*All archives*



ポール・ジェイコブス ~ ドビュッシー/《映像第1集》より ”Mouvement”
ポール・ジェイコブスのドビュッシー。今回は《映像第1集》の"運動(Mouvement)"。
ドビュッシーの《版画》以降の曲には名曲がひしめいているので、"運動"が特に好き...という人はあまりみかけない。
なぜか私が好きなドビュッシー作品は、"雨の庭"と"運動"。それに、《前奏曲》の"交代する三度"や"花火"も面白い。
元々緩徐系が苦手なので、ドビュッシーに限らず、こういうアクティブな曲に好きなものが多い。

この"雨の庭"と"運動"も速いテンポでリズム感と躍動感があって、印象派風絵画よりも、ずっと鮮明な色使いとシャープな輪郭で描かれているようなイメージ。
摩訶不思議な雰囲気がすることの多い他の作品と比べて、ピアニストによる弾き方の違いがかなりはっきりわかる。

Debussy: Images/EstampesDebussy: Images/Estampes
(2002/08/04)
Paul Jacobs

試聴する(米amazon)[Nonesuch原盤にリンク]


《映像 第1集》 "Images 1" 

1.水の反映 "Reflets dans l'eau"
2.ラモーを讃えて "Hommage a Rameau"


3.運動 "Mouvement"
タイトルどおり、"運動"という抽象的な概念を音で表現している曲。
メカニカルな動きからいろいろ連想できるし、楽譜を見ながら聴いてみると、この音の配列だと、こういう音の塊と響きになるんだな~と、とても面白く聴ける。

同じような音の動きなのに、クリスピーなタッチを多用してメカニカルな動きの印象が強かったり、強弱のコントラストを強くつけてダイナミックに表現したりと、ピアニストによってやっぱり違いがある。
CDを選ぶときに、収録されていれば必ずこの曲(それに《雨の庭》)を聴いて判断すれば、後で他の曲を聴いてCDを買ったことを後悔することがまずない。

ジェイコブスの場合は、音のニュアンスが幅広くて、レガートな流れは物語風。
冒頭は序章的な旋律で、テヌートがついた音のニュアンスがちょっと面白い。
柔らかい音色で、あまり音が立ってこないので、メカニカルではあっても、どことなく楽しげな雰囲気。

冒頭の三連符のオスティナートの響きは、回転する独楽を連想する。
主題的な旋律は、右手高音で弾くフォルテの和音。煌くような輝きのある音で、旋律は空間的な広がりと何かが始まるような躍動感。
En augmentant に入ると、タービュランスのような混沌感に変わり、冒頭部分が再現されて、終わりは独楽が回転力を失って徐々にゆっくり回り始めてとまるように、フェードアウトしていく。

ジェイコブスの"運動"は、音色が暖かくまろやかなで、明るく快活なタッチ。
コラージュ的に次から次へと変化する主旋律はレガートで、ニュアンスも豊か。
ミニマル的な動きの細かな三連符やアルペジオは、ペダルをかなり使って残響がやや長めで、クリスピーな響きが少ないせいか、あまりメカニカルな感じはしない。

曲自体にダイナミズムがあるので、"独楽"のような単体の動きというよりは、物質が化学反応しながら新しく何かが生起していくようなイメージの方が強い。
でも、ジェイコブスの演奏には開放感と躍動感があるので、時に太陽がきらきらと輝く田園の風景だったり、子供が楽しげに遊んでいる情景だったり、モチーフが変わるたびにいろんな具体的な情景が浮かんできてしまう。

                              

ジェイコブスの他に好きな"運動"というと、アラウのスタジオ録音。
指回りが良いとは全然いえないけれど、そのせいでメカニカルな感じがかなり稀薄。
それとは正反対に、厚みと丸みのある響きと相まって、三連符は虫の羽音みたいだし、何か得体の知れない生き物のような"有機的な生命体"が音の背後で蠢いている気が(私には)する。
クリアな色彩感と音色で弾かれるドビュッシーとは違っていて、こういうところがアラウ独特のドビュッシー。

Claudio Arrau plays Debussy Images: Book Ⅰ, no.3, "Mouvement"



オーソドックスというか、やはりドビュッシーの"Mouvement"はこういう曲なんだろう思うのがミケランジェリ。
主題が再現される直前のフォルテのパッセージで、少しタッチが重くなってリズム感が鈍くなる(スタジオ録音はもっと粘りがでる)。ここはベロフも似たような弾き方をしていた。

Michelangeli plays Debussy Images 1/3 - Mouvement

tag : ドビュッシー ジェイコブス アラウ ミケランジェリ

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
Secret
(非公開コメント受付中)

お気に入りのCD
Yoshimiさん、こんばんは。

Paul JacobsのCDやっと届きました。
AVATORMUSICから発送のメールが入って僅か3日後にです。標準便で依頼し直した筈なのに、AIRで届きました。支払い金額は、注文時のままなので、こちらとしては問題なしなのですが、特急便との差が分かりませんね。

ところで、CDのケースは輸送途中に壊れたようで、右上部分が見事に粉々になっていました。尖った破片がいっぱい散らばって、危なかった。せっかく苦労して手に入れたCDゆえ、即、修復しました。これでOKです。

<到着時>
http://www.flickr.com/photos/tinnitus000/5957786370/in/photostream/lightbox/

<すぐに修復>
http://www.flickr.com/photos/tinnitus000/5957788890/in/photostream/lightbox/


さて中身の音楽ですが、全部で約2時間40分、聴き応えありますね。今まで、こんなに真面目にピアノソロの曲を聴いたことがありませんでした。とてもスッキリとした躍動感のある曲も多く、買ってよかったと思いました。高音域は少し、頭に刺激を伴いますが、全体として心を静かにしてくれます。中には運動会で良く聴く曲や、CMで聴いた覚えのある曲もあったりしますね。

それにしても、かなり古い頃の録音だと思うのですが、ずいぶん音質のいい状態なのに驚きました。ピアノのキー一つ一つの音色が、鮮やかで、それゆえとてもはっきりと心に滲み込む感じがします。
早速届いてよかったですね~
アメーバの友さん、こんにちは。

CDケース、壊れてしまって残念ですね。それにしても、とても綺麗に直ってます。手先が器用な人はうらやましいです~。
私は、予備のケースをストックしているので、それと交換してます。

海外からの郵送の場合、ケース破損はよくあることです。経験的に言えば、オーダー10件あたり1件くらい破損していて、もう10回近く被害に会いました。
以前、出品者に交換してほしい...とamazonのアカウントページからメールしたら、返品またはケース代返金(150円)を選べと言われて、返金してもらったことが2回あります。面倒なので、最近はクレーム連絡するのは止めましたが。

AVATORMUSICは、随分速いですね!3日後というのは異常な速さです。英国だと、速くて1週間くらいなんですけど。
たぶん、郵送料を高めにチャージしているので、その差分でグレードアップして送ってくれたのかも。
ケース破損があったとはいえ、このスピードと低価格なので、まずまずの買い物だったのではないでしょうか。

CD1は、現代音楽風。リズム感がよく、前衛的でシャープな曲が多いので、好みにあえば面白いですが、まあ好みは分かれます。
バルトークとメシアンが素晴らしい出来です。特にメシアンの冷たく突き刺さるような高音が印象的です。でも、聴覚過敏の人にはお勧めしませんが。

バッハやモーツァルトに限らず、クラシックはいろんな曲が使われていますから、聴いたことのあるメロディもあるのでしょう。運動会は実はクラシック音楽の宝庫です。リストのピアノ協奏曲が使われているのを発見したこともあります。

1970年代後半のスタジオ録音で、ピアノソロなら、このくらいの音質は出てくると思います。
ただし、モノラル・ステレオ期に関しては、レーベルによって音質の良し悪しがかなりあり、EMIは音質が悪いので有名でした。逆に、Philips、DECCAは音質が良かったです。
原盤のNONESUCHはもともと音質が良いのかもしれませんね。マスターテープの状態が良いと、リマスタリングしても綺麗ですし。
音質が良いこともありますが、ジェイコブスの音色が綺麗です。柔らかく丸みがあって、耳に心地良い響きます。

やはりブゾーニのテンポの遅い曲は、しっとりとした静けさがあって、精神的に落ち着けて良いですね。
特にバッハとブラームスの編曲ものは、もとがコラールなので静謐な祈りの曲が多いです。速いテンポの明るい長調の曲も入っているので、明暗・静動の変化があるので、眠くならずに聴けます。
160分近くもあるので、好きな曲もいろいろ見つかると思います。初めはそう思わなくても、何度も聴くと好きになったりすることもありますね。
クラシック音楽の世界は、時間とエネルギーを注げば注ぐほど、多くのものが返ってくると思っています。
ブラームス
Yoshimiさん、こんにちは。

Debussy: Images/Estampesのリンク先(amazon)で、Debussy以外にBRAHMSのMP3ダウンロードが表示されましたので、つい興味本位でその先の曲をの1番目「J. Brahms - (1/5) Symphony No. 1 in C minor, Op. 68 - I. Un poco sostenuto - Allegro - Meno allegro」を聞き始めたとたん、とてもインパクトがあり、早速Youtubeで探して

 http://www.youtube.com/watch?v=F8L62eB64lU

何度も聞いていました。
始まりの部分のなんとも重厚な演奏に惹かれてそのまま聞きいってしまいました。以前に、どこかで聞いた覚えがあるのですが、なぜか思い出せません。以前はほとんどクラシックに興味をもっていなかったからでしょう。ピアノソロ以外でも、このようなオーケストラの演奏も良いですね。ピアノが無いのに後から気づきました。

追伸:今日の気候は涼しくてとても過ごし易いです。用事があり少しばから東京ドーム前まで出かけましたが、肌にあたる風が少しひんやりしてなんとも言えない涼しさでした。これでもう少し湿度が低ければ言う事無し。
ブラームスの交響曲はどれも名曲です
アメーバの友さん、こんばんは。

今日はこちらは曇りですが、昨日よりもずっと涼しくなりました。
蒸し暑い大阪に慣れているので、以前東京に住んでいたときは湿度が低くて、クーラーなしで暮らせました。

Youtubeの曲は、ブラームスの交響曲第1番の第1楽章ですね。
大変有名な曲でファンも多く、指揮者・オケが異なる名盤が多数あります。
卒業式や入学式などの祝典でBGMに流れていることが多いので、どこかで聴いたことがあると思われたのでしょう。

バレンボイムが指揮しているのはすぐにわかりましたが、West-Eastern Divan Orchestraは私は知らないオケです。場所はアルハンブラ宮殿なので、アルカイックな雰囲気がとっても素敵です。調べてみると、この演奏会は「グラナダ国際音楽舞踏祭」のプログラムのようです。
第4楽章は、高揚感と開放感があって良いですよ。
小澤征爾/サイトウ・キネン・オーケストラのロンドンでのライブ録音がありました。
http://www.youtube.com/watch?v=1swZLTU6LSM&feature=related

ブラームスの交響曲は4曲ありますが、私はどの曲も好きです。ピアノ曲のことばかりブログには書いてますが、交響曲も有名なものは一通り聴いてますし、好きな曲もたくさんあります。
交響曲は、楽器の種類も多く音色も多彩、シンフォニックな力強さと多様な表現力で、ピアノとはまた違った良さがありますね。
男性の方は、交響曲が好きな人が多いです。ピアノと同じく演奏者(指揮者・オケ)によって、演奏が違うので、異聴盤探しに凝るとCDコレクターと化します。

第1番 ベートーヴェンのように勇壮で堂々。ブラームスが満を持して発表した渾身の曲です。
第2番 「田園」のように明るく快活。
第3番 壮大でロマンティック。特に第3楽章は映画音楽にも使われていたので有名です。
http://www.youtube.com/watch?v=ERF45KiPOwI&feature=related
何度聴いてもこの第3楽章は美しくて、初めて聴いた時はとても感動しました。

第4番 晩年の作品で陰翳の濃い叙情感と寂寥感が強い曲です。
最初にクラシックにはまるきっかけになったのはブラームスの第3番ですが、特に好きなのは第4番です。

交響曲は山ほどあって形式・作風も多様なので、いろいろ聴いてみれば、ご自分の好みがはっきりしてくると思います。
交響曲のCDを探すときは、こちらのサイトで作品解説と名盤がたくさん載ってますので、ご参考にされると良いと思います。

「ハルくんの音楽日記」
http://harucla.cocolog-nifty.com/blog/

映画がお好きなら、クラシック映画を聴くといろんなジャンルの曲が一度に聴くことができます。
ポピュラーな映画では、モーツァルトなら『アマデウス』、ベートーヴェンなら『敬愛なるベートーヴェン』がおすすめです。
追伸:ライブ映像差し替え
小澤/サイトウ・キネンのライブ映像は、こちらの方がずっと音質が良いです。
さっきの映像は音が篭もって、曲と演奏の両方の良さがわかりにくくて。

第4楽章は2つのファイルに分割されてます。
http://www.youtube.com/watch?v=OlSfMfo5PXI&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=tKvQQajKg5Q&feature=related
RE 追伸:ライブ映像差し替え
Yoshimiさん、こんにちは。

最初は気づかなかったけど、少し聴き進む内に良く聞いたことのある曲であることに気づきました。つなぎ目が少し、ひっかかりましたが、最後まで聞かさせて頂きました。小澤さん若かったですねー。(笑)
小澤征爾はやはり凄い人です
アメーバの友さん、こんばんは。

小澤氏のライブ録音はCDで持っていますが、ライブ映像は初めて見ました。
サイトウ・キネン・オーケストラというのは、指揮者で教育者だった斉藤秀雄氏の弟子筋の人が集まって結成したオーケストラで、プロのソリストも参加することがあるという有名なオケです。

小澤氏はタクトを使わないんですね。指揮する姿はキビキビと引き締まった躍動感があって良いですね。彼が人気があるのもよくわかります。
指揮者は、指揮能力以前に、運動神経が良くて体力がないと務まりません。

これは20年前の映像ですが、最近病気療養からカムバックして、同じブラームスの第1番をサイトウ・キネン・オーケストラとニューヨークで演奏してます。
このライブ録音がCD化されていますが、かなり評判になってます。演奏内容については否定的な批評もあるようですが、小澤氏のファンなら聴かずにはいられないでしょう。

小澤氏が指揮者としてデビューする前後の自伝『ボクの音楽武者修行』が新潮文庫から出てます。
これは面白いですよ。私は何度も読みました。まだ日本が発展途上だった頃の時代の熱気や、自分で運命を切り開いていくヴァイタリティが伝わってきます。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101228019/fc2blog06-22/ref=nosim/
まだまだ聞きますーPaul Jacobs
Yoshimiさん、こんばんは。

ここの所、毎晩のようにクローズ型ヘッドホンで周囲の音をシャットアウトして、先日入手したCD(正確には、CDを最高音質でiTUNESに取り込んだ物)を聞いています。耳に合うもの、合わないもの、その日の具合にもよりますが、面白いという訳でもないのですが、コブスのピアノに惹かれて、つい聞きいってしまいます。

今日、ふと気づいたのですが、The Six Sonatinas for Piano:Sonatina no3~4はあるのに、なせno1,no2は無いのか、CDからの読み込みミスかと思いましたが、そうではありませんでした。これは、ひょっとして、Busoni: Sonatina no1,no2がそれに相当するのかなどと考えてみたりもしますが、ずいぶんと雰囲気が違う物のように思い、これらは別物であると考えました。

no3の始まりは、なんとなく心和む始まりで、僕は好きです。序盤に引き続く、軽快なリズムもまた聞き心地が良いですね。
でも、ミステリアスなイメージで始まるRubatoも、短い時間ながら、不協和的なとても早いリズムでの演奏が何かを仰ぎ立てるような不安といいますか、、、これも思わず耳が離せません(?)。

それにしても、「ハル君の音楽日記」もとても細かく解説されていますね。一瞬、これもYoshimiさんのブログかと錯覚してしまいました。

それでは、また。
Busoni&Jacobs、お気にいられて何よりです
アメーバの友さん、こんばんは。

ヘッドフォンは、音が細部まで良く聴き取れるので便利ですね。
昔は良く使ってましたが、ヘッドフォン難聴の解説を読んでからは、Walkmanを使うのはやめました。セミオープン型のヘッドフォンを持ってますが、聴く時間数をかなり制限してます。
まあ、クラシックは、ロックのように電気的に増幅された音をガンガン鳴らす音楽ではないので、大丈夫だとは思いますが。
個人差があるのでしょうが、経験的に言えば、ヘッドフォンは高周波数の音が一層強くなるせいか、高音の耳鳴りを著しく増幅させることが多いので、私の耳には良くはないようです。

>ひょっとして、Busoni: Sonatina no1,no2がそれに相当するのかなどと考えてみたりもしますが、
>ずいぶんと雰囲気が違う物のように思い、これらは別物であると考えました。

いえいえ、最初の推測の通りです。
”The Six Sonatinas for Piano”は、No.1とNo.2 がCD1の最後に、続いてNo.3~6が、CD2の最初に、2枚にまたがって収録されてます。
こういう組曲形式の場合は、曲によって作曲様式・技法・曲想が全然違うことは、クラシック音楽ではよくあることです。

No.3は主題旋律と和声がとても綺麗ですね。多少不協和的な和声が入ってますが、聴いているととても心穏やかな気分になれます。
聴き慣れてしまえば、無調や不協和音の曲がそれほど苦手ではなくなりましたので、現代的な摩訶不思議な不安定感漂うNo.2は結構面白く思えます。おそらく、6曲のソナチネのなかで、NO.2が一番独創的でしょう。
バルトークのRubatoはいかにも練習曲風ですが、アルベジオの和声の響きが不可思議な雰囲気を増幅する感じがします。それに、リズムが面白いです。

ハルくんさんは、かなり昔からクラシックをお聴きになっているようですので、名盤はとても良くご存知です。
クラシックブロガーの方には、LP時代からずっとクラシックを聴いて来られた方を良くお見受けします。
クラシックにはまると、とても長~い(ほとんど終生にわたる)お付き合いになってしまうのです。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。