*All archives*



可聴周波数チェッカー
ちょうど1年前くらい、耳鳴りの周波数を確認したくて見つけたのが、「可聴周波数域チェッカ」というフリーウェア。

このソフトウェアは精緻なものではないそうなので、あくまで目安程度。
正確なデータは病院で検査してもらいましょう。

音量は自分で設定可能。デフォルトは30%で、この音量だと聴こえるのは12380ヘルツまで。
音量50%に上げると、12580ヘルツまでは聴こえる。
耳鳴りの周波数は、常時頭頂部から聴こえる一番高い音で12590ヘルツくらい。
この周波数以上の高音は、音量50%設定では聴きとれなくなる。

パソコンの駆動音・ファン音がマスキングして、低音の耳鳴りは聴こえない状態になっているので、指で耳を塞いで低音の耳鳴りが聴こえる状態にして、チェッカーで確認。
低音耳鳴りの周波数は400ヘルツくらい。低音は90ヘルツ以下は聴き取れず。

人間が聴こえる周波数は20Hz~20,000Hz。20歳代をピークにして加齢によって聴力が下がり、高い周波数の音が聴き取りにくくなるということは知っているけれど、低音の方も聴力が落ちている。
私の年齢だと、年相応というよりも、標準的なレベルよりも低くなっているに違いない。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。