバさん、私はピアノ曲にすっかり魅せられています。
ベートーベンのピアノソナタ第8番<悲愴>は素晴らしいです。
第23番の<熱情>もいいですね!何回も何回も聴いています。
Guldaの演奏が波長に合っています。ArrauやKempffもじっくり鑑賞したいと思っています。

アメーバさんの方がクラッシックは上級者だと思いますが、これからもよろしくお願いします。

2011/11/28 (Mon) 13:25 | EDIT | REPLY |   

Yoshimi(musica)  

悲愴ソナタは名曲ですね!

ゆりさん、こんにちは。

悲愴ソナタは、子供の頃、ピアノのレッスンで練習した曲です。
今でも第3楽章は時々弾いてます。

グルダのベートーヴェンは軽快で明るいタッチですから、とても人気があります。
全集版が出ていますが、協奏曲全集もカップリングされていて、とても安いので良く売れてます。
グルダは私の好みとは違いますが、彼のベートーヴェンなら初期のものは良いと思っています。
熱情ソナタは、名前のごとく、とてもパッショネイトですね。月光ソナタの第3楽章も、同じく怒涛のようにダイナミックな曲です。

アラウは、グルダより地味です。質実剛健で朴訥なおじさん風といったところでしょうか。
ケンプは、テンペラメントと親密感とが交錯するところがあって、気品のある演奏です。
いろいろ聴き比べてみてください。

2011/11/28 (Mon) 17:47 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/11/28 (Mon) 22:38 | REPLY |   

Leave a comment