*All archives*



耳鳴り治療のための音響・音楽療法トピックス ~ 倍音とチェンバロ
音楽療法によれば、耳鳴りに良いと推奨されている音楽は、3000ヘルツ以上の高周波数、1/fゆらぎ、倍音-この3つが多く含まれているという。

倍音が多い楽器は純度の低い音になり、逆に倍音が少なければ、純度の高い音になる。
ピアノは倍音が少なく、逆に、チェンバロは倍音が多い。
ピアノの音はすっきりとシャープでクリアだけれど、チェンバロは濁りの混じった豊饒な音がする。
パイプオルガンは倍音が豊かで、鍵盤1つで5音が別個、または一斉に鳴らすことができるという。
ヴァイオリンなどの弦楽器やホルンも倍音が多い楽器。

倍音の説明はこちら:音響測定サウンドコラム「周波数/オクターブ/基音と倍音」

チェンバロに関するブログを読んでいたら、チェンバロとピアノの音のスペクトル分析図が載っていた。
これを見ると、チェンバロが倍音を多く含むことがよくわかる。
面白い点は、「チェンバロ程たくさんの倍音を含む楽器はそうは無いだろう。これこそがチェンバロ独特な音色の秘密なのである。これが和音になると、びっしりと平に周波数の振幅(スペクトル)で埋め尽くされて、ホワイトノイズの様になる。」という点。
そういえば、チェンバロでは和音の音を同時に全部鳴らすと、それでなくとも多い倍音が増えて濁りが酷くなるので、和音を分散させてアルペジオ的に弾く場合も多い。

バロックな話”チェンバロ音の波形2”

図:ホワイトノイズとピンクノイズの周波数特性

このブログ<バロックな話>、チェンバロを実際に所有・演奏している方のブログ。
奏法以外にメンテナンス・調律など、実際にチェンバロを持っていないとわからない話が多い。
チェンバロを弾いたことがない私には、とても面白くて勉強になる情報がいっぱい。


ホワイトノイズは、耳鳴りをマスキングする時によく使われるノイズ。
他に、ピンクノイズ、ブラウンノイズなどもマスカーとして使われている。
チェンバロがホワイトノイズ的なスペクトルを持っているなら、チェンバロもマスカー代わりになるんだろうか?
私はノイズ系は神経に障るので絶対聴かないけれど、チェンバロの響きは心地よい。
ただし、モダンチェンバロのような金属的な音はガチャガチャ煩くてNG。
チェンバロを聴くなら、やはり修復/コピーされた古楽器のまろやかな響きに限る。
チェンバロの音は、聴き慣れていない時は、ギターのような金属的な音に聴こえたし、テンポの速い高音が多い曲だと、やっぱり耳ざわりはきつい。
ゆったりしたテンポで、高音にあまり寄っていない曲の方が、耳には良さそう。
個人差があるので、いろんな曲で試してみないといけない。
バッハの組曲系なら、ゆったりしたテンポで叙情性の強いアルマンドやサラバンドあたりは良さそう。

チェンバロでよく聴くのは、ルセ、ピノック、レオンハルト、スコット・ロス。
ルセはイギリス組曲(とフランス組曲)、ピノックはチェンバロ協奏曲とパルティータ、レオンハルトはイギリス組曲とパルティータ(両方とも新盤)、スコット・ロスはパルティータ。
チェンバロの音自体は、ルセが弾いているヨハネス・リュッカースの音が適度なシャープネスとまろやかさの両方があり、響きが華麗で一番心地よい感じがする。

Bach - English Suite in E minor, BWV 810 - C. Rousset
ルセのイギリス組曲第5番:1.Prélude-2.Allemande-3.Courante-4.Sarabande-5.Bourrée I et II-6.Gigue。
ヨハネス・リュッカースのオリジナル楽器(1632年と1745年の年銘)使用。
チェンバロのやや低く太目の響きがふくよかでとても綺麗だし、ルセのテンポの速い颯爽とした演奏も素敵。




                                

たまたま見つけたのは、”倍音浴”というCD。
これ、かなり変わった音がする。
クリスタルボウルという楽器(?)を使っているので、倍音が多いらしい。
これを聴いていると、頭がクラクラして、気分悪くなってくる。
鐘が反響していくような音はキンキン耳に突き刺さるし、ほんとに頭痛がしそう。
私には全然向いていなかった。

倍音浴 Echo of Silenc

試聴ファイル


tag : 音響・音楽療法

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。