*All archives*



英国耳鳴協会(British Tinnitus Association)の概要(2) 活動内容
-------------------------------------------------------------------------------------
活動実績
-------------------------------------------------------------------------------------
英国の成人人口の10%が常に耳鳴りが聴こえる状態であり、同1%(まで)の成人ではQOLに影響している可能性がある。
BTAは、耳鳴り患者に対する支援と耳鳴りへの社会的理解の向上を目的として、戦略を構築し社会的認知を喚起する活動を行っている。
 - 秘密厳守の無料電話ヘルプライン 0800 018 0527
 - 30種類以上の情報パンフの無料配布(主要な医療専門家も執筆)
 - BTAの四半期発行の機関紙『Quiet』
 - ウェブサイトでの各種情報・アドバイスの提供

同時に、医療専門家との協同することで、耳鳴り患者に対応するスキルや耳鳴りへの理解を得られるよう専門家を支援したり、医学的・臨床的研究へのサポートを行う。
 - "Tinnitus Adviser Training courses"(耳鳴りアドバイザー研修コース)の開催
 - "Annual conference":英国唯一の耳鳴り特化型会議
 -  耳鳴り関連研修に参加する専門家向けの奨学金制度
 -  耳鳴りに関する学的研究への助成

活動実績(2009/10月)
 - 秘密厳守の無料電話を通じて3300人以上をサポート
 - 55,000部以上の耳鳴り情報リーフレット(数ヶ国語で記載)を配布
 - BTA機関誌『Quiet』(季刊)6500部を配布
 - 152人の医療専門家をトレーニング。耳鳴り患者をサポートするのに必要なスキルと理解を向上させる。
 - "Tinnitus Awareness Week"(2月)実施。社会の耳鳴りに対する認知・理解向上
 - ロンドン大学"Senior Research Associate"への研究助成。 耳鳴りの原因と治療法の探索。
 - "Annual conference"の調整:全国規模の耳鳴りをテーマにしたイベント
 - 学校への"教育パック"を配布(Key Stages 2&3)

-------------------------------------------------------------------------------------
サポート活動(情報提供・交流活動)
-------------------------------------------------------------------------------------
BATが提供する情報の多くは医学的専門家や研究者によって書かれており、医学的見地から、「正確で信頼性があり、オーソライズされた」情報である。

ホームページでの情報提供
 - 耳鳴りに関する知識
 - 耳鳴りとは何か[ビデオ映像]:David Baguley(PACメンバー)が考えられる原因と耳鳴りが人間に与える影響について解説
 - ケーススタディ(患者の体験談)[ビデオ映像]
 - 治療法耳鳴りと難聴耳鳴りの予防法に関するアドバイス治療法の探求(研究状況)
 - 特定のグループと耳鳴り航空関連の職業音楽家・音楽愛好家モーターサイクリスト子供の耳鳴り
 - ノイズレベルと暴露時間上限の図

Readers Panel(読者パネル)
BTAが発信する情報(冊子など)に掲載する各種情報をチェックし、データを更新するボランティアグループ。

イベント開催
耳鳴りに関する啓発活動として、Tinnitus Adviser Training, Annual ConferenceTinnitus: Learning to Cope weekendなど、異なったタイプの数々のイベントを実施。
イベントカレンダーで開催時期や概要などがチェックできる。

BTA forum
"BTA forum"(BTAフォーラム)は、耳鳴りに悩んでいる人たちが対処法や経験などを話し合うチャットスペース。

BTA Blog(更新は不定期)

機関紙『Quiet Magazine』
『Quiet Autumn 2010』(サンプルダウンロード)

BTA shop
BTAが十分に考慮して選定した耳鳴りマネジメントに役立つグッズのオンラインショップ。
販売アイテムは、書籍類、クリスマスカード、グリーティングカード、耳の保護グッズ(音楽家・愛好者用)、サウンドセラピーシステム(Sound Oasis)、CD/Audio製品、ピロー・スピーカーなど。

-------------------------------------------------------------------------------------
サポート活動(サポートグループ)
-------------------------------------------------------------------------------------
サポートグループの役割
英国内には、耳鳴り患者たちによるセルフサポートグループが多数あり、耳鳴りに悩む人にアドバイスしたり、相談相手になっている。
家庭医のクリニックで掲示されているポスターなどで、コーヒーミーティングやグループが関わっているイベント等の情報がわかる。

サポートグループ検索
英国にあるアルファベット順のサポートグループリスト、地図によるサポートグループ検索、カテゴリー別リスト(個人のサポーター、サポートグループ)

支援組織(Helpful organisations)
 英国内には、BTAと同じく、耳鳴り患者に対する支援活動を行っている組織が数団体設立されている。
 Action on Hearing Loss (formerly RNID)
 British Acoustic Neuroma Association
 British Deaf Association (England)
 Cruse Bereavement
 Hearing Link (formerly Hearing Concern Link)
 Labyrinthitis.org.uk
 Low Frequency Noise Sufferers Helpline
 Menieres Society
 NHS Direct
 Samaritans
 Whooshers.com:For those with pulsatile tinnitus

-------------------------------------------------------------------------------------
サポート活動(専門家向け)
-------------------------------------------------------------------------------------
専門家向けサイト(情報提供)
専門家とは、聴覚士、聴覚療法士、家庭医、補聴器メーカー、hearing aid dispenser(補聴器関係の人(販売者、カウンセラーなど)のことを指す。
BTAの専門家向けのホームページで、耳鳴やそのマネジメント方法に関する専門的な情報を提供している。
 - 耳鳴りに関する解説
 - 耳鳴り用器具
 - 耳鳴りに悩む若者への対応
 - 耳鳴りと補聴器
 - 耳鳴りマスカー
 - メニエール病
 - ブックレビュー:Professional Advisers' Committeeのメンバーによる耳鳴り関係の書籍レビュー。

Publications list
BTAが発行している情報冊子のリストと本文を集めたページ。ホームページの各該当ページにも冊子と同様の内容が記載されている。

Tinnitus Adviser Training
このタイプの研修としては、世界でも唯一のコース。
期間は2日間、定員は16名。ノッティンガム、英国南部、スコットランド南部で開催。
参加費用は300-400ポンド:ホテル宿泊費、食事代等込み。開催場所、BTA会員/非会員などで費用が異なる。
研修内容は、耳鳴り患者に対処するためのカウンセリング手法がモデル。
トレーナーのPierre Cachiaは、公認カウンセリング・サイコロジスト(BPS:英国心理学会)、登録心理療法士(UKCP/EAP:英国/欧州心理療法協会)。
  「Tinnitus Adviser Training 2011/2012」(プログラム概要)[PDF]

Annual Conference
最新の研究動向、政策、全体的アプローチなどに関する専門家の報告。
  「BTA's Annual Conference 2011.09.28」(プログラム概要)[PDF]

-------------------------------------------------------------------------------------
研究助成活動
-------------------------------------------------------------------------------------
現在の研究概要(BTAが支援中の主要研究)
- Tinnitus Senior Research Fellowship(ロンドン大学聴覚研究所研究所)(研究期間:2008-2011.11)
- Serotonin Research Programme(バーミンガム大学)(研究期間:2年間、112,000ポンド[約1400万円])
- Tackling Tinnitus: The BTA's campaign to further research and find a cure
過去3年間の寄付により、BTAはロンドン大学(UCL)聴覚研究所における耳鳴り分野の優れた研究に対して助成することができた。さらに潜在的な治療法の研究を続けるために127,223ポンド(約1500万円)の研究助成が必要であり、"Tackling Tinnitus"キャンペーンの一貫として、プロジェクト助成のための寄付を呼びかけている。
- Chasing phantom noise, part 3

過去の研究概要
- Research at The Ear Institute, UCL :ロンドン大学聴覚研究所の研究概要
- Research summaries :2006-07年の研究概要
- Tinnitus Research Initiative meetings:TRIは耳鳴り治療法を早期に確立する目的で数年前に設立された組織。2007年にドイツで第1回会議を開催。これは同年モナコで開催された第2回会議のレポート。

Marie & Jack Shapiro Prize(マリー&ジャック・シャピロ賞)
毎年英国を拠点にしている研究者が発表した研究論文のなかで、耳鳴り治療や社会的認知・啓発に関する改善効果があるものに与えられる。賞金250ポンド。
対象論文について、Professional Advisers Committeeが審査し、BTA Council of Managementに助言する。
授与式は、"BTA Annual Conference"で毎年実施される。

-------------------------------------------------------------------------------------
キャンペーン活動
-------------------------------------------------------------------------------------
Tackling Tinnitus
"Research Appeal 2011"で、BTAのChief Executive,David Stockdaleが寄付を呼びかけている。
目的は、ロンドン大学聴覚研究所の助成研究をさらに2年間継続して助成するため。(「研究助成活動」参照)

Tinnitus Priority Setting Partnership(PSP)
PSPは、James Lind Allianceが提唱。
プロジェクトの目的は、患者と臨床医が耳鳴り治療における研究の優先度と不確実性について意見を持てるようにすること。[The project's aim is to allow patients and clinicians to have an input in research priorities and uncertainties in the treatment of tinnitus.]
BTAは、NIHR National Biomedical Research Unit in Hearing (NBRUH)(英国衛生研究所国立生物医学聴覚研究ユニット)と共同で、重要な研究課題を特定するプロジェクトを先導している。
患者と臨床医の視点から、耳鳴り治療に関して未解明の課題を特定し、彼らが最も重要だと同意する課題に優先権を与えることであり、それが課題解明に直結した将来の研究を促進することになる。
PSPは1年間実施され、2012年9月にその成果を発表する予定。

プロジェクト発起人:BTA、NBRUH、The Judi Meadows Memorial Fund
組織運営グループメンバー:Action on Hearing Loss、British Society of Audiology、BTA、ENT UK、James Lind Alliance、NBRUH
他の支援組織:Deafness Research UK

Tinnitus Awareness Week 2011
全ての年齢層の人々にアピールするため、自宅で聴く個人的な音楽プレーヤーから公開コンサート・ナイトクラブにいたるまで、特に大音量の音楽にさらされている人々に焦点を当てたプロジェクト。
大音量の音楽が耳鳴りと永続的な聴覚障害を引き起こすことを知らせるキャンペーンを展開。2010年にも同様のキャンペーンを実施。


-------------------------------------------------------------------------------------
備考
-------------------------------------------------------------------------------------
英国耳鳴協会の概要(1)および(2)は、同協会の英文ホームページから適宜抜粋・要約したものです。
正確な内容については、原文をご確認ください。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。