*All archives*



《何茫然》(Hamangyeon) ~ 『宮廷女官チャングムの誓い』テーマ曲
韓流歴史ドラマで有名な『チャングム』で流れている《何茫然》(ハマンヨン、Hamangyeon)。
このドラマは好きだったので、原作・ノベライゼーション、DVDにサントラ、解説本まで、いろいろ集めたもの。
そういえば、宮廷料理レシピ本も持っていた。

《Hamangyeon》は、Alessandro Safinaのテノールの歌がポピュラー。
韓国の広大な山々や自然をバックに流れていると、とても壮大で力強くて情熱的。
男声で歌う《Hamangyeon》は、ジョンホのテーマ曲らしい堂々とした雰囲気。

Hamangyeon - 하망연《何茫然》- Alessandro Safina



管弦楽版なら、女性歌手によるバージョンも、たしかドラマの中で流れていた。
女性と男声と声が違うだけで、随分雰囲気が変わる。
海辺で水と戯れるチャングムののどかで平和的なシーンには、柔らかな女声の歌声がよく似合う。

Dae Jang Geum - Ha mang yeon (Female singer)



日本盤では、森山良子がピアノ伴奏で歌った美しいソプラノの歌声がとても印象的。
3つのバージョンで一番好きなのは、透明感と親密感と静けさのあるこのソプラノバージョン。

Tears~森山良子 韓流アルバムTears~森山良子 韓流アルバム
(2006/03/01)
森山良子

試聴する
Secret
(非公開コメント受付中)

Hamangyeon
Yoshimi様、こんばんは。

最初の男性歌手が歌っている方は、とても雄大でロマン的な曲ですね。
ドラマでも流れていたと思いますが、この曲単独で聞いたことがなかったので、あらためて感動しました。
チャングムの誓いは、僕が初めて見た韓流ドラマでした。主人公であるチャングムの知的で純粋なところが、とても好きでした。
いい歌ですね!
アメーバの友さん、こんばんは。

男性歌手が歌うと、”ミン・ジョンホのテーマ"といった感じになりますね。
彼はじつにカッコイイ役回りでした。女性ファンが多いでしょうね~。
ドラマの中で流れていたシーンでは、ジョンホが流刑にされて、山道を歩いていくところの風景が雄大でした。

私は森山良子のバージョンが一番好きなので、これはMP3ファイルを買いました。
男声より女声が好きなので、クラシックで持っている歌曲のCDもほとんど女声歌手のものです。

チャングムは原作本も出てますが、ちょっとストーリーが違います。
でも、それはそれで面白いですよ。

「チャングムの誓い」は、2番目に見たものです。
一番目は、おきまりの「冬ソナ」。
そのあと、「美しき日々」、「オールイン」だけ見ました。それですっかり韓流ドラマには飽きてしまって、もう見ていません。
韓流にはまった従妹(私より年上です)は、岡山で男性俳優のファンクラブを作ったそうです。

冬ソナ以外は輸入版のDVDを買いましたが、冬ソナはどうも好きではないので、処分しました。
輸入盤はノーカットでしたから、NHKのドラマとDVDでカットされているシーンが見ることができて、得しました。
今ではNHKもノーカット版を出しているのかもしれませんが。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。