*All archives*



耳鳴り治療薬情報(2)アカンプロセート(Acamprosate)[アップデート版]
-----------------------------------------------------------------------------
Acamprosate(アカンプロセート)
-----------------------------------------------------------------------------
Acamprosate(アカンプロセート)は、日本新薬(株)が、2003年メルクサンテ社(仏)から導入したアルコール依存症治療剤。 (資料によっては、メルクセローノ社(スイス)から導入という記述もある)
欧州約30ヵ国で発売済み。米国では、フォレスト社が2005年1月から発売。商品名「Campral」。
日本国内では、第3フェーズの臨床試験段階。
アカンプロセートの特徴は、脳内グルタミン酸の機能調節に関与することにより、アルコール依存に伴う飲酒欲求を抑制し、断酒維持を補助。
(出典:日本新薬資料『研究開発品目の進捗状況 2010年11月12日』 スライドNo.28、他

[参考資料]アルコール依存症治療剤としてのアカンプロセートに関する評価情報:
『医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会議』「医療上の必要性に係る基準」への該当性の評価(厚生労働省/医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会議)

-----------------------------------------------------------------------------
耳鳴り治療薬としてのAcamprosate(アカンプロセート)の臨床試験動向(ブラジル、米国)
-----------------------------------------------------------------------------
アカンプロセートはグルタミン遮断薬(glutamate antagonists)であり、神経システムの活動性を抑制するギャバ(GABA)の活動を刺激することにより、耳鳴りを緩和する効果があるのではないかと考えられた。
耳鳴り治療薬としての効力を調べるため、アカンプロセートの臨床試験が行われたのは、最初がブラジル、次に米国。
現時点で確認できた臨床試験はこの2件のみ。

2003~2004年にブラジルのSão Camilo病院で実施された臨床研究では、 耳鳴り治療薬としての効果があるという試験報告が公開されている。
この臨床試験は、米国政府の治験データベースには未登録。

その後、2008年以降、米国オレゴン健康科学大学で行われた治験では、第1フェーズの段階で、耳鳴りの改善効果が全く認められなかった模様。
第1フェーズの治験計画概要以外に、治験に関する公式の研究報告は入手できなかった。

<治験概要>
  2008年1月 オレゴン健康科学大学で治験開始。
  第1フェーズ:2010年12月に完了予定。現在の進捗状況は不明。結果論文も未公表。
  第2フェーズ:着手済。詳しい情報がなく、治験データベースにも未登録。
  大学ホームページには、2008年2月28日付けの治験開始告知以降、治験に関する情報はない。

オレゴン健康科学大学の治験結果については、公式の研究報告論文が見当たらないが、インターネット上の複数の情報ソースで、治験ではアカンプロセートに耳鳴り改善効果はなかった、という記述がある。

-----------------------------------------------------------------------------
ブラジル São Camilo病院における臨床試験結果
-----------------------------------------------------------------------------
(1-1)研究報告論文(抄録)
Tinnitus treatment with acamprosate: double-blind study.
Braz J Otorhinolaryngol. 2005 Sep-Oct;71(5):618-23. Epub 2006 Mar 31.
Azevedo AA, Figueiredo RR.,, OTOSUL, Otorrinolaringologia Sul-Fluminense, Hospital São Camilo, Volta Redonda
- 感音性耳鳴患者50名(試験薬とプラセボ投与は各25名) 。プロスペクティブ二重盲検試験。
- 試験薬は333mgを1日3回投与。試験期間90日。
- 被験者の自覚的スコア(1~10)で耳鳴りの度合いを評価する。
- 結果:86.9%の被験者で耳鳴りが緩和、47.8%の被験者で50%以上の耳鳴り緩和。
- 副作用の発生は12%と低く、症状は軽度。

(1-2)研究報告論文(全文)
Tinnitus treatment with acamprosate: double-blind study[HTML]
Tinnitus treatment with acamprosate: double-blind study[PDF]

(1-3)研究報告書[スライド
Treatment of tinnitus with acamprosate

(2)関連論文(抄録)
Treatment of tinnitus with acamprosate.
Prog Brain Res. 2007;166:273-7.
Azevedo AA, Figueiredo RR.

(3)特許出願
METHOD FOR THE TREATMENT OF TINNITUS
Inventors: Andreia Aparecida De Azevedo (Rio De Janeiro, BR) Ricardo Rodrigues Figueiredo (Rio De Janeiro, BR)

(4)臨床試験に関するレビュー
Excitotoxicity & New Drugs for Tinnitus(Arches Natural Products, Inc.)
'Ringing in the Ear' May Respond to Alcoholism Drug (HealingWell.com)
-ブラジルの小規模臨床試験の欠点:
1)被験者が極めて少数。
2)アカンプロセートの副作用である眠気のため、薬を飲んでいたと被験者が認識していた可能性はある。耳鳴患者の多くは睡眠障害があるため、眠気自体が耳鳴改善に寄与していたのかもしれない。
3)試験期間が90日という短期間のため、長期的な副作用が顕在化せず、確認できない。
4)耳鳴り改善度評価の測定基準が明確に記述されていない。
-他のグルタミン酸遮断薬は、耳鳴りには上手く作用しない。

-----------------------------------------------------------------------------
米国オレゴン健康科学大学(Oregon Health & Science University; OHSU)の治験情報
-----------------------------------------------------------------------------
(1)治験概要(clinicaltrials.gov)
Clinical Trial of Acamprosate for Tinnitus
治験段階:第1フェーズ(第3フェーズまで実施する計画)
スケジュール:2008年1月に開始、2010年12月に主要研究が完了予定。
最終情報更新日2010年2月12日の進捗状況:研究進行中、被験者募集終了
現在の進捗状況:不明、関連文献(研究報告論文等)へのリンクなし。
試験方法:ランダム化二重盲検試験
被験者数:300名(試験薬・プラセボの2群に分割)
試験薬:666mgを1日3回投与。期間は4ヶ月。

(2)大学ホームページの治験情報
OHSU Researchers to Study Whether Alcoholism Drug is Effective Tinnitus Treatment(02/28/08)
治験開始に関するニュースリリース。
American Tinnitus Association(米国耳鳴協会)とTinnitus Research Consortiumが研究助成。

(3)ATA(米国耳鳴協会)機関誌での治験紹介
Clinical Trial of Acamprosate for Tinnitus (『Tinnitus Today』 August 2009)
PhaseⅠの被験者募集中、PhaseⅡも同様に着手済み。
PhaseⅠ:非盲検試験。アカンプロセートを6週間服用し、薬にポジティブな反応を示した被験者のみ、次のPhaseⅡの試験に継続して参加する。

(4)治験結果に関する情報
1)耳鳴関連サイトの情報(beyondtinnitus.com)
Acamprosate for Tinnitus Treatment
"when a better study was performed in the U.S., it was found that it is not more effective than a sugar pill in tinnitus treatment."
- 「米国の研究では、砂糖の錠剤以上の効果はないと判明した」という記述がある。
- これは、OHSUの治験結果を指していると考えられる。(具体的な情報ソースは不明)

2)治験被験者の報告(DailyStrength.org/online forum)
OHSU Acamprosate Clinical Trial
[reply #10 - 05/12/11 12:49am]
- 第1フェーズの治験参加者のコメントによれば、大学の治験が終了後、大学側が被験者に送付したレターに、"The results of the study tell us that there were no significant differences between the effects of the placebo and the study drug, Acamprosate." (治験結果では、プラセボと 試験薬アカンプロセートの効果に大きな差異はなかった)と記載されており、大学はTMSの臨床研究を新たに検討中とのこと。


-----------------------------------------------------------------------------
インドGovernment Medical College,Amritsarの臨床試験結果
-----------------------------------------------------------------------------
インドで行われたアカンプロセートのプラセボ二重盲検比較結果では、アカンプロセートが耳鳴り緩和に効力があったという論文が2012年に発表されている。

Role of acamprosate in sensorineural tinnitus..
Indian J Pharmacol. 2012 Jan;44(1):93-6.
Sharma DK, Kaur S, Singh J, Kaur I.(Department of ENT, Government Medical College, Amritsar, Punjab, India)

- 18歳以上の男女40名の被験者。感音性耳鳴り患者。プラセボ二重盲検・クロスオーバー試験。
- 試験薬・偽薬とも、333mgを1日3回投与。
- 試験期間:試験薬またはプラセボを当初45日間投与。1週間のウォッシュアウト期間後、薬を代えて、再び45日間投与。
- 評価方法:visual analogue score (VAS) or QOL questionnaire score
- 結果:92.5%の被験者で耳鳴りスコアが低下し統計的に有意な改善が見られた。プラセボの場合は12.5%の被験者で改善が見られた。
- 深刻な副作用の発生はなかった。
- 耳鳴り音量の低減幅は、0~5デシベル。

[留意点]
評価データのグラフを見ると、GroupⅠでは、当初45日間の実薬投与により耳鳴り緩和効果があった。
ウォッシュアウト期間経過後、今度はプラセボ投与を開始する時にも、実薬投与による緩和効果が持続していた。(持ち越し効果あり?) 
プラセボを投与しても、さらに顕著に緩和することも悪化することもなく、スコアにほとんど変化はなかった。

-----------------------------------------------------------------------------
利用上の注意
-----------------------------------------------------------------------------
記事中の内容は、インターネット上で収集した情報について、個人的な判断基準に基づいて記載する情報を選択し、要約・まとめを作成したものです。
正確な情報については、記載した情報の原文をお読みください。また、製薬会社・治験を実施した大学等の関係機関に直接確認してください。

-----------------------------------------------------------------------------
更新履歴
-----------------------------------------------------------------------------
2011.12.4 初稿作成
2012.3.18 インドの臨床試験結果を追記。


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。