*All archives*



アラウ ~ ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ第22番
ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第22番を初めて聴いたのが、アラウの旧盤の録音。
軽快なテンポと滑らかなタッチのレーゼルの演奏と比べると、ゆったりしたテンポで訥々とした語り口。
切れ味の良い洗練されたとはちょっと言えないけれど、なぜか和んでしまう。

第1楽章は、ゆったりしたテンポと、一音一音を確かめていくかのように、コツコツしたタッチで丁寧に弾いていくので、柔らかなレガートが美しいレーゼルとは違って、とても素朴な感じ。
古き良きロマンティシズムというのか、アラウ独特のコクがあって、遠い過去を懐かしんで回想しているような趣き。
第2主題の重音移動は、感情が噴出するような力強いタッチ。輝かしい思い出が溢れて出てくるよう。
再現部で主題旋律が装飾的に変化していくところも、再びゆったりとしたテンポで語りかけるように弾いていく。言葉で表現しにくい叙情感のあるトリルがとても素敵。
第1楽章の穏やかで深い味わいは、本当にアラウならでは。


Arrau - Beethoven sonata no.22 op.54 (I) - In tempo d`un Menuetto




第2楽章は、ややテンポが遅めで少し重たいリズム。アラウらしい太めの響きで、この楽章も音がコツコツ粒立ち良く聴こえる。
アーティキュレーションとソノリティに凝ったケンプやブレンデルの演奏には洗練されたものを感じるけれど、それと比較すると、やっぱりアラウは飾り気がなくて朴訥とした印象。
面白みがないといえばそうかもしれないけれど、聴いていてほっと安心できるような飾り気のなさと親近感を感じてしまう。

Arrau - Beethoven sonata no.22 op.54 (II) - Allegretto - Più allegro




Complete Piano Sonatas & ConcertosComplete Piano Sonatas & Concertos
(1999/11/09)
Claudio Arrau

試聴する(米国amazon)

tag : ベートーヴェン アラウ

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。