*All archives*



シュライアー ~バッハ/カンタータ BWV140 ”Wachet auf, ruft uns die Stimme”
ペーター・シュライアーの録音をYoutubeで探していたら、たまたま見つけたのがバッハのコラールBWV140"Sleepers awake"。
聴いてみると、管弦楽の伴奏がバッハ=ブゾーニ編曲版の《Wachet auf, ruft uns die Stimme. BWV 645》と同じ。
バッハのカンタータやコラールなどの合唱曲・声楽曲はあまり聴かないので、曲同士の関連が全然わからない。
調べてみると、シュライアーの歌っているのは、1731年のカンタータ《Wachet auf, ruft uns die Stimme.BWV140》の第4曲"シオンは物見らの歌うの聞けり"。これは特に有名なテノールのアリア。
この第4曲は、後にバッハ自身がオルガン独奏に編曲。シュープラー・コラール集として知られる《6曲のオルガン・コラール》の第1曲《Wachet auf, ruft uns die Stimme.BWV645》に入っている。

《Wachet auf, ruft uns die Stimme》は、日本語では《目覚めよと、われらに呼ばわる物見らの声》など、英語では《Sleepers awake》と訳されている。


いつも聴いているジェイコブスのブゾーニ編曲版ピアノソロとは違って、シュライアーの歌を聴いていると、ゆったりしたテンポでしっとりと歌いこまれているので、随分雰囲気が違う。
他のテノールの歌で聴くと、テンポ設定や雰囲気がそれぞれ違うけれど、シュライアーの歌はしみじみとした味わい深さがあって、とっても良い感じ。

Bach - Cantata BWV 140 - Peter Schreier - Sleepers wake
Karl Richter、Munich Bach Choir, Munich Bach Orchestra
Choral: "Zion hört die Wächter singen"



シュライアーの歌うバッハを聴くと、解釈が似ているせいか、すぐにレーゼルのピアノソロを思い出した。
レーゼルはブゾーニ編曲版のピアノソロでBWV645を録音している。
シュライアーのようにゆったりしたテンポで落ち着きがあり、柔らかい弱音でじっくり語りかけるよう。


ポール・ジェイコブスのブゾーニ編曲版。速めのテンポで軽快なタッチは、とても快活で爽やか。
Paul Jacobs: Wachet auf, ruft uns die Stimme (Bach / Busoni)




これはケンプ編曲の自作自演録音。ゆっくりしたテンポで、優雅でしっとりした品の良さがあるのがケンプらしい。
冒頭主題で、軽やかにちょっとスキップするかのようなスタッカートが入っているところが可愛らしくて、微笑んでしまいそう。
J.S. Bach: Wachet auf! Ruft uns die Stimme, BWV 645

(スピーカーのひずむ音が入っているので、ボリューム絞った方が良いかも)


tag : バッハ ブゾーニ ジェイコブス

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。