滝廉太郎/荒城の月 (管弦楽編曲版) 

2011, 09. 12 (Mon) 19:37

中秋の名月にちなんで、イ・ムジチ合奏団の演奏による滝廉太郎の《荒城の月》。編曲は藤掛廣幸氏。

日本の曲で、「月」にちなんだものといえば、「荒城の月」くらいしかすぐには思いつきません。

小学校で何度も聴いたし、歌った曲とはいえ、オーケストラ編曲版で聴くとかなり雰囲気が変わる。
西洋楽器の音色で日本的な旋律・音階を聴くと、逆にとってもエキゾチック。
冒頭の編曲は、たぶん琵琶(か三味線)と横笛の音を擬したヴァイオリンとフルートらしき音。
和楽器の音には揺らぎとかすれを感じるけれど、西洋楽器だと明るくて艶のあるストレートな響きに聴こえる。
原曲はとっても荒涼とした侘びしげな感じの曲が、この編曲ではロマンティックな哀愁が漂いつつドラマティックな曲に。

荒城の月(Kojo No Tsuki) I Musici / 編曲;藤掛廣幸


2 Comments

ゆり  

紹介させていただきました。

ムジカさん、いつもありがとうございます。

この「荒城の月」いいです。
掲示板の仲間にもお聞かせしたかったので・・・

耳鳴りの苦しさから、少しでも安らぎの境地にと思います。
私は、癒されますよ!
この曲いいです。。。

2011/09/12 (Mon) 20:31 | EDIT | REPLY |   

Yoshimi(musica)  

とっても素敵な曲ですね!

ゆりさん、こんばんは。

このオーケストラ版《荒城の月》、偶然見つけましたが、とても素敵ですね。
この曲を聴いてしみじみとしたものを感じると、やっぱり自分は日本人だな~と実感します。

”中秋の名月”のことを思い出さなかったら、この曲を見つけていませんでした。
これもゆりさんのおかげです。どうもありがとうございます。

それに、多くの方に聴いていただきたいと思うくらいの名曲(編曲)・名演奏です。
掲示板でご紹介くださってとても嬉しいです!

2011/09/12 (Mon) 22:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment