*All archives*



アラウ ~ アルベニス/イベリア第2巻より "トリアーナ(Triana)"
アルベニスのピアノ作品の録音で有名なのは、スペインのピアニスト、アリシア・デ・ラローチャ。
チリ生まれのアラウが、アルベニスの《イベリア》を録音していたのはあまり知られていない。
アラウは、1947年に米コロンビアに《イベリア》の第1巻&第2巻の録音を残していた。
たいそう古い録音なので、CD化されたのが2006年。
このCDは、録音年が1947年にしては、"驚異的な音質"という宣伝文句に違わず、驚くほどに音質が良い。
音が煌めいてロマンティックでパッショネイトな雰囲気には、スペイン風のエキゾティシズムの薫りが漂っている。

Birth of a LegendBirth of a Legend
(2006/11/27)
Claudio Arrau

試聴する(独amazon)


アラウといえば、晩年の録音を聴いている人が多いようなので、概して遅いテンポのイメージが強い。
昔はそれほどスローテンポなピアニストだったわけではないのは、1950年代くらいまでの録音をいろいろ聴いていると、よくわかる。
若い頃は、逆に速すぎると批評されていることもあると、アラウ自身が対話録で言っていた。

《イベリア》第2巻の"トリアーナ(Triana)" の演奏時間は4分30秒。
この曲は6分~6分半で演奏する人が多い。
アラウのテンポは、この間聴いたカッチェンのライブ録音と同じくらいにかなり速い。(演奏もちょっとカッチェンと似ている気がしないでもないし..)
中間部はとんでもなく音が密集したパッセージで、他のピアニストの録音を聴いてもテンポが落ちている。
初めから遅いテンポをとっていると、かなりもたもた感がでるところ。
アラウも少しテンポは落としているけれど、それほどもたつき感はなく、細かいパッセージの音の粒も立っている。
線が太めで力強いタッチがいつものアラウらしい。
濃厚な表現のラローチャに比べると、全然華やかではないけれど、粘りのないさらっとした表現と叙情感がとても爽やか。

Claudio Arrau plays Albeniz "Triana"




これはラローチャの1962年録音。
リマスタリングのせいか、エコーがかかったような煌びやかな音。
高音のフォルテのタッチがかなりきつくて、キンキンと耳に刺すように響く。
線の細い鋭い音とアクセントを強く利かしたシャープなリズム感に、強弱のコントラストが明解で濃淡の濃い色彩感が華やか。
音の密集したアルペジオもそれほどテンポが落ちず、軽やかで和声の濁りもなく流麗なところが、とても鮮やか。
細部まで凝った表現で油絵的な濃厚な色彩感と叙情感のある、とても華麗な"Triana"。
(でも、バターと生クリームたっぷりのケーキのようで、私にはかなりコッテリした後味)





<関連記事>
 アラウ ~ アルベニス/イベリア第1巻&第2巻


tag : アルベニス アラウ

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。