*All archives*



バッハ&ブラームス~コラール前奏曲"Herzlich tut mich verlangen" (オルガン版、ピアノ編曲版)
ブゾーニがピアノ独奏用に編曲したブラームスの《11のコラール前奏曲》の第10曲"Herzlich tut mich verlangen"があまりに気に入ったので、いろいろ調べていたら、バッハのコラールにも同名の曲がある。
それに、ブラームスは第9曲も同じタイトルのコラール"Herzlich tut mich verlangen"。

バッハのオルガンコラール《わが心の切なる願い』(Herzlich tut mich verlangen,BWV727)と同じ旋律が使われているのは、《来たれ、汝甘き死の時よ》(Komm, du süße Todesstunde,BWV161)と、一番有名なマタイ受難曲のコラール《おお頭は血と傷にまみれ》(O Haupt voll Blut und Wunden)。
コラールの歌詞は違っていても、もともとの旋律はハンス・レオ・ハスラーの恋歌「わが心は千々に乱れ」。
Wikipediaの解説J.S.Bach/MIDI Orgel
 
ブラームスの《11のコラール前奏曲》の第9曲と第10曲"Herzlich tut mich verlangen"で使われている旋律は、このバッハのコラールと同じもの。
オルガンの場合、第9曲のコラール旋律が、第10曲ではペダル鍵盤で弾かれる。そのせいか、第10番をピアノ版で聴くと、第9番とは随分違った曲に聴こえる。
(21世紀音楽芸術研究会の作品解説)


バッハのコラール前奏曲"Herzlich tut mich verlangen" BWV 727

オルガン原曲版(オルガン:ワインベルガー)
Chorale Prelude "Herzlich tut mich verlangen" BWV 727



Gedikeのピアノ編曲版(ピアノ:ボシュニアコーヴィチ)
Oleg Boshniakovich plays Bach "Herzlich tut mich verlangen"




ブラームス《11のコラール前奏曲 Op.122》より第10番"Herzlich tut mich verlangen"(心からの願い)

オルガン原曲版(オルガン:イニッヒ)
Choralvorspiele op. 122: Herzlich tut mich verlangen


ブゾーニのピアノ編曲版(ピアノ:ジェイコブス)
Paul Jacobs: Herzlich thut mich verlangen (2nd version) (Brahms-Busoni)


tag : バッハ ブラームス ブゾーニ

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。