*All archives*



「脳過敏症候群と耳鳴り」に関する情報
NHKの人気番組「ためしてがってん」で9月28日放送された番組が 「不眠・めまい・耳鳴り 不快症状を解消せよ」

ためしてがってん 「不眠・めまい・耳鳴り 不快症状を解消せよ!」(NHK/2011年9月28日放映)[番組概要]

私は見ていなかったので、番組概要を確認すると、不眠・めまい・耳鳴りの「原因の1つが最新の研究で明らかになってきました。脳がささいな刺激に過剰に反応してしまう「脳の過敏状態」になっていることが問題だったのです。そして、「脳の過敏状態」を生み出すのは、なんと過去に「片頭痛」を放置した結果だったことも判明!」と書かれている。

"片頭痛が耳鳴りの原因"ということはあまり聞いたことがなかったので、少し調べてみると、番組に解説者と登場していた(らしい)東京女子医科大学脳神経外科客員教授の清水俊彦医師と獨協医科大学神経内科教授の平田幸一医師が最近提唱した新しい概念「脳過敏症候群」に基づいている。

NHKで放映されるくらいなので、「脳過敏症候群」は学会では定説とみなされているのかと思ったら、どうやらそうでもないらしい。
「脳過敏症候群」という概念が提唱されたのは最近のことで、2010年11月の日本頭痛学会総会で論文「慢性頭痛の新しい概念:脳過敏症候群」(著者:清水俊彦、平田幸一)が発表されている。


「脳過敏症候群」という学説・TV報道内容に関するコメント
平成23年9月28日放送の「ためしてガッテン  不眠・めまい・耳鳴り 不快症状を解消せよ!」について[耳鳴りホームページ]
"耳鳴り治療"の観点から、抗うつ剤、抗テンカン薬、トリプタン製剤の有効性などを批判的に解説している。

 「脳過敏症候群」に関する疑問(2012/06/20)[頭医者のつぶやき]


清水医師の「脳過敏症候群」講演に関する報告
頭痛治療の最前線 ―脳過敏症候群― (東京女子医大 清水俊彦先生)[Dr.和の町医者日記]
脳過敏症候群に関する清水医師の講演録。長尾クリニック 院長の長尾和宏医師が作成したメモである。
・片頭痛を放置するとめまい、耳鳴りになる。
・めまい、耳鳴りを見た時に、片頭痛のなれの果て[原文ママ]かどうかという視点で見ることが大切。
・使われている治療薬:三環系抗うつ薬のトリプタノール、デパケン、リボトリールなど。

 「脳過敏症候群」のインパクト[Neurology 興味を持った「神経内科」論文]
2011年11月25日&26日にさいたま市で開催された第39回日本頭痛学会における清水俊彦医師の講演要旨。学会で講演を聴いた下畑享良医師(新潟大学脳研究所神経内科)が作成。


                            


頭痛専門医である清水医師は、最近メディアに頻繁に登場しているらしく、「脳過敏症候群」に関する著書や新聞記事がいくつか。

新型頭痛「脳過敏症候群」のすべてがわかる本 今、解明された「しつこい頭痛と頭鳴」のメカニズムと治療法 (健康ライブラリーイラスト版)
新型頭痛「脳過敏症候群」のすべてがわかる本 今、解明された「しつこい頭痛と頭鳴」のメカニズムと治療法 (健康ライブラリーイラスト版)新型頭痛「脳過敏症候群」のすべてがわかる本 今、解明された「しつこい頭痛と頭鳴」のメカニズムと治療法 (健康ライブラリーイラスト版)
(2011/03/11)
清水 俊彦

商品詳細を見る



"怖い!新型頭痛 脳過敏症候群 (毎日ムック)
怖い!新型頭痛 脳過敏症候群 (毎日ムック)怖い!新型頭痛 脳過敏症候群 (毎日ムック)
(2011/09/09)
清水 俊彦(東京女子医科大学・脳神経外科客員教授):監修

商品詳細を見る



新型頭痛 脳過敏症候群の治し方(講師:東京女子医科大学客員教授 清水俊彦)[朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾]
「今まで治らないとあきらめていためまいや耳鳴り(頭鳴)症状も実は脳の過敏性の高さから生じていることが多く、このような場合には脳の過敏性を抑える治療により症状が軽快することが多いのです。」(講座概要より)

日刊ゲンダイの新聞記事「耳鳴り・めまい・難聴・脳過敏症候群」(2011年3月2日付)
脳過敏症候群のチェック項目が記載されている。(原文は未確認)
詳しくは、MSN相談箱の回答欄ANo.6を参照。


清水医師は脳過敏症候群を提唱する前に、抗ウイルス剤を使った耳鳴り・難聴治療に関する著書も出している。
『最新 頭痛 耳鳴り めまい 難聴を治す本―国際頭痛学会で注目の治療法、教えます。』では、難聴を患った宇崎竜童のインタビュー「宇崎竜童が語る、難聴、頭痛、帯状疱疹ウィルス」が掲載されている。

最新 頭痛 耳鳴り めまい 難聴を治す本―国際頭痛学会で注目の治療法、教えます。最新 頭痛 耳鳴り めまい 難聴を治す本―国際頭痛学会で注目の治療法、教えます。
(2009/09/18)
清水 俊彦

商品詳細を見る


主治医が見つかる診療所(テレビ東京) 「頭痛:カルテ(3) 宇崎竜童を襲った頭痛の意外な原因とは?」
宇崎竜童は、持病の頭痛が悪化し、難聴・腰痛・帯状疱疹・花粉症にもかかり、活動を控えていた時期があった。
彼の頭痛・難聴等の症状は、子供の頃のかかった水疱瘡の痕(神経)にウイルス(帯状疱疹ウイルス)がすみついたことが原因。

<追記>
テレビ東京の「主治医が見つかる診療所」でも、清水俊彦医師の「脳過敏症候群」が紹介されていた。
「専門医にかかっても治らない不快な三症状 めまい・不眠・耳鳴りの意外な原因を解決します!」(2012年5月14日放送)
「いくつもの病院を回っても治らなかった 原因不明の病気解決スペシャル!」(2012年7月30日放送)
※7月放送分では、よく似た症状をおこす病気として、「脳脊髄液減少症」も紹介されている。


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。