*All archives*



耳鳴り治療のための音響・音楽療法トピックス ~ 楽器の周波数解析データ
耳鳴りのマスキングに向いている楽器の音というのは、どういうものか調べていると、楽器ごとの周波数解析の論文を発見。

ピアノ、チェンバロのほか、ヴァイオリン、ギター、フルート、トランペット、オルガン、ビブラフォンなどの解析データが載っている。(”オクターブ3のド”を弾いた時のデータ)
「音の周波数解析と楽器の音色について」[2003/2/26,平野拓一(東京工業大学)]

以前の記事<音楽療法とクラシック音楽>にも載せていた「楽器別の周波数域」の図はこちら

時間波形では音の減衰のペース、周波数スペクトルの振幅では楽器ごとの倍音の多さの違いがわかる。
楽器の音の違いが、周波数解析データで視覚的に説明されるのは、私にはとても面白い。

解析対象となっている楽器のうち、好きなのは、ピアノ、ヴァイオリン、ハープシコード(チェンバロ)、ビブラフォン。
倍音の多い楽器が、ヴァイオリンとチェンバロというのは以前から知っていたけれど、波形をみるとそれがよくわかる。
とりわけチェンバロは倍音が多い。あのチェンバロ独特の豊饒な音はこの倍音の多さのため。

面白かったのは、ビブラフォンのデータ。
ビブラフォンの音色や響きはかなり好き。
ピアノとは全く発音機構が異なる楽器だと思っているので、ピアノとちょっと似た音のパターンを持っているのというのが面白い。
ビブラフォンは共鳴管が鳴ることと、ダンパーペダルを踏むと余韻を調節できるので、残響が多いエコーがかった音がするけれど、音自体はクリア。
このデータを見ると、倍音がとても少なく、音の純度が高い。

ビブラフォンの曲を初めて聴いたのは、小曽根真のデビューアルバム『OZONE』
特にジャズに興味があったわけではなかったのに、中学(それとも高校)時代にたまたま買ったかCDがこれだった。
有名なビブラフォン奏者ゲーリー・バートンのデュオという、デビュー盤にしては珍しいフォーマット。
曲想とピアノ&ビブラフォンの明るく透明感のある音色とがよく似合っていて、若かりし小曾根真らしい瑞々しさと意気込みが伝わってくるようだった。(結婚後の彼は、ピアニズムが以前と変わったように感じるけど)

「クリスタルラブ」小曽根真&ゲーリー・バートン



                              

音響測定サウンドコラム「周波数/オクターブ/基音と倍音」の解説によると、基本周波数(基音)と倍音の関係は、基音が最も成分としてレベル(音量)が高く、倍音は基音よりレベルが低い、という傾向にある。
しかし、ギターなどの撥弦楽器やピアノなど打弦楽器は、弦と強さによって、時間と共に、第2倍音(オクターブ上)の周波数の方がレベルが高くなる場合がある。弦の端で反射する振幅が進行する振幅と一致するからだという。

「音の周波数解析と楽器の音色について」の著者コメントでも、基本波よりも倍音の方が強いがあるが、音の高さとしては基本波の周波数を音の高さとして感じる、と書いていた。

「音の周波数解析と楽器の音色について」の周波数解析データを見てわかったことを記録のためにメモしておいた。(でも、この見方、合っているのでしょうか??)

ピアノ
-音の減衰が早い。周波数域が狭く、周波数が高くなると一気に音量が下がってゼロに。倍音が少ないことがよくわかる。

ヴァイオリン
-ピアノと違って、音がかなり持続する。周波数域はピアノより幅広く、音量も大きい。ピアノより明らかに倍音が多い。

フルート
-ヴァイオリンと同じく、音がなかなか減衰しない。周波数域は、ヴァイオリンよりは狭いが、ピアノよりは広い。

アコースティックギター
-ナイロン弦とスチール弦では、音の減衰パターンはあまり変わらない。
-周波数域の特性がかなり違って、ナイロン弦は周波数域が狭く、スチール弦は広いので、スチール弦の方が倍音が多い。

チャーチ・オルガン
-音の減衰が遅い。周波数分布がかなり規則的。パイプオルガンなら、倍音となる音を独立したパイプでそれぞれ発音可能なため?

ビブラフォン
-時間波形はピアノに少し似て、減衰は比較的早いが、そのペースはピアノよりも遅い。共鳴管が振動して音がなるために、残響が長くなっているのだろう(たぶん)。
-周波数スペクトルの振幅も狭く、ピアノよりもさらに倍音が少ない。

ハープシコード(独:チェンバロ)
-ピアノよりも音の減衰が遅いので、残響が長い。実際、CDでチェンバロ演奏を聴くと実感する。
-音量は大きくはないが、発生する周波数の幅が広く、チャーチ・オルガン以上に倍音が多い。

tag : 音響・音楽療法

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。