エンリコ・パーチェ ~ リスト/ピアノ・ソナタロ短調、巡礼の年 

2012, 02. 15 (Wed) 18:00

アクセス解析データを見ると、たまに「エンリコ パーチェ」で検索している人がいる。
イタリア人ピアニストで、オランダで行われている第2回リスト国際コンクールの優勝者。
そのため、開催地オランダでは演奏会やラジオ・テレビにも登場しているので、わりと知られているらしい。
2011年の第9回リストコンクールのオープニングコンサートでも、リスト《Vallée d'Obermann》とラフマニノフ《パガニーニ狂詩曲》を弾いていた。

日本で彼のことを知っている人は、少ないに違いない。
ヴァイオリストのフランク・ペーター・ツィンマーマンとのバッハ演奏をNHK-BSで見て知った人が、ブログで記事を書いているのをたまに見かけることがある。
でも、DVDやCDまで買ったことがある人はそんなに多くはない気がする。

エンリコ・パーチェは、ソロのレコーディングはしない主義の人なので(ライブ特有のインスピレーションや気合がスタジオ録音にはないためらしい)、過去にソロ録音したのはリストの《ロ短調ソナタ》のみ。
それに、ドイツ・ニーダーザクセン州のフーズム城で毎年開催される、あのフーズム音楽祭のライブ録音シリーズに収録されている。
稀少曲の演奏が多いことで知られる音楽祭のリサイタルの一部を抜粋して収録しているものなので、通常のスタジオ録音とは違う。

彼の正規録音で一番有名なのは、フランク・ペーター・ツィンマーマンとの『バッハ/ヴァイオリンソナタ全集』。
DVDとCDがあり、それぞれ録音場所・時期が違っているし、DVDはライブ録音、CDはスタジオ録音。
モダン楽器だけで演奏したという、近頃ではとても珍しいフォーマットで、地味ながらも評判はわりと良い(と思う)録音。
それより以前にリリースしたブゾーニの《ヴァイオリンソナタ第2番》の録音は、この曲のベストと個人的には思えるほどに鮮やかな演奏。特にパーチェのピアノ伴奏は、ソロ並のピアニスティックな演奏で切れ味のよさは抜群。
さらに、フームズ城音楽祭のヒンデミット《ピアノ・ソナタ第3番》も、有名なグールドの演奏とは方向性が違うけれど、これが切れ味の良い技巧とヒンデミット特有のやや乾いた叙情感とが融合して、とても鮮やか。

このバッハとブゾーニ、ヒンデミットを聴いて以来、好きなピアニストの一人。
数少ないCD以外の音源は、主にYoutubeのライブ映像。
リストコンクールの優勝者だけあって、コンクール当時のライブ映像がYoutubeで視聴できるし、コンクール後の演奏会のライブ映像は、コンチェルト&ソロ、室内楽とも多数あるので、スタジオ録音がなくても、彼のピアノを聴くだけならさほど困らない。
でも、いつかスタジオ録音した良い音質のCDでピアノソロを聴きたいなあと思って、あまり期待しないで待っていたら、とうとうスタジオ録音がリリースされた。
レーベルはPiano Classicsというクラシック・ピアノ専門の新興レーベル。どうやらイタリアの会社らしい。
契約アーティストの新規録音だけでなく、ライセンス盤もいろいろ出している。あのフィオレンティーノンのBOXセットもリリースしている。
彼がスタジオ録音をする気になった理由はよくわからないけど、最近は新譜を出すのが難しくなっているクラシック界とはいえ、メジャーレーベルよりも、マイナーレーベルの方が元気が良い気がする。それに、メジャーからマイナーレーベルへ移籍する演奏家も以前よりも増えているようだし。

【新譜:リスト《巡礼の年 第1年&第2年》】
Annees De PelerinageAnnees De Pelerinage
(2011/12/13)
Enrico Pace

視聴する(仏amazon)

録音場所は、若い時に学んだイタリア・ぺーザロのロッシーニ音楽院にあるアウディトリウム・ペドロッティ。
アルバムのレビュー[vk.nl](オランダ語)

【過去のソロ録音:リスト《ロ短調ソナタ》】
過去に唯一ソロレコーディングしたリストのロ短調ソナタ。
プライベート録音?らしく、市場には流通していない。
Enrico Pace plays Liszt - Sonata in B



《参考情報》
パーチェについていろいろ知りたい方のために関連情報を列記しておきます。
CD・DVD情報は各記事に記載しています。

【プロフィール】
 - トッパンホールのウェブサイト
 - wikipediaの英文サイト
 - Piano Classicsの英文サイト

【過去記事:CD&DVD関係】
 - ツィンマーマン&パーチェ ~ バッハ/ヴァイオリン・ソナタ全集
 - ツィンマーマン&パーチェ ~ バッハ/ヴァイオリン・ソナタ全集(ライブ録音/DVD)
 - ツィンマーマン&パーチェ ~ ブゾーニ/ヴァイオリンソナタ第2番
 - カヴァコス&デメンガ&パーチェ ~ メンデルスゾーン/ピアノ三重奏曲第1番
 - カヴァコス&デメンガ&パーチェ ~ メンデルスゾーン/ピアノ三重奏曲第2番
 - ヒンデミット/ピアノ・ソナタ第3番


【過去記事:Youtube関係】
 - カヴァコス&パーチェ ~ ブラームス/ヴァイオリンソナタ第3番
 - カヴァコス&パーチェ ~ ベートーヴェン/ヴァイオリンソナタ第6番
 - ツィンマーマン&パーチェ ~ サン=サーンス/ヴァイオリンソナタ第1番

他にも、メンデルスゾーン《スコットランドソナタ》、リスト《死の舞踏》、ラフマニノフ、ブラームスなどがYoutubeで聴けます。


【Youtube】
Youtube:enricopace67さんのチャンネル
オランダ在住のファンのチャンネル。リスト、ブラームスなど、パーチェのライブ映像が多数登録されてます。

Youtubeを検索すれば、その他に、リストコンクール時のライブ映像、友人のイタリア人ピアニストとのデュオ、インタビュー番組など、かなりの動画が見つかります。

《演奏会予定》
今年4月にマドリッドの演奏会で、カヴァコスのピアノ伴奏者として、プロコフィエフのヴァイオリンソナタ、アウエルバッハの作品(これは珍しい)、ベートーヴェンのクロイチェルソナタを弾く予定。
ツィンマーマンは最近はアンデルジェフスキと演奏会でよく弾いているので、パーチェの方はカヴァコスと演奏することが多いのかもしれない。

タグ:パーチェ フランツ・リスト

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。

0 Comments

Leave a comment