*All archives*



新譜情報:ムストネン ~ スクリャービン/ピアノ作品集
2月末にリリース予定のムストネンの新譜は、スクリャービンのピアノ作品集。
レスピーギの《ミクソリディア旋法のピアノ協奏曲》という珍しい選曲の次は、初録音のスクリャービン。
それも、ピアノ・ソナタは第10番の1曲だけで、あとはエチュードやプレリュードなど。

2月末リリースなのに、すでに試聴ファイルが公開されている。
ムストネンのタッチが以前とは少し変わっているような...。全体的にチェンバロ奏法的なノンレガートが控えめになって、レガートよりのタッチが多くなっているような印象。(曲にもよるけど)
ソノリティは、いつもながら色彩感と透明感があり、硬質でクリア。レガート的なタッチが増えているせいか(それにペダリングも入っているので)、ムストネンにしては響きの厚みがあるような感じ。
初期の華麗で激情的な雰囲気はあるけれど、情念過剰でもなさそうだし、晩年の神秘的なオドロオドロしさがやや薄くて、少し爽やかな(?)スクリャービンかも。
レーベルはONDINE。リリースされたらNMLで全曲聴くことができるので、また印象が変わるかもしれない。
[2012.2.6 追記:すでにNMLに登録されているので、会員なら全曲聴けます。]


Scriabin Piano WorksScriabin Piano Works
(2012/02/28)
A. Scriabin

試聴する

<収録曲>
 12の練習曲 Op.8
 6つの前奏曲 Op.13
 5つの前奏曲 Op.16
 ピアノ・ソナタ第10番 Op.70
 詩曲『炎に向かって』 Op.72


スクリャービンは、10曲のピアノ・ソナタの他にも、練習曲や前奏曲などの小品集をいくつも残している。
どれも演奏時間は短い。ピアノ・ソナタでも、初期の第1番と第3番は20分近いけれど、他の曲は10分前後。
ピアノ・ソナタ以外の曲で演奏機会が多いのは、《12の練習曲 Op.8》や《5つの前奏曲 Op.16》。
初期作品は、ショパンの影響が強く、濃厚なロマンティシズムがあるけれど、ショパンを聴いている時に感じる"甘さ"は薄い。
そのせいか、ショパンは好きではなくても、スクリャービンなら抵抗なく聴けてしまう。

ピアノ・ソナタだと第4番までは、ロマンティシズム漂う作品なので普通に聴ける。
第5番以降になると、段々調性感が崩れてきて、神秘的な雰囲気漂う独特の和声も使われ、オカルト風(?)の曲想になっていく。
風変わりで奇妙な面白さはあるけれど、どうも好きとは言い難いものが...。

有名な曲の一つが《12の練習曲 Op.8》の第12番。
これは、くまさんのブログ<無題 - 404 Title Not Found>で紹介されていたキーシンの演奏。
ずっと若い頃のキーシンが渾身の力を込めた演奏は、ダイナミックで激情ほとばしる熱演。

Scriabin Etude op 8 no 12 by Evgeny kissin



《5つの前奏曲 Op.16》の第4番も有名。
この曲を初めて聴いたのは、リッチー・バイラークのジャズアルバム《Round About Bartok》
このスクリャービンのプレリュードを素材にした曲が収録されていて、ヒューブナーのヴァイオリンの旋律がずっと記憶に残っていた。


こちらも若かりし頃のガヴリーロフの録音。かなりゆったりとしたテンポで内省的というか、ちょっとべたっと情念が濃い感じ。
Scriabin - Prelude Op.16 No.4



ムストネンの新譜には収録されていないけれど、《練習曲 Op.2》の第1番もとても叙情的で美しい曲。
これはアムランのライブ録音。アムランはスクリャービンのピアノ・ソナタ全集を録音している。
Hamelin in Stockholm - Scriabin - Etude, Op 2 No 1 13/14


tag : スクリャービン ムストネン キーシン ガヴリーロフ アムラン

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。