可聴周波数チェッカー 

2011, 04. 01 (Fri) 18:00

ちょうど1年前くらい、耳鳴りの周波数を確認したくて見つけたのが、「可聴周波数域チェッカ」というフリーウェア。

このソフトウェアは精緻なものではないそうなので、あくまで目安程度。
正確なデータは病院で検査してもらいましょう。

音量は自分で設定可能。デフォルトは30%で、この音量だと聴こえるのは12380ヘルツまで。
音量50%に上げると、12580ヘルツまでは聴こえる。
耳鳴りの周波数は、常時頭頂部から聴こえる一番高い音で12590ヘルツくらい。
この周波数以上の高音は、音量50%設定では聴きとれなくなる。

パソコンの駆動音・ファン音がマスキングして、低音の耳鳴りは聴こえない状態になっているので、指で耳を塞いで低音の耳鳴りが聴こえる状態にして、チェッカーで確認。
低音耳鳴りの周波数は400ヘルツくらい。低音は90ヘルツ以下は聴き取れず。

人間が聴こえる周波数は20Hz~20,000Hz。20歳代をピークにして加齢によって聴力が下がり、高い周波数の音が聴き取りにくくなるということは知っているけれど、低音の方も聴力が落ちている。
私の年齢だと、年相応というよりも、標準的なレベルよりも低くなっているに違いない。