*All archives*



LOGICOOL/PCスピーカー X-140 【製品レビュー】
DELLのパソコンにつけていた外付けスピーカーが1週間くらい前にとうとう故障。
ガーガー、ピーピー大音量の雑音ばかりで、使い物にならないので、新しいスピーカーを買うことにしました。

調べてみると、このスピーカー(AS500PA TFTモニタ用スピーカー)はDELL製液晶ディスプレイ専用品だったようで、10年ほど前に5000円くらいで購入。
ボリュームつまみしかないけれど、PC用にしては音はそこそこ良く、一番の利点はディスプレイ下部に吊り下げた形でセットできるという省スペース性。
今は、DELLではこのスピーカーは取り扱っておらず、ONKYO,CREATIVE,LOGICOOL,LOGITECHなどのPCスピーカーをオプションでつけるようになっている。

スピーカーについては、度々購入するものではないので、さっぱりわからない。
いろいろ調べてみると、パソコンにつける場合はアンプ内蔵のPCスピーカー(アクティブスピーカーとも言うらしい)でないといけないとか、低音用のウーファというものがついている機種もあるとか、知らないことばかり。
amazonの売れ筋ランキングとレビュー、価格comのレビューとクチコミをチェックしていると、基本的な知識に加えて売れ筋製品もわかるので、とっても便利。
価格帯は千円くらいのものから1万円以上のものまで、いろいろ。売れ筋は3000円前後のもので、一番売れているのが、Creativeの"Inspire T10 IN-T10"。
ONKYOやBOSE製品も良さそうだったけれど、サウンドカードがないとそれほど高い音質にはならないらしい。BOSEは低音が良く響くらしく、ちょっと煩い気がする。
CDでしっかり聴くときはステレオで聴くので、パソコン用にはそこそこまともな音が出る程度のスピーカーにして、結局、LOGICOOLのPCスピーカー(X-140)を購入。

X-140の特徴は、すっきりしたデザイン、重さがあって安定している、電源内蔵、低音はtone調整できる、合計出力5W、ウーファーなし、という点が気に入り、3000円という価格のわりに音質も良いらしい。
パソコンに接続してすぐに聴いてみると、音が薄っぺらくて軽くて、それにモコモコした感じ。
今まで使っていたDELLのスピーカーの方がずっと音が良かったので、やはり価格相応かと思ったけれど、エイジングすると変わるかもしれないので、オケやピアノの音源を数時間聴き続けた。
このスピーカーは、ある程度の音量を出さないと音が篭もりがちになるらしく、ボリュームつまみを2/3くらいに設定するのが一番良い感じ。
toneつまみは真ん中で。それ以下にすると高音が小さくなって篭もるし、それ以上にすると低音がボンボンと響いて煩い。
ただし、ピアノソロを聴くと、低音がボンボン響きすぎるので、1/4くらいの位置に変えても良い感じ。

翌日もエイジングしながら聴いていると、こんな小さいスピーカーでも、エイジング効果で随分音が良くなっている。
昨日は薄っぺらい金属的な音だったのが、芯のあるしっかりした音で、音抜けもよくてクリア。
固定型のDELLのスピーカーと違って、音に立体感と広がりがあるし、3000円のスピーカーでこれくらいの音質で聴けるのなら充分。良いお買い物でした。

LOGICOOL スピーカーシステム 2.0ch PCスピーカー X-140LOGICOOL スピーカーシステム 2.0ch PCスピーカー X-140
(2006/10/06)
ロジクール

商品詳細を見る



Secret
(非公開コメント受付中)

僕はヘッドフォン派
Yoshimiさん、こんばんは。

パソコン用のスピーカーは低価格で音質の良い物が沢山出ていますね。
ロジクールのスピーカ、小ぢんまりとしていて、デザインも色もお値段以上の高級感があるように思いましたよ。音楽を再生する側のPCはDELL製とのことなので、たぶん筐体の色は黒系、ディスプレイもきっと黒色かとおもいますので、このスピーカーなら違和感なく収まっているのではないでしょうか。音量の調整に少し苦労されたようですが、パソコン本体のサウンド出力側とのインピーダンスの相性みたいなものもあると思いますので、そこは慣れでしょうかね。

ところで、今はUSBーDACというのがマニアの間では流行り始めているようですね。マニアというか、音楽をより高いクオリティで、自分の満足する音で聞きたいという方の間では、だいぶんと浸透し始めているようです。値段もピンきりですが、装置だけでもやはり2~3万円は最低覚悟しないと、音の品質確保は望めないと思います。

USB-DACについて:http://www.phileweb.com/magazine/digital-audio/201002/22/3.html

僕は、ステレオを持っていませんので、音楽はいつもパソコンで聴くことがおおいです。
ですから、PC付属のスピーカーではとてもお粗末な音ですし、普通の外付けスピーカーでも満足できず、BOSEのQuietComfot 15というノイズキャンセリング付きのヘッドフォンで聴くことが多いですね。周囲の騒音がカットされ、自分の目の前で回っている扇風機の音さえも、ほとんど聞こえなくなります。その分、最初の頃はその状態に慣れるまでに違和感がありますが。

ピアノソロの曲を頻繁に聴くようになってから、最近このヘッドフォンの良さを改めて感じました。ピアノの細かく、繊細な部分や音の細く長い音の伸びなどが、とても良く感じ取れます。おそらく、今までは、ボーカル中心で、楽器(今だとピアノ)中心に音楽を聴くということが、ほとんどなかったからでしょうね。

スピーカーとヘッドフォン
アメーバの友さん、こんばんは。

最近のPC用スピーカーは価格相応の音質とはいえ、昔よりも随分良くなってますね。
PCで聴くときは、CD試聴か、ブログ記事を書く時のレファレンス聴きなので、”ながら聴き”になることも多いです。
ロジクールは電源内蔵で適度な重さがあって安定感もありますし、スペックも音質もこの値段なら全然文句なし。ウーファなしでも低音は調整次第で良く響きます。よいお買い物でした。

ステレオで聴くヘッドフォンを探していた時に、”音質は上流側の装置のレベルに依存するので、ヘッドフォンだけ高級機を買っても必ずしも音が良くなるとは限らない”...とか書かれていた記事がありました。
そんなものかなあと思ったので、そこそこのヘッドフォンを買うことにして、結局、AKG-K240studioというスタジオモニター用ヘッドフォンを使ってます。
モニター用なので、音に変な癖がなくて、とても聴きやすいです。特に中音~高音が繊細で、器楽・室内楽系には向いてます。でも、低音はちょっとモコモコするのが難点.AKGのヘッドフォンに共通するクセです。

BOSEのPC用スピーカーは試聴しましたが、低音が強めでかなり耳にボンボンくるので、AKGやスピーカーの音に慣れているせいか、どうも苦手です。ヘッドフォンも音質的には似ているように思いますが、交響曲系だと低音が重厚で充実していて良いのではないでしょうか。

昔からステレオで聴いていることと、私の耳鳴りの原因の一つはウォークマンやヘッドフォンではないかと疑念を持っているので、基本はステレオ(またはPC)のスピーカーで聴いてます。
それに、ヘッドフォンで長時間聴くと、耳鳴りを刺激して増幅するので、私には聴覚神経にダメージを与えやすいリスクの高い聴き方なのです。
それでも、やはりヘッドフォンで聴きたくなることはありますが、おっしゃるとおり、高音の美しさ、それに細部の微妙な表現やニュアンスはヘッドフォンの方が良く聴き取れますね。
ハイエンドの上級機種ならヘッドフォンがなくても良いでしょうが、私のステレオセットはハイエンドのエントリークラスのものなので、細部まで鮮明に聴きとるとなると、ちょっと厳しいですね。
そういえば、ヘッドフォンは、その価格の10倍相当のスピーカーに相当すると言う人もいますから(本当にそうなのかわかりませんが)、単価数十万円のオーディオ機器に凝るより、数万円のヘッドフォンを使った方が良いという考え方もできますね。

問題は、スピーカーで聴く場合と、ヘッドフォンで聴く場合では、聴き方が変わってしまうところでしょうね。ヘッドフォンだと音の粒がクリアになり旋律が立体的に聴こえ、細部に注意が向いてしまいがちです。聴き比べるとわかるのですが、曲が幾分違って聴こえます。
かといっても、どちらの聴き方が自然かというと、そもそもCD・プレーヤー・アンプが実際の音を再現しているかどうかも疑わしいので、なんとも言えません。
やはり実演をいろいろ聴いて、ホールで自然に聴こえる音の感触を知っておくに越したことはなさそうです。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。