ウゴルスキ ~ ブラームス/ピアノ・ソナタ全集 

2011, 05. 08 (Sun) 09:00

長らく廃盤だったウゴルスキの『ブラームス/ピアノ・ソナタ全集』が、”タワーレコード・ヴィンテージ・コレクション~5周年記念特別版”として、2011年3月4日に再リリースされています。

 ブラームス: ピアノ・ソナタ全集(Anatol Ugorski)[TOWER RECORDS UNIVERSAL VINTAGE COLLECTION]  

(試聴ファイル:別盤)
ピアノ・ソナタ第1番~第3番、左手のための《シャコンヌ》[DISK:20~21]
ヘンデルヴァリエーション

ヘンデルヴァリエーションは極めてダイナミックで表情多彩な怪演(私はわりと好きです)、左手のための《シャコンヌ》はウゴルスキならではの繊細・流麗な響きが独特の超個性的な演奏。

ピアノ・ソナタの方はよく覚えていませんが、ヘンデルバリエーションとシャコンヌだけでも聴く価値は充分。
この選曲で2枚組1500円というのは、とってもお買い得。

たぶん昔の来日公演のライブ映像。吉田秀和氏が新聞でレビューしていた演奏だと思います。
ゆったりとして微妙に伸縮するテンポと繊細で柔らかな響きの弱音、濃密な叙情感は、普通弾かれるであろうブラームスとバッハとも全く違う奏法。こういう風に弾くのはウゴルスキしかいないでしょう。
スタジオ録音の方は、演奏時間が17分半とライブより1分ほど短いので、少し速めのテンポ。タッチもやや強めシャープなので叙情感が少し薄めだけれど、それでも十分情感深く流麗なシャコンヌ。

Anatol Ugorski Brahms Chaconne for left hand 1/2


Anatol Ugorski Brahms Chaconne for left hand 2/2



[関連記事]
 バッハ=ブラームス編曲/左手のための《シャコンヌ》
 ウゴルスキ~ブラームス/ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ

タグ:ブラームス ウゴルスキ

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。

0 Comments

Leave a comment