耳鳴り治療薬情報(1)ネラメキサン ①出願特許リスト 

2011, 08. 06 (Sat) 10:00

Merz Pharmaceuticals GmbH(メルツ・ファーマシューティカルズ社)は、耳鳴りやアルツハイマーなどの治療薬として、新薬ネラメキサンを開発しているドイツの製薬企業。
メルツ社の日本におけるネラメキサン関連特許出願状況について、特許庁関連団体が運営する特許電子図書館(IPDL)の特許検索データベースを使用し、出願特許リストを作成した。

検索方法と結果

使用DB:独立行政法人工業所有権情報・研修館サイトの特許電子図書館(IPDL)「公報テキスト検索」
検索日:2011年8月5日
対象期間:公開公報(平成5年以降)、公表・再公表公報および特許公報(平成8年以降)、公告公報(昭和61年以降)
検索キーワードとヒット件数
 -出願人名:メルツ・ファルマ  42件 (公開2件、公表35件、特許5件)
 -要約+請求の範囲:ネラメキサン 29件  (公開1件、公表27件、特許1件)
 -出願人:メルツ・ファルマ × 要約+請求の範囲:ネラメキサン 公表12件 
        ※公報全文検索より3件少ないのは、ピラゾロピリミジン関連特許がヒットしないため。
 -出願人:メルツ・ファルマ × 公報全文(書誌事項除く):ネラメキサン 公表15件 ⇒ リスト化


[注意事項]
現時点で公開・公表公報に記載されているデータを使用しているため、PCT出願後すでに国内出願段階へ移行しているにもかかわらず、未公表となっている特許が存在する可能性があります。
また、日本を指定国とする国際出願でも、国内出願段階に移行していないものはリストに含まれていません。

タイトルと要約から、明らかに耳鳴り治療を目的とした出願があります。
それ以外の出願についても請求項(クレーム)で耳鳴り治療用途としての権利範囲が記載されている可能性がありますが、該当技術と特許情報に詳しい専門家でなければ正確な分析・判断ができません。

メルツ社以外の出願人が、ネラメキサンに関する特許出願を行っていますが、リストには記載していません。


ネラメキサンに関する出願特許リスト(PDF)[ダウンロード]
・ 「出願人:メルツ・ファルマ * 公報全文:ネラメキサン」の検索結果15件
・リスト上の出願特許はPCT出願によるもので、すでに国内出願段階へ移行している。2件を除いて審査請求済み。
・耳鳴り治療薬に限定した出願、耳鳴り以外の治療を目的とする出願(アルツハイマー、神経変性障害など)、耳鳴り治療を含む複数用途を目的とする出願、耳鳴り治療用かどうかすぐには判断できない出願の4種類。
・現時点での経過情報を確認すると、審査中、拒絶査定、取下げ、に分かれる。一部の特許(ピラゾロピリミジン関連特許など)で、不特許事由の「公序良俗違反」に該当。

公報を入手したい場合
IPDLの「特許・実用新案文献番号索引照会」から、該当する特許出願の出願番号または公開(公表)番号を入力すれば、公開(公表)公報のPDFファイルが閲覧・ダウンロードできます。


----------------------------------------------------------------------------
参考データ
----------------------------------------------------------------------------
PCT国際出願制度の概要[特許庁]

(図)医薬品の開発プロセスと特許期間(一般的な例)[メディマグ.糖尿病サイト]

Merz Pharmaceuticals社のホームページ ”Neramexane&Clinical study program”
メルツ社の説明の概要は、"現在、ネラメキサンは耳鳴り治療薬としての治験を実施中。治験段階はPhaseⅢ。合計被験者数は約1200人で、3つの国際的臨床研究を実施。2011年遅くにこの治験計画の最初の研究成果が発表される見込み。次のステップは研究結果次第"。

----------------------------------------------------------------------------
利用上の注意
----------------------------------------------------------------------------
出願人および簡単なキーワードによる検索で収集したデータのため、必ずしも検索漏れがないとは言えません。
正確な出願状況を知りたい場合は、ご自分でIPDLや他の特許検索データベースを使って検索する、または、特許検索を専門とするサーチャーに依頼するなどの方法でご確認ください。